食品加工・飲料メーカー

製造工程におけるオペレーションの向上、競合商品との市場競争、消費者志向のめまぐるしい変化への対応といった課題が山積する中で、各拠点・組織間のシームレスな情報共有やPDCAサイクルの継続的な向上、組織力の強化が求められる食品加工・飲料業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

食品加工・飲料業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 各種製造工程におけるプロセスイノベーション(カイゼン)を伴う高品質と低コスト体質の確立

  • 継続的な新商品開発など消費者・小売流通から評価されるオペレーション力の向上

  • 規模の経済を成立させるための販売先の安定確保・シェア向上

ClipLineが解決する
業界課題

  • プロセス改善を全スタッフ・全拠点に展開・浸透する仕組みの構築

    • ・各工程ごとの各種設備の活用方法や加工ノウハウをバラつきなく全従業員に徹底・浸透させることが重要になります。特殊な加工など属人性が高い工程はバラツキが生じないよう各スタッフのトレーニング・品質維持が欠かせないほか、海外拠点や外国人財に向けた教育負担の削減は大きなイシューになります。
    • ・ClipLineなら、業務プロセスにおける基本工程や設備の活用内容などを動画で落とし込み、実践を通して業務レベルの標準化を実現。また、食品の加工工程にとって非常に重要である衛生面での注意事項や、美味しさや品質を損なわないためのポイントなど、全ての従業員が遵守すべき項目をバラつきなくインプットすることが可能です。
  • 継続的な新商品開発に伴う新たな加工・製造オペレーションの早期浸透の徹底

    • ・食品・飲料分野においてカテゴリー内で競争力の高い定番品を生み出すことがシェア確保において重要なポイントですが、その背景には多くの新商品開発のPDCAや製造工程があります。成功商品を継続的に生み出すべく新商品開発における加工・製造工程でのオペレーションのリードタイム短縮・オペレーションの徹底を追求する必要があります。
    • ・ClipLineなら、新商品の製造に伴って生まれてくる現場での新たな加工手順や工場でのオペレーションを素早く現場に落とし込むことが可能。スピード感を持った商品展開のベースとなる製造工程の工数削減を実現し、現場の機動力を上げ、生産効率を向上させます。
  • 消費者や流通に働きかけ、売り場の棚確保に繋げる販売強化の仕組み確保

    • ・各流通店における棚の確保や自社製品取り扱い量の増加に向けて、大口顧客との取引の維持・拡大や、全国に広がる販売先への営業活動など販売チャネルを維持・拡大するには営業担当のスキル向上・マネージャークラスのマネジメント力向上が必須です。特に全国各地に広がる営業の販売成績を伸ばすためのノウハウ共有やスキルレベル向上の仕組化は、成功すれば大きなリターンが返ってきます。
    • ・ClipLineなら、棚取りにおける最重要ポイントである流通商談での、注力商品やキャンペーンをアピールするセールストークのベストプラクティスを、本部や販促部より各支店の営業組織に展開。数少ない売上拡大の機会を逃さぬよう、商談レベルの向上を実現できます。また、販促POPの適切な設置や売り場作りのノウハウを横展開するなど、支店・エリア毎の暗黙知を共有することで、組織実行力を高めます。動力を向上します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

製造設備のオペレーションをスムーズに展開・浸透

製造現場における機械の使用方法や食品の加工方法を動画でカリキュラム化。スタッフの技術の標準化や即戦力化、教育コストの削減を実現します。

具体的な利用例#2

新人・若手社員のスムーズな育成

キャリアの薄い従業員への教育コストを抑えつつ、効率的・効果的な業務の浸透を実現。業界知識や専門用語のインプットはもちろん、従業員ごとのカリキュラムを設定し、習熟度を測りながら効率的に学習を行うことで、早期の習熟を促します。

具体的な利用例#3

商談の現場に活きる本部からのインプットを営業現場に展開

新商品やリニューアルに込められた訴求点、商品部が語るこだわりや、小売用商品・業務用商品それぞれの商談で効くセールストークなど、商談の現場で活かせるポイントを各拠点に展開していくことが可能です。

具体的な利用例#4

店頭販促・試食・レシピ活用など視覚訴求の品質向上

食品・飲料メーカーの商品訴求・商談現場での価値訴求にとって「シズル感」は外せない要素です。商品部やMD部が発信する、より美味しさが伝わるためのポイントを動画で視覚的に営業や各支店に伝えることで、現場での販促企画や商談での説得力に繋がります。また、店頭販促のペストプラクティスの共有も可能です。

具体的な利用例#5

衛生面の管理体制・意識の浸透

HACCP対応の完全義務化など、「食の安全」を遵守することは全てのメーカーに求められています。食を届けるに当たり前提となる衛生面の知識や注意点をバラつきなく浸透させていくことができます。