介護

人手不足の常態化、固定費の高騰、
IT化の遅れといった課題が山積する中で、
サービス品質向上や経営の効率化が求められる介護業界において、
デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、
ClipLineがご支援します。

介護業界のオペレーション・
施設運営上の課題

  • 慢性的な人手不足を背景に、
    業務品質の低下や従業員の疲労がたまっている

  • ご利用者に対してきめ細やか且つ一定以上のサービスが提供できていない

  • 早期離職が多く、なかなか人材が定着しない

ClipLineが解決する
業界課題

  • 人手不足対策・離職率改善

    • ・業界の課題としてまず挙げられるのは人手不足、離職率の高さです。
    • ・課題解決には様々な手法がありますが、特に早期離職については、職場の教育・コミュニケーションの問題などマネジメントやスタッフ・施設長がシフトがばらつく新人に時間をかけられないことが大きな要因として挙げられます。
  • 業務品質標準化・施設稼働率向上

    • ・ご利用者様1人1人に最適な接遇・気遣いをすることでお客様の満足度が高まります。
    • ・活性化している事業譲渡やM&Aを背景に、業務の標準化・オペレーション品質が一層求められています。
    • ・地域密着で設備の固定費のかかる介護事業者において、地域からの評判・リピート利用者の確保は重要な課題です。
  • マネジメント職・専門職の業務変革

    • ・マネジメント職や専門職は孤独になりがちです。施設内スタッフへのマネジメントや本部とのやりとりなど対応すべきことは多々あります。各施設に点在する専門職は周りに相談できる人が少なくなりがちです。
    • ・デジタル化による業務効率化・他施設や本部とのコミュニケーション活性化の余地が大きくあります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

新人教育カリキュラムのデジタル化で、店長・ミドル層の負担削減

介護業界に携わる心構えや社会人マナー、介護技術・サービスから各施設ごとのルールまで、ヒトの入れ替わりの激しい介護施設では施設長・トレーナーの新人教育は大きな高うすになります。ClipLineは一連の教育を動画・カリキュラム化するので、指導者の工数削減を実現します。

具体的な利用例#2

行政対策(法定10項目研修)の動画教材化・テストによる理解度チェック

行政対策の10項目法定研修をコンテンツ化し、現場の負担を軽減するとともに、一定の品質での研修を実現します。「誰が、いつ、どこまで」実施したかの一覧化が可能なうえに、テスト・アンケート配信して理解度チェックを推進し、業務品質の向上に寄与します。

具体的な利用例#3

専門技術・介護サービスのバラつき改善や施設毎のレク・取り組みの共有

本部や別の施設からは各スタッフ・各施設の状況はなかなか見えづらいものです。特に、施設に点在する専門技術をもつスタッフや各施設で行われているレクリエーションなど各現場に眠る優良事例を共有したり、動画で実務を紹介・相談する機会を通して、従業員満足度向上や各施設の競争意識を高めより良い施設運営の一助とすることができます。

具体的な利用例#4

施設やサービスの遠隔モニタリング・QSCチェックで巡回の質向上・効率化

現場の状況把握をすることは介護では重要事項ですが、人材にも限りがある中では臨店には限界があります。現場と動画による双方向性で、現場に行かずとも現場の状況把握を可能にし、巡回工数の削減や、今まで以上に質の高い現場マネジメントを実現します。

具体的な利用例#5

法人理念の浸透

代表からのメールを配信しているだけでは、現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、法人の考えや思い、熱を伝えることができ、現場の士気もあがり、サービス提供の格差もなくします。