商社・専門卸

高度なマーケティング力や寄与するバリューチェーンの拡大の必要性、新たなビジネスモデルの検討など課題が山積する中で、さらなる付加価値向上や従来の手法からの変革が求められる商社・専門卸業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

商社・専門卸業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 総合商社は事業経営まで関与を高め経営全体の支援

  • 商社機能に加え、川上・川下への進出に伴う利益確保

  • 「中抜き」流通を避ける付加価値の創出

ClipLineが解決する
業界課題

  • 「中抜き」を防止し自社から購入する理由の創出する販売力・顧客支援の強化

    • ・あらゆる情報格差が減り、卸機能だけで収益性が低くなりつつある現在、商社自らが商品開発やエンドユーザーへの販売に進出するケースも少なくありません。製造や小売に進出するにあたり、マネジメントや現場支援に向けた組織構築や現場支援が必要になります。
    • ・ClipLineなら、ビジネス拡大に伴い必要なスキルや新領域の知識のインプット、スムーズな習得に貢献。人財の効果的・効率的な育成を通して組織力の向上を実現し、ビジネスモデルの拡大、新たな付加価値創出につなげていきます。
  • スムーズに川上・川下に進出するための多能工化支援

    • ・あらゆる情報格差が減り、卸機能だけで収益性が低くなりつつある現在、商社自らが商品開発やエンドユーザーへの販売に進出するケースも少なくありません。製造や小売に進出するにあたり、マネジメントや現場支援に向けた組織構築や現場支援が必要になります。
    • ・ClipLineなら、ビジネス拡大に伴い必要なスキルや新領域の知識のインプット、スムーズな習得に貢献。人財の効果的・効率的な育成を通して組織力の向上を実現し、ビジネスモデルの拡大、新たな付加価値創出につなげていきます。
  • 総合商社はトレーディング・事業開発から事業経営投資へ

    • ・総合商社は、事業投資から直接経営に参画しバリューチェーンを構築・強化していくことで付加価値を生み出すことを志向し始めており、経営権を確保するM&Aなどが増加しています。事業会社が戦略通りに現場を動かしているかどうか、戦略推進ができているか把握し指導する必要があります。特に多店舗事業への進出において、無数に渡る現場をきちんとマネジメントすることは非常に重要です。
    • ・ClipLineなら、動画を用いた双方向のコミュニケーションによってリモートマネジメントや多店舗・多拠点における効果的なマネジメントを実現。多岐に渡る事業拡大の形態にも対応できる組織マネジメントを仕組み化することで、バリューチェーン拡大の障壁を解消し、ビジネス拡大をご支援します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

リモート・多拠点マネジメントの実現

事業拡大に伴うマネジメント構造の構築を、双方向動画によって実現、現場への落とし込みやフィードバック、現場からの報告を円滑に行い、レバレッジの効いた組織作りに貢献します。

具体的な利用例#2

エリア間、部署間でのスムーズな情報共有

商品が流通するまでには多くの部署間のやり取りが発生するほか、エリアごとでの消費者ニーズや在庫・出荷状況など目まぐるしく状況が変わっていくなかで、円滑な状況共有でリソースの最適化・売上の向上に貢献します。

具体的な利用例#3

単価アップにつなげるコンサルティングセールスのトレーニング

顧客との重要接点である販売・営業スタッフ品質拡大を目的に、ロールプレイングや事例共有などを用いて、お客様のご要望に応じたケースごとのアプローチや、クロスセルのご提案、アフターフォローなどを、動画で伝えやすく可視化。売上向上に繋げます。

具体的な利用例#4

各部門・拠点のベストプラクティスを共有

新たな販路の拡大や事業開発・プロジェクトの成功事例など、ビジネスにおいて付加価値やインパクトを生み出せる事例を展開することができ、組織全体の底上げ、モチベーションアップを図ることができます。

具体的な利用例#5

本部からの指示やトップからのメッセージの発信

変化が求められる業界において、自社の提供価値や有りたい姿などをきちんと現場まで落とし込むことは非常に重要です。動画でのメッセージにより、本部・経営層の思いを発信することで、現場の納得度やモチベーション向上に貢献します。