中食(テイクアウト・デリバリー)

人材不足、競合他社・周辺業界との競争激化、消費者のライフスタイルの変化といった課題が山積する中で、業務・経営の効率化や差別化によるサービス品質向上が求められ、日々激変するテイクアウト・デリバリー業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

テイクアウト・デリバリー業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • 労働集約ビジネスのため、人手不足対策と業務品質標準化

  • 低い参入障壁・多数乱戦型の業界のため、リピーター確保に向けた新商品開発・ブランディング・商圏確保が重要

  • 加工(調理)・配達流通など自社が得意なバリューチェーンの業務品質の向上

ClipLineが解決する
業界課題

  • 従業員満足度向上と新人即戦力化

    • ・労働集約ビジネスで、調理・盛り付けなどスタッフ1人1人の出来栄えが商品クオリティに直結する昼食業界では、従業員を確保しモチベーション高く保つ仕組みが不可欠です。
    • ・ClipLineなら、教育内容の動画を、スタッフはいつでもどこでも繰り返し見られるので、教育担当者の手間を省きながら、即戦力化を実現します。また、スタッフには練習・実践した動画を上げてもらうことで進捗を確認することができ、これに対して拠点・部門を問わずマネージャーから称賛やフィードバックのコメントを贈ることができるので、エンゲージメントも向上させます。
  • ブランディングに資するオペレーション展開

    • ・参入障壁が低いうえ、商圏が限られている中食デリバリー業界では、リピーターを飽きさせずに定期購入に繋げるには定期的な施策や商品の投入が不可欠です。一方、新商品は現場のオペレーションの変更・ブラッシュアップの必要性を招き、そのたびに再教育・トレーニングの工数が発生します。このトレードオフを超え、低コストで品質の高い新商品投入サイクルを構築することが重要です。
    • ・ClipLineなら、新商品投入などによりオペレーションに変更があっても、手順を分かりやすく可視化した動画で、素早く一括で落とし込みができ、エリアや教え手によって実行タイミングにラグが生じたり業務品質がバラついてしまう事態を防ぐことができます。これにより競合他社に先駆けたスピーディーな事業展開が可能となります。
  • 店舗を構えるテイクアウト、配達流通まで取り込むデリバリー、あるいはプラットフォーマーなど自社独自の付加価値創出

    • ・固定費をかけたテイクアウト、食材や既存店の配達流通に特化したデリバリー、あるいはプラットフォーマなど多様なプレイヤーが存在し競争の激しい中食業界において、自社が得意なバリューチェーンを強化することは生き残っていくうえで必要不可欠です。調理や配達を担うスタッフへの支援や顧客に対する付加価値の創出など各社の戦略を現場に落とし込む重要性は高いです。
    • ・ClipLineなら、教育やオペレーション内容だけにとどまらず、戦略を策定した背景や経営陣からのメッセージなどを動画化して、テキストでは伝えきれない熱感や臨場感も含めて実施のポイントを全スタッフへ伝えることで、理解度・腹落ち度を高めて実行率を向上させ、柔軟・機動的な組織体制を構築します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

調理・機材操作など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(調理オペレーション、機材操作、接客など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数削減やスタッフの安心感醸成を実現します。

具体的な利用例#2

新商品・新オペレーションをスムーズに展開・浸透

新商品の投入やキャンペーン施策などで新たなオペレーションが必要となった際に、シフトが異なる中で全てのスタッフに漏れなく展開する必要があります。本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、繰り返し伝達の手間も省きながら、実行率を向上させ提供品質のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#3

顧客満足を高める接客対応なども全スタッフへ共有

「良い印象を与える話し方」「利用者からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフのホスピタリティを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#4

社長・ミドルマネージャーからのメッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。

具体的な利用例#5

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が中食業界の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。