外食

人手不足の常態化、固定費の高騰、IT化の遅れといった課題が
山積する中で、サービス品質向上や経営の効率化が求められ、
日々激変する飲食業界において、デジタルを活用した
多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

外食業界のオペレーション・店舗運営上の課題

  • 新型コロナによる売上・集客への打撃

  • コンビニ・テイクアウト・中食など代替品との激しい競争

  • 人手不足による人件費の高騰と高い離職率に伴う採用費増加により、利益を圧迫している

ClipLineが解決する
業界課題

  • 店長・SVのデジタル武装による、店舗コスト構造改革とサービス品質向上

    • ・外食産業は人件費率が高く、人によるサービス提供が付加価値の源泉であるが故に、人手をかけずにサービス品質を高める仕組みを構築することが利益率に大きなインパクトを生みます。本部からの重点事項の伝達・臨店・店舗指導をするミドルマネージャー業務にはデジタルを取り入れる恩恵が大きくあります。
    • ・ClipLineなら、業務量が多く顧客接点に近い彼らの業務負担を下げるのみならず、ミドルマネージャーを介さずに本部の重点事項の伝達・現場の品質のモニタリングと底上げする仕組みを構築することで、品質と人件費のトレードオフを超えるご支援をします。結果として、SV・店長・現場などあらゆる業務をデジタルと動画で支援することで、SV・店長1人当たりの管轄店舗の増加・マルチ店長体制を整え、コスト構造変革に寄与します。
  • 店舗ならではの付加価値・顧客体験の創出支援・
    チェーンオペレーションの標準化と店舗個性化

    • ・デジタルツールの発展や、競合他店・中食・内食との差別化のため、店舗オペレーションは日々変化しています。デジタルツール導入・新商品投入サイクルの短期化・デリバリー/テイクアウトへの対応など、現場は取得し提供するサービスのキャッチアップが求められます。また、一部の業態では標準的なチェーンオペレーションに加え、各店舗で個性を創出し付加価値を付けることを求めらます。
    • ・ClipLineなら、標準オペレーションの落とし込みを支援し、現場のできるを増やします。また、各店に眠っている暗黙知・優良事例の共有を通して、店舗個性の付与を促し、変化する消費者行動に対して最適な顧客体験を提供できるオペレーションを構築します。
  • 従業員体験の改善から始まるサービス品質向上サイクルの醸成

    • ・店舗コストの1/3を占める人件費は直接人件費と間接人件費に分かれます。特に離職による追加採用費は大きな割合を占める他、新人即戦力化に向けたトレーニングなどの時間や工数を含めればコストインパクトの大きさがわかります。離職に大きく影響するのは入社数カ月の従業員体験に他なりません。オリエンテーションから新人教育、他従業員とのコミュニケーションまで各店舗でバラつきがちな従業員体験の品質底上げは重要な取り組みです。また離職の削減はコストインパクトのみならず、勤続経験が長くなるほど技術・サービス品質向上が見込まれるため顧客体験向上にもつながります。
    • ・ClipLineなら、入社して数か月で覚えなければならない教材内容を動画コンテンツとして体系化して教育における満足度を高め、また、本部・指導者と従業員間での定期的なコミュニケーションの一環として一人一人への個別メッセージ機能を活用することで、従業員のモチベーション・エンゲージメントを高めて顧客体験向上を実現します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

調理・接客など新人教育・
オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(社内ルール、ツールの操作、調理接客のオペレーションなど)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減し、早期離職を抑えます。

具体的な利用例#2

階層別OJT教育による業務範囲の拡大

役職や勤務形態ごとに、身に着けて欲しい業務内容・スキル・マインドが異なる中で、同一のコンテンツによる学習では、受け取り方や定着度にバラつきが生じてしまいます。階層ごとにコンテンツを出し分ける機能を使うことで効率的に教育を行い、業務範囲を拡大させます。

具体的な利用例#3

動画報告による臨店頻度の削減

ミドルマネージャーの業務時間の10%は臨店の移動時間にあてられていると言われますが、臨店の代わりに、現場から動画で報告をしてもらい、レビューコメントを返すことで、ミドルマネージャーの臨店工数を削減し、感染症対策も行うことができます。

具体的な利用例#4

重点販売商品の落とし込み

店舗側の理解度や温度感によって、重点販売商品の目標達成率は店舗ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、どのように販売すれば売上向上に繋がるのかといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

暗黙知抽出・店舗個性を表出させるコンテスト

お客様にもう一杯・もう一品注文してもらう声掛け、名刺交換をしてもらうためのコツなど、実は、店舗には店員の個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるスキルを持った店員・店舗を称えるコンテストを行うことで、店員のモチベーションアップと同時に、優良事例を全店に共有して業務品質を底上げすることができます。