石油販売業(ガソリンスタンド)

石油元売会社の統合、市場の縮小による慢性的な過剰供給状態にあり、業界の競争環境は厳しい状況が続くなど課題が山積する中で、真に顧客に必要とされる会社、インフラ拠点として地元密着で付加価値の高いさまざまなサービスを提供するべき石油販売業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

石油販売業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 石油元売の経営統合など業界集約化の動き

  • 自動車数の減少や燃費改善によるガソリン需要の減少

  • 電気自動車など技術進展に伴うサービスの適用

ClipLineが解決する
業界課題

  • 付加価値の高い「油外」サービスからの収益向上

    • ・ガソリン需要のみならず洗車・物販サービスなど立地を生かした付加価値のあるサービスを展開することで収益向上に活かすことができます。ガソリン供給に来場したアップセルのためのオペレーションの落とし込みが重要になります。
    • ・ClipLineなら、オペレーションや体制の変更の落とし込みを各拠点でスムーズに行い、標準化に向かうプロセスを整備することができます。顧客へのサービス・接遇力を落とさずに維持し、向上につなげていく仕組みを構築することが可能です。
  • アルバイトが1人で業務を回せる仕組みづくり

    • ・アルバイトが数名がサービスステーションの運営しながら、SVとして社員が定期的に訪問する形式をとることでSS1施設にかかる人件費率を下げることができます。そこで課題になるのは、業務フローの構築、アルバイトの育成です。
    • ・ClipLineなら、熟練スタッフの暗黙知を全ての従業員に形式知化し、スキルレベルを標準化。身につけてほしい職能や従業員の習熟度に合わせた研修マネジメント改革を実現し、効率的な人材育成が可能です。加えて、現場の様子やチェックポイントを動画で報告させることで、ミドルマネージャーの臨店頻度をコントロールすることができます。
  • 水素・EV供給など新たな市場機会の獲得

    • ・近年増えてきた水素自動車向けの水素ステーションの設置及び電気自動車のための、充電ステーションの設置。新サービスに対する知識の習得が必要です。
    • ・ClipLineなら、新サービスや新規キャンペーンをアピールするセールストークのベストプラクティスを、本部や販促部より各店の営業組織に展開。数少ない営業接触の機会を逃さぬよう、セールスレベルの向上を実現できます。また、販促POPの適切な設置や効果的な休憩所作りのノウハウを横展開するなど、支店・エリア毎の暗黙知を共有することで、組織実行力を高めます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

新人・未経験アルバイトの即戦力化

現場の生産性を落とさずに従業員の人手不足を防ぐには、キャリアの薄い従業員への教育コストを抑えつつ、効率的・効果的な業務の浸透を実現する必要があります。従業員ごとのカリキュラムを設定し、習熟度を測りながら効率的に学習を行うことで、早期の習熟を促します。

具体的な利用例#2

本部からの指示やトップからのメッセージの発信

競争が激しく、変化が求められる業界において、自社の提供価値や有りたい姿などをきちんと現場まで落とし込むことは非常に重要です。動画でのメッセージにより、本部・経営層の思いを発信することで、現場の納得度やモチベーション向上に貢献します。

具体的な利用例#3

商談の現場に活きる本部からのインプットを営業現場に展開

キャンペーンやついで買いなど訴求点、商品部が語るこだわりや、シーズンごとのサービス・車回り商品それぞれの商談で効くセールストークなど、商談の現場で活かせるポイントを各拠点に展開していくことが可能です。

具体的な利用例#4

新たな販売手法・チャネル・オペレーションをスムーズに展開・浸透

ガソリンスタンドの敷地内での特産品の展示販売事業や宅配ボックスの設置などの給油目的の顧客開拓で活かせるポイントを各拠点に展開していくことが可能です。

具体的な利用例#5

エリア間、近隣店舗間でのスムーズな情報共有

商品が流通するまでには多くの部署間のやり取りが発生するほか、エリアごとでの消費者ニーズや在庫・出荷状況など目まぐるしく状況が変わっていくなかで、円滑な状況共有でリソースの最適化・売上の向上に貢献します。