こんな問題はありませんか?

  • 既に動画を使った教育・
    オペレーションシステムがあるが
    事業課題の解決に
    貢献していない
    または、現場に使ってもらえない

  • 動画を使った教育・
    オペレーションシステムを探しているが
    どのように選定していいかわからない
    または、現場の負担にならないか不安

動画教育・マネジメントシステムが
成果につながらない背景

  • 紙から動画(デジタル)に
    置き換えただけで、教育の進捗や結果(出来栄え)を確認できない

  • デジタルツールを活用する本部・
    ミドルマネージャー・指導者が 運用方法を決めきれず、現場の負担になっている

  • コンテンツ担当が異動・退職すると新商品・キャンペーンに対応できず
    古いコンテンツばかりで使われなくなっていく

ClipLineが問題を解決します

ClipLineはサービス業の多店鋪ビジネスにおける
オペレーションや情報・ノウハウを
短尺動画(クリップ)に変換し、
組織内に流通・循環させることができます。

多店舗ビジネスに最適な情報構造で、
動画Clipを本部と現場の双方向で
共有するプロダクト

経営目標・重点施策達成に向けた
オペレーション構築
に長けた
コンサルタントの提案・伴走で
店長・ミドルマネージャの業務負担の軽減と、
現場の業務品質の向上を両立させます。

弊社クライアント実績

  • 売上昨年対比
    15%増加

  • 顧客満足度昨対
    連続更新

  • 1年後離職率34%改善

  • 年間採用費を1/3に

  • SV1人当たりの
    管轄店舗が2倍

  • 新人教育時間・
    工数を1/4に

ClipLineの強み

設計されたオペレーションを
徹底的に
実務に落とし込み、
現場・実務の変革まで支援

  • ClipLine
  • マニュアル作成・
    人材教育ツール
  • コンサルティング会社
  • 経営課題整理と
    テーマ選定・用途設計
詳細を見る
●ClipLineは、業績向上につながる因子を特定し、最も効果の出る活用用途を特定します。
・経営上の重要業績目標と現状のギャップが生まれている現状分析
・各種データを受領したうえでの業績向上につながる因子特定・用途設計
・課題解決時の業績貢献インパクトのご提示
  • 課題解決に向けた
    オペレーション設計
詳細を見る
●ClipLineの運用支援は、システムそのものとシステムを活用する指導者・ミドルマネージャの役割設計までスコープに入るため、運用定着が進みやすくなります。
・活用目的の設定や現場に落とし込むマイルストーン設計
・現状の業務プロセスの分解とシステムで置きかえた後の業務設計
・本部と各現場それぞれの役割設計
  • プロダクト活用
詳細を見る
●ClipLineは直感的なUI/UXと効果的な機能で業務効率化とオペレーション品質を高めます。
・現場からも動画をアップさせることで、本部の認識と現場の実態をすり合わせ、通達事項・基礎教育事項の徹底度を高める
・アルバイト含むすべてのスタッフにアカウントを持てるから、シフトが合いづらいスタッフ1人1人にも伝達事項が伝わる
・多店舗ビジネスに最適な情報構造だから、店長のみならず本部スタッフが現場からの動画をレビューできるからミドルマネージャーの工数削減が可能
・教材のデジタル化のみならず、本部や教育者の確認やレビューまでデジタル化できるため、教育・伝達そのものを効率化できる
  • コンテンツ制作
    (撮影・編集)
詳細を見る
●ClipLineは、柔軟なコンテンツ制作支援で、新商品や新キャンペーンに即して活用されやすいように支援します
・必要コンテンツの洗い出し
・コンテンツ撮影・編集・アップロード
・コンテンツ制作の内製化支援、定額制サポート
  • 実行支援・
    モニタリング・
    定着支援
詳細を見る
●ClipLineは、定着化のための支援を惜しみません。
・進捗MTGへの同席・ファシリテーション
・Clip/Todoの実施率の測定とネクストアクションの提示
・各店舗へのヒアリングや実行支援のコール実施
・経営テーマの変化や用途の拡大、あるいは人事異動や体制変更に伴う再支援
  • 効果測定
詳細を見る
●ClipLineの効果測定は、システムの利用率だけにとどまらず、売上や離職率など事業のKPIと相関関係・因果関係の特定も実施します。
・システム利用率と業績の関係性分析
・経営層へのレポート作成・報告支援

ClipLineは、”運用に載る”、
”ビジネス成果が出る”ところが注目され

継続利用と他社からの
リプレイスが多いことが特徴です

外食チェーン

A社

内製で開発した社内インフラに動画・PDFマニュアルを載せるも、本部が作るものは見られず、各エリアや店舗毎にマニュアルが作られて本部が把握できなかった。
ClipLineを導入後、教育状況の進捗把握と現場からの出来栄え投稿によるモニタリングし、活用を推進。
さらに各エリアや店舗毎に個別動画マニュアルが利用できるようになり、各エリアの戦略を実現することが可能に。

