食品スーパー

働き手の不足、ネットスーパーの台頭、隣接業界との競争激化、
顧客のライフスタイル変化への柔軟な対応、といった課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上やシステムツールの有効活用、経営の効率化が求められる食品スーパー業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

食品スーパー業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 代替品(ドラッグストア・コンビニ)の品揃えの充実に伴う、
    潜在的な競合の増加

  • 消費者の嗜好の多様化に伴い、同じ食品スーパー内でも
    サービスや商品ラインナップなどの差別化がより求められてきている

  • コロナ特需を背景とした人手不足・従業員満足度の低下

ClipLineが解決する
業界課題

  • 利益率が高い惣菜やロスに繋がる食品の売り込みなど、食品スーパーならではの付加価値を強化

    • ・急速に品揃えが充実していくコンビニやドラッグストア、あるいは宅配を始めとしたテクノロジーに対して、食品スーパーならではの強みとなる品揃えやサービスを高めていく必要があります。そこで重要となるのは店内調理や販促など、ヒト(店舗スタッフ)によるサービスです。
    • ・ClipLineなら、店舗スタッフ一人一人の役割に応じた教育コンテンツや、本部からのメッセージ、他店の有用事例を届けることで、店舗の中で付加価値を生む業務の更なるブラッシュアップを図ることができます。
  • 顧客サービスや売り場づくりなど地域のお客様を獲得する差別化の徹底

    • ・ライフスタイルや嗜好が多様化した地場のお客様の支持を獲得するには、他社との違いを付けていくことが重要です。
    • ・ClipLineなら、ブランドのサービス品質や売り場の標準化を徹底しながら、現場の優れた取り組みを表面化させ、各店舗がサービスを磨き込む文化を築きます。
  • コロナ疲れの抑制と
    従業員満足度向上

    • ・コロナウイルスの影響で、かえって人手不足となった食品スーパー業界では特に、店舗で働くスタッフへのケアや従業員満足度を高める取り組みが求められています。
    • ・ClipLineなら、網羅的な動画教育コンテンツで、スタッフのシフトがバラバラでもコンテンツを届けて様々なフォローをすることができるため、業務に対する心理的な不安を抑え、離職率を軽減することができます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

接客・調理の手順など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客、レジやシステムの操作、調理作業など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」「混雑時のレジでの動き方はどうすればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

新商品・新オペレーションをスムーズに展開・浸透

新商品などを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、店舗ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのようにすれば売上向上に繋がるのかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社の繰り返し伝達の手間も省きながら、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

リモートで売場のモニタリング・指示徹底

本部からの落とし込みを行った後も、店舗ごとに売り場にバラつきが出ないよう、店舗から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「この商品はもっと目立つ位置に配置して欲しい」「装飾に工夫を凝らして欲しい」といったレビューを本部やマネージャーから返すことで、リモートでも業務品質チェックを行うことが可能となり、マネージャーの負担を軽減します。

具体的な利用例#5

各店の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#6

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が小売業の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。