旅行代理店

店舗を持たずインターネットで宿泊・ツアーを手配するオンライン旅行会社や宿泊施設のWebサイト構築、比較サイトの乱立など、旅行代理店はテクノロジーの進化で大きな変革を求められます。こうした中で、差別化によるサービス品質向上や柔軟な変化のための組織機動力の向上、経営の効率化が求められる旅行代理店において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

旅行代理店業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • オンライン化に対応しつつ店舗を持つ強みの発揮

  • 比較的安定が見込める法人・学校需要の確保

  • コロナ収束後の訪日外国人需要など

ClipLineが解決する
業界課題

  • オンラインと補完関係となり、個人ニーズを吸い上げる新しい店舗の役割の推進

    • ・もはや避けては通れないオンライン化の前に、店舗は販売で相互に協力しオムニチャネル化が求められます。消費者の需要は細分化されるなか、オンラインと店舗を合わせた最適な顧客体験が求められます。
    • ・ClipLineなら、顧客体験向上のための新たな施策・オペレーションを展開する上で重要となる、本部からの落とし込みを動画で一括で行うことでき、遠隔でも動画で出来栄えや実行度合を部門を越えて確認ができるため、店舗・本部が一丸となったスピーディーな店舗価値創出・事業展開が可能になります。
  • 出張などのビジネストリップやMICEニーズの刈り取りに向けた法人営業の強化

    • ・法人の旅程や手配も含めた受託の需要は安定的に見込まれます。一般法人の出張ニーズから、学校の旅行・学会のイベント運営など様々なニーズやノウハウが求められるなかで、内製化や競合に案件を取られないよう法人営業力の強化は重要となります。
    • ・ClipLineなら、営業ノウハウを本部から動画で可視化して落とし込むことができ、かつ、ロープレ練習も遠隔で、様々なマネージャー達から多角的にフィードバックをもらうことで属人的な指導に偏らずにスキルアップが可能となります。また、他の拠点の成功事例・ノウハウを共有し合って競争意識を醸成することで高め合う環境を創出します。
  • 多様化された消費者ニーズを読み取り気付きを与える販売力

    • ・団塊世代・シニア層のパッケージ旅行ニーズ、コロナ収束後の訪日外国人需要など、一部の成長セグメントを刈り取ることは重要です。特に両者は、旅行代理店が得意としている対面販売により、旅行者のニーズを満たすセグメントを取り込むことで、取扱を伸ばすことが可能です。
    • ・ClipLineなら、販売におけるポイントと、変化の背景やマーケットの動向といった臨場感のあるメッセージもあわせて届けることで、スタッフの腹落ち度・実行度を高めます。デジタル上で課題を出して提案させる疑似ロープレを展開して、他の社員との差や、なかなか会うことのできない社員の販売方法を学び、場数を高速にこなしてのナレッジシェアも可能となります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

顧客対応・商品知識など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(顧客対応、自社商品や関連知識、システムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育担当者の工数を削減します。また、社員が練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スキル向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

単価・粗利アップにつなげるコンサルティングセールスのトレーニング

「お客様のご要望をヒアリングして適切なご提案を行う」「他社比較での価格交渉の方法」等、ケースごとのアプローチやご提案、顧客体験向上のための接客手法などを、動画で伝えやすく可視化することで、スタッフの販売スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#3

毎月の重点販売商品や施策の落とし込み

受け取り手の理解度や温度感によって、重点販売商品の目標達成率やキャンペーン施策の実行率は拠点ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、展開トークのお手本、キャンペーンの意図といった、本部からの具体的な落とし込みを動画で視覚的に行い、かつ腹落ちを促すことで、拠点ごとの成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

各店の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#5

社長・ミドルマネージャーからのメッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。