モバイルショップ

市場の飽和、商品の複雑化、 販路の多様化による競争激化といった課題が山積する中で、人材育成やサービス品質向上、経営の効率化が求められ、日々激変するモバイルショップ業界において、 デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

モバイルショップ業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 普及率の増加、買い替えサイクルの長期化

  • オプションサービス拡充による業容の拡大・複雑化

  • メーカー直販ルート拡大によるリアル店舗販売量の減少

ClipLineが解決する
業界課題

  • 単価向上のための
    営業力・販売力の向上

    • ・選択肢が多様で複雑かつ商品のアップデートが激しいモバイルショップ業界において、情報および顧客の的確なニーズ把握とそれに応じた柔軟な提案が販売の肝となります。一方で、それを高いレベルで実施できている販売員は限られ、優秀な販売員が売上の大半を担う2:8の構造になりがちです。また、多店舗ビジネス業態では店舗間でのナレッジ共有といった対応策を講じることがなかなか難しいのが実情です。
    • ・ClipLineなら、ヒアリングや提案ノウハウの可視化や、店舗をまたいだケース共有により学び合う環境を創出し、また、実際にやってみる機会を提供することで、中間層・下位層のスキルレベルを引き上げることができます。
  • 優秀なスタッフ・人材の
    定着・確保

    • ・優秀な販売員の確保が事業規模拡大・店舗経営のカギとなる中で、オペレーションの複雑化に伴い、販売員の負担が増加していることから、体制構築や業務効率化、ケアなどにも注力し、従業員満足度を高め人材定着率を高める取り組みが求められています。
    • ・ClipLineなら、業務におけるポイントなどを動画で共有して、勤務時間やエリアを問わないキャッチアップを可能にして負荷を減らしつつ業務定着度を高め、また、店舗を越えたベストプラクティスの共有により、他店の優良事例を取り入れることで店舗体制の構築・改善を行いやすくします。 加えて、本部・マネージャーと従業員間での定期的なコミュニケーションの一環として、経営陣からのメッセージ配信や一人一人への個別メッセージ機能も活用することで、全社的な一体感を醸成し、離れていても従業員のモチベーション・エンゲージメントを高め、離職率の抑制に繋がります。
  • 地場の顧客を囲い込む
    各店独自戦略の推進

    • ・携帯電話の普及率が飽和し、また、メーカー直販ルートも開拓がなされてきていることで、今後、販売代理店にとってはさらに厳しい競争環境となることが予想されます。そのため、地域密着型のサービス展開による顧客を囲い込む独自戦略が、生き残りのための重要な一要素となってきます。
    • ・ClipLineなら、自社事業における新しい取り組みや軌道修正などを全国に広がるスタッフに伝え、本部が掲げる変革のスピードを高めることができるほか、重要ポイントなど本部からの落とし込みを動画で一括で行うことで、素早く漏れなく展開することができ、また、遠隔でも動画でオペレーション品質をチェックできるため、店舗への落とし込みの徹底を習慣的に定着させつつ、不要な手間を軽減して顧客のニーズに寄り添ったサービスのブラッシュアップが可能になります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(接客、機器操作、商品知識、オペレーションなど)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。店舗ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、店舗のマネジメントの負荷軽減を実現します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「長時間お待ちいただく際のご案内」「機体の故障の際にはどう案内すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

単価アップにつなげる販売トレーニング

「迷っているお客様へのご案内」「料金プランが安くなるご提案」等お客様のご要望に応じたケースごとのアプローチや、販売商品のクロスセルのご提案、顧客体験向上のための接客手法などを、動画で伝えやすく可視化することで、スタッフの接客・販売スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#4

各店の販売ノウハウや成功事例の ベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#5

ミドルマネージャーからの重点施策の展開・落とし込み

新施策や新商品などを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、店舗ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのようにすれば売上向上に繋がるのかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社の繰り返し伝達の手間も省きながら、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#6

社長・ミドルマネージャーからの経営メッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや、事業に対する思い・熱・意図を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。