素材加工・部品製造

若手への技能継承、グローバル規模の競争への対応、新商品開発の質向上など課題が山積する中で、従来の手法からの変革や付加価値向上・新たな競争戦略を求められる素材加工業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

素材加工・部品製造業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 従業員の世代交代・人財不足対策と若手への技術継承

  • 技術力向上による差別化・高品質化

  • 技術を収益化を後押しする事業の多角化の推進

ClipLineが解決する
業界課題

  • 技術継承の支援と若手育成と女性や外国人労働者のダイバーシティ推進

    • ・熟練した労働者の引退・世代交代や若手人材不足によって、付加価値の源泉である技術継承が滞り、操業度の急速な低下が懸念されています。技術力の保管や短期間での安定した技術継承を目的にしたITツールの導入ニーズは高く求められます。加えて、将来の労働力として若手のみならず外国人や女性などダイバーシティの推進が求められます。
    • ・ClipLineなら、今後の商品品質を担うスタッフの育成を実現するための技能継承の仕組みを実現。熟練スタッフの暗黙知を全ての従業員に形式知化し、研修工数の削減やスキルレベルを標準化、従業員満足度の向上に繋がります。また、外国人教育や技能に合わせたカリキュラム構築も可能で、従業員の多様性にも寄与します。
  • 多様な需要に対応する柔軟な生産マネジメントの構築

    • ・自動車や電子機器といった高い精度を求める買い手は、国内にとどまらず海外比率も高まります。今後は、部品に応じた国内・海外での生産需要に応じて、輸送費や現地スタッフの人件費や技術力などを考慮した柔軟な生産マネジメントが求められます。
    • ・ClipLineなら、各工場・拠点における生産ラインの組み替えや規格の変更など、需要に応じたオペレーションの変更や人員配置、業務指示などの落としこみを円滑に進めていくことができ、現場の生産性、機動力を向上させます。
  • 多角化を推進する生産部門・営業部門の用途開発

    • ・自社の保有する技術を収益とするために多角化や用途イノベーションが欠かせません。生産部門は技術の転用先の開発、営業部門は顧客への提案営業や共同プロジェクトの推進により収益化を推進する必要があります。
    • ・ClipLineなら、各部門のスタッフのプロフェッショナル化を支援。専門知識やビジネススキルのインプットや、優良な事例・ベストプラクティスの共有を各拠点を横断して行うことで、組織機動力を向上します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

新人・若手社員へのスムーズな技能継承

現場の生産性を落とさずに従業員の人手不足を防ぐには、キャリアの薄い従業員への教育コストを抑えつつ、効率的・効果的な業務の浸透を実現する必要があります。従業員ごとのカリキュラムを設定し、習熟度を測りながら効率的に学習を行うことで、早期の習熟を促します。

具体的な利用例#2

各部門・拠点のベストプラクティスを共有

新たな技術の活用やプロジェクトの成功事例など、ビジネスにおいて付加価値やインパクトを生み出せる事例を展開することができ、組織全体の底上げ、モチベーションアップを図ることができます。

具体的な利用例#3

各現場・スタッフが持つ技術や対応ノウハウの暗黙知を横展開

各現場独自の属人的なやり方という暗黙知は、実は多く存在しています。こうした各現場・スタッフが持つ、業務効率化・顧客者満足へ繋がるノウハウを他へ展開することで、優秀なスタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#4

新オペレーション・手順をスムーズに展開・浸透

新たなオペレーションを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、人や拠点ごとに理解度や正確性にバラつきが生じてしまいがちです。変更点やどのような点に注意すべきかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社の繰り返し伝達の手間も省きながら、生産性のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

本部からの指示やトップからのメッセージの発信

変化が求められる業界において、自社の提供価値や有りたい姿などをきちんと現場まで落とし込むことは非常に重要です。動画でのメッセージにより、本部・経営層の思いを発信することで、現場の納得度やモチベーション向上に貢献します。