不動産・住宅(仲介・販売)

一品一様の不動産物件は、一生に一度の買い物となる顧客も少なくなく、商品の高額さも相まって販売難易度が高い業界であり、情報の非対称性からも顧客の意思決定において最後には、営業担当者の関与度が重要となります。
こうした中で、営業員の提案力・接客力による差別化やシステムツールの有効活用による業務活動の効率化が求められ、日々激変する不動産・住宅業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

不動産・住宅(仲介・販売)業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • リモートワークなどライフスタイルの変化や顧客ごとにニーズが細分化されつつあることで、営業・販売難易度・社員間の成績のバラつきが増加

  • 市場の成熟かつ多様な選択肢の登場により、高まり続ける顧客の交渉力の中で、選ばれ続けるための付加価値創出

  • オンライン接客・内覧など顧客体験が変化する中でも、営業の人的サービス・店舗のサービス力の増加が必須

ClipLineが解決する
業界課題

  • お客様のライフスタイル・ペルソナに応じた物件提案力のバラつき改善

    • ・顧客のニーズと最適な不動産情報のマッチングはITテクノロジーだけでは完結しません。お客様のライフスタイルやこだわりポイントから、最適な案件を抽出し提案する必要がありますが、多様なニーズに対して、多様なラインナップのある不動産をマッチングさせ、最適な提案をするには多くの経験を要する一方で、リモートワークやライフスタイル変化により営業の難易度は高まり、新人や下位層の社員の底上げに悩むマネージャーが増加しているのではないでしょうか。
    • ・ClipLineなら、デジタル上で営業パターンごとの課題を出して提案させる疑似ロープレを展開し、他の社員との差やなかなか会うことができない社員の販売方法を学び、また、上長や指導者一人にとどまらない様々な視点でのフィードバックを受けられるため、集合研修や自店に集う必要なく場数を高速にこなすことが可能となります。
  • 物件の特徴・商品知識・付加価値サービスなど本部からの情報伝達・トレーニングで差別化を現場に落とし込み推進

    • ・物件の特徴や商品知識・付加価値サービスなど他社との差別化を推進するポイントは、説明・可視化して初めてお客様に認識していただけます。ゆえに、全国に散らばる営業マンへの情報伝達・トレーニングへの落とし込みが成約率や客単価を左右します。
    • ・ClipLineなら、営業時の注意点や商品の特徴などを分かりやすく可視化した動画や、新施策の重要ポイントなど本部からの落とし込み動画を、全社員に一括で共有することで、学習機会を素早く漏れなく効率的に提供し、また、変化の背景など臨場感のあるメッセージもあわせて届けることで、社員の理解度・腹落ち度を高め、実行率を向上させます。その後の実行度やオペレーション品質なども遠隔でも動画でチェックできるため、落とし込みの徹底と改善を習慣的に定着させます。
  • 個人営業から組織営業・人材マネジメント力の磨きこみ

    • ・高額な買い物ゆえに人的サービス・接客がお客様の最後の一押しを決める不動産販売業界において、お客様満足度を高める活動を継続するためには、従業員の満足度を高め、オペレーション品質を高めるサイクルを構築する必要があります。
    • ・ClipLineなら、繰り返し教育など指導担当者の不要な手間を削減して充実した研修を行うことができ、さらに、個々の営業力を可視化して「できる」を増やしていきます。また、他拠点の成功事例・営業ノウハウを横展開してコメントをし合い、競争意識を醸成することで高め合う環境を創出するなど、店舗内にとどまらないコミュニケーションも活性化。これににより、営業職に特有の高い離職率を抑えながら、組織一体となって成長するチームビルディングが可能となります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

顧客対応・商品知識など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(顧客対応、自社商品や法務知識、システムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育担当者の工数を削減します。また、社員が練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スキル向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

利益向上につなげるコンサルティングセールスのトレーニング

「ライフスタイルに応じたローンのプランニング」「プラスアルファ住宅のオプションを提案する際のアプローチ」「お客様の不安材料をなくす応酬話法」等お客様のご要望に応じたケースごとのアプローチや、クロスセルのご提案、アフターフォローなどを、動画で伝えやすく可視化することで、営業スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#3

各拠点のノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各拠点で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、営業員には個性という暗黙知が多く存在しています。他にも、各拠点で来店率や売上向上に繋がったノウハウなどのベストプラクティスを、全拠点へ展開することで、社員のモチベーションアップにもなり、営業スキルを底上げすることができます。

具体的な利用例#4

毎月の重点販売商品や施策の落とし込み

受け取り手の理解度や温度感によって、重点販売商品の目標達成率や施策の実行率は拠点ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、展開トークのお手本など売上向上に繋げるコツといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、拠点ごとの成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

社長・ミドルマネージャーからのメッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。