スポーツビジネス

感染症拡大による顧客数の減少、市場の縮小、景気や規制に左右されやすいといった課題が山積する中で、付加価値の創出やシステムツールの有効活用、 経営の効率化が求められ、日々激変するスポーツビジネス業界において、 デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

スポーツビジネス業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • 顧客満足度を高めリピート来場したくなるスタジアム・施設運営

  • 優秀な選手育成と魅力的なチーム編成によるチーム運営力強化

  • スポンサー獲得営業

ClipLineが解決する
業界課題

  • スタジアム施設運営の効率化と魅力向上

    • ・スポーツビジネスのファーストベニューは興行であり、現地に観客を招き一体感を作り上げるスタジアム・施設運営の重要性は高くあります。清掃・売店・接客サービスなど観客の体験を高めて、身近な施設としての位置付けを獲得する必要がありますが、ベテランスタッフやアルバイトなど多様なスタッフの教育・業務指示には工数がかかります。
    • ・ClipLineなら、スタッフは接客対応やオペレーション業務のお手本動画を繰り返し見ることができ、これにより、指導者によって教える内容が違ってしまったり、指導者が度々教えなければいけないといったことがなくなり、自律的な施設運営が可能となります。また、マネージャーや教育担当者は離れていても、各拠点の出来栄えを動画や写真でチェックできるので、確かなサービス品質の底上げを効率的に行え、顧客満足度を向上させます。
  • 動画を活用したトレーニングやメッセージ共有

    • ・事業の肝となる魅力的なチーム運営のためには、選手一人ひとりのスキルやコンディションの向上が必須です。スキルアップのためには動画を活用したトレーニングが有効である他、選手への声掛けやエンゲージメントを高めるコミュニケーションも欠かせません。
    • ・ClipLineなら、コーチからの基礎スキルや基礎トレーニング手法、優良選手の事例等を動画で全選手へ発信でき、選手からも練習の動画をあげてもらうことで、選手のスキルアップの機会を増やすことができます。また、上達度合を褒める・応援するなどのメッセージをやり取りしたり、日報を動画であげてもらいコメントを返すなど、双方向的なコミュニケーションも図れるため、選手のモチベーション・エンゲージメントを向上させます。
  • 営業ノウハウを共有して強い営業チームに

    • ・収益源としても一定の割合を占めるスポンサーの獲得はクラブ運営にとって必須です。クライアントの課題を聞き出し、解決できるソリューション・メニューを提案する営業ノウハウは、場数を踏むことで洗練されていき、それらを共有し合うことで営業力強化に繋がります。
    • ・ClipLineなら、営業ノウハウを本部から動画で可視化して落とし込むことができ、かつ、デジタル上で課題を出して提案させる疑似ロープレを展開して、様々なマネージャー達から多角的にフィードバックをもらうことで属人的な指導に偏らずに、場数を高速にこなすことが可能となります。また、他社員の成功事例・ノウハウを共有し合って、社員のモチベーション向上を図ったり、競争意識を醸成することで高め合う環境を創出します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

施設運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(接客対応、機器操作、手続き業務など)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。店舗ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、マネジメントの負荷軽減を実現します。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応・単価を上げるセールス手法なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、販売業務で単価を上げるためのご案内方法など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフのホスピタリティや接客・提案スキルを高め、顧客満足・売上の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

基礎スキルや基礎トレーニング手法、優良選手の事例等を配信

コーチからの基礎スキルや基礎トレーニング手法、優良選手の事例等を動画で全選手へ発信。選手からも練習の動画をあげてもらうことで、スキルアップの機会を増やします。また、上達度合を褒める・応援するなどのメッセージやり取りなど、双方向的なコミュニケーションも図れるため、選手のモチベーション・エンゲージメントを向上させます。

具体的な利用例#4

各拠点の営業ノウハウや優良選手のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各拠点で生まれた独自の営業手法や選手の優良事例など、実は、個性という暗黙知が多く存在しています。こうした利益獲得・スキルアップに繋がるノウハウを持った拠点・選手のベストプラクティスを、全体へ展開することで、モチベーションアップにも繋がり、品質・スキルを底上げすることができます。

具体的な利用例#5

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。