小売・流通業

B社

マニュアル作成ツールを導入するも、現場の活用度の低さとコンテンツ制作の負担からClipLineにリプレイス。
教育状況の進捗管理の実現と出来栄えのモニタリング、およびコンテンツの多言語化を実現し、コスト削減と品質向上を達成。

法人向け店舗型サービス

C社

マニュアル作成ツールを導入するも、コンテンツ制作担当が他の業務に忙殺され活用されなかった。
社内の業務改革プロジェクトをきっかけに、ClipLineが教育・オペレーションに関する運用支援と必要コンテンツを洗い出し、リプレイス受注。

ClipLineの特長

01

組織の階層構造に則った双方向の

動画コミュニケーション

全スタッフにアカウントを持たせ、双方向でやり取りするClipLineだから、
時に本部から直接スタッフにコンテンツ配信し、店長の負担を減らします。

  • よくあるツール

    • 現場から動画をアップロードできない
    • 店舗や拠点発の情報を共有できない
    紙マニュアルのデジタル化にとどまる。
    教育の出来栄えチェックや通達事項の徹底などは、
    結局店長・ミドルマネージャーに依存
  • ClipLineなら教材含む教育・オペレーション全工程をデジタル化

    • 各店舗やスタッフが自分で撮った動画も投稿できるから教育の出来栄えや通達事項の実施有無を動画で確認
    • スタッフの投稿した動画は店長と本部が役割分担してレビューやチェックが可能
    • 店舗間でベストプラクティス・情報共有したり、オンライン・コンテストなども実施可能
    ミドルマネージャーの負担を減らし、
    スタッフ1人1人の業務品質を高める
    マネジメントのデジタル化を実現します
02

定着率で選ぶならClipLine

ClipLineの定着・活用支援

8000店舗の活用実績を踏まえ
ClipLineを多くの店舗で活用頂くための
ノウハウや個別支援を実施いたします。

  • よくあるツール

    • 導入初期の説明会の実施
    • 運用サポート窓口の設置
    • ヘルプサイトマニュアルの提供
    本部向けの運用支援を実施
  • ClipLineなら各層に
    手厚い支援を実施

    • 店舗や現場向けの利用催促や状況ヒアリングのための
      コール・アンケートの実施
    • 本部向けの運用設計・伴走支援・課題抽出支援
    • 経営層向けディスカッションや重点施策の落とし込み
    • ツール/サービスの説明会の実施
    • 運用サポート窓口の設置
    •            
    • ヘルプサイトやマニュアルの提供
    本部への支援はもちろん、
    経営層や各店舗への運用支援で利用率を底上げ
03

Saas(ソフトウェア)と
ハンズオン支援の両立で

継続的
成果創出

教育やオペレーションはサービスのコストや品質に大きく影響します。
ClipLineはお客様の成功のため、ソフトウェアとハンズオン型の支援の双方で業績向上に尽くします。

  • よくあるツール

    • ツールの提供ツールそのものの活用方法の支援
    • 業績データの分析や因果関係の特定などのサービスは含まない
    ツールの提供と活用方法の支援
  • ClipLineならツールとサービスを提供

    • 多店舗マネジメントの支援に役立つ動画教育・オペレーション変革ツールの提供
    • お客様の置かれた状況・課題に即した課題解決
      重点施策の実現を支援します。
    ツールの運用支援と業績向上のためのサービスを提供

ClipLineを利用した変革・
重点施策例

  • 顧客満足度向上
  • 客単価向上
  • 準社員の店長業務教育
  • 外国人教育カリキュラム
  • 最適シフトによる店舗人件費最適化
  • マネジメントの型の標準化
  • SV・ミドルマネージャー人員の最適化

ClipLine活用イメージ

04

運用のボトルネックになる

コンテンツ制作を
柔軟に支援

コンテンツ制作をする担当が辞めたり、
異動した際にツールの運用が止まる心配ありませんか?
ClipLineならアウトソースや定額支援など
柔軟な支援が可能です。

  • よくあるツール

    • 導入支援時の撮影方法のレクチャー
    • 導入初期の撮影リソースの手配
    途中で運用が止まるリスクが高い
  • ClipLineならコンテンツ制作も支援

    • 導入初期やコンテスト時の大規模撮影
    • 内製化支援・毎月の定額支援
    • 定期的な撮影講習セミナー
    利用率を高める仕組みを完備