ビルメンテナンス・警備

人材不足、働き手の多様化、業務の高度化、競合との競争激化といった課題が山積する中で、業務効率化や差別化によるサービス品質向上が求められ、日々激変するビルメンテナンス・警備業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

ビルメンテナンス・警備業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • 労働集約事業のため人手不足対策としての人材確保・人件費負担

  • 価格競争から脱する高付加価値のサービス展開

  • 高まる買い手の交渉力に対抗する業務高度化・顧客関係値回復

ClipLineが解決する
業界課題

  • 離職改善・教育費用削減による
    間接人件費削減・収益性向上

    • ・労働集約事業において人件費は、直接の給与のみならず、採用費用・教育費用など間接人件費も多くの割合を占めます。教育の充実を実現することで、トレーニング費用のコストカットを実現できる他、離職の低下やベテラン・ハイレベル人材への依存を減らし、間接人件費削減に向けた構造改革を実現できます。
    • ・ClipLineなら、業務内容やポイントを網羅的に動画コンテンツとして体系化して、いつでもどこでも同じ内容を確認できるようにすることで、業務定着率を上げつつ教育にかかる負荷を減らし、単独や少数勤務になりがち故に生じやすい不安も解消して、離職を低減することができます。
  • 多店舗・多拠点事業構造におけるサービスレベル向上と、それによる顧客交渉力の強化・スイッチングコスト増加

    • ・競争の激化から収益性が落ちやすい業界のため、顧客の信頼を勝ち取り契約更新を続けてもらうことや、スイッチングコストの増加が重要な経営上の課題となります。一方で、多店舗・他拠点構造のビジネスでは本部から現場の様子が見えづらい状況下のため、サービスレベルのモニタリング・品質向上には多大な工数をかけざるを得ません。
    • ・ClipLineなら、ロープレや現場の状況などを動画で投稿してもらうことで業務品質をリモートでチェックして、コメントなどでもコミュニケーションを取ることができ、また、拠点を超えてベストプラクティス動画を共有し合うことで学び合う環境を創出し、マネージャーに必要以上の手間をかけさせず品質向上を実現できます。
  • 多様なサービス提供の
    進出に伴う客層の拡大

    • ・ビルメンテナンス・警備共に、市場が成熟するにあたって顧客ニーズが複雑化し周辺ニーズが増してきています。ビル・商業施設のみならず専門施設や介護・医療施設の管理・警備ニーズなどのターゲット層拡大への対応の他、プロパティマネジメント・ファシリティマネジメントといった業容の拡大など解決できるジョブを増やすことによる客層の拡大は、欠かせない取り組みとなります。
    • ・ClipLineなら、新たな対応サービス・オペレーションを展開する上で重要となる、本部からの落とし込みを動画で一括で行うことで、素早く漏れなく展開することができ、また、拠点を超えて事例を共有し合って社内の有識者同士でのコミュニケーションを図ることで技術取得を促進して、ビジネスのブラッシュアップを加速させます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

利用者対応・清掃の手順など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客対応、清掃、機器やシステムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた個別対応なども全スタッフへ共有

「緊急時の対応方法」「利用者・居住者からのクレームへの応対話法」といったケースに応じた細やかな対応や、応対のテクニックなど、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

新オペレーションをスムーズに展開・浸透

新たなオペレーションを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、人や現場ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのような点に注意すべきかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社や指導者からの繰り返し伝達の手間も省きながら、現場の実行率を向上させバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

各現場・スタッフが持つノウハウ・暗黙知を横展開

各現場独自の属人的なやり方という暗黙知は、実は多く存在しています。こうした各現場・スタッフが持つ、業務効率化・利用者満足へ繋がるノウハウを他へ展開することで、優秀なスタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#5

リモートで現場の出来栄えをモニタリング・指示徹底

普段の業務がしっかり遂行されているか、本部からオペレーションの落とし込みを行った後もしっかり実行されているかを、現場から動画や写真で提出してもらい、マネージャーから指導・レビューを返すことで、リモートでも業務品質チェックを行うことが可能となり、マネージャーの負担を軽減します。