物流(鉄道・陸運・海運)

技術者不足、若手への技能継承、固定費の見直しなど課題が山積する中で、従来の事業からの変革や付加価値向上・新たな競争戦略を求められる物流(鉄道・陸運・海運業界)業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

物流(鉄道・陸運・海運)業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 技術者不足と技術伝承の効率化

  • 人口減少とコロナを見据えた事業ポートフォリオ見直しとDX推進

  • ニューノーマルに向けた既存事業のコスト構造改革とによる固定費削減

ClipLineが解決する
業界課題

  • 多能工化を始めとする既存事業の生産性向上

    • ・コロナウイルスの影響で移動そのものの数が減少し、既存事業の収益性の見直しが急務の中、労働集約的な側面のある物流業界においては、人件費率が高くなりがちです。一部の業務はロボット化やデジタル化で置き換えられる側面がありますが、安全性確保やそれに伴う整備士・運転手など人の手がかかる業務は残り続けることが予測されています。そうした中、限られた人員で多くの業務に対応できる多能工化は生産性を高める大きな一手となります。
    • ・ClipLineなら、人の手が必要な業務の習得の効率化を実現。多様なオペレーションをカテゴリごとに整理し、習熟状況に合わせたカリキュラムを構築し学習を行うことで、確実な業務の落とし込みが可能になり、教育コストを削減し、生産性向上に貢献します。
  • 多角化・事業ポートフォリオ見直しを形にするオペレーションの落とし込み

    • ・長期的な人口減少や直近のコロナウイルスの影響で、移動を伴う鉄道・陸運・海運事業は大きな打撃を受けています。既存事業の収益性を高めることはもちろん、主力事業以外の事業ポートフォリオ構築が求められています。鉄道であれば沿線価値向上、海運であれば輸送する荷物の種類を増やすほか不動産事業との連携強化、空運であればノンエア事業としてグループ資産を活用した事業など、新しい取り組みに人材をシフトし新たな収益源を確保することが求められています。
    • ・ClipLineなら、新オペレーションや新たな提供サービスの落とし込みを各拠点でスムーズに行い、標準化に向かうプロセスを整備することができます。顧客の反応など、現場からのフィードバックも受けることができ、サービス・業務品質を磨き上げながら新たな仕組みと提供価値を構築することが可能です。
  • パイロット・運転手や整備士の人手不足対策と従業員満足度向上

    • ・労働集約事業である鉄道・海運・空運事業において、設備をメンテナンスする施術者や運転手の人手不足は非常に大きな問題です。路線や機体の整備など技術力やこれまでのケーススタディの理解が求められる業務や、安全確保が求められる操縦業務など慎重な業務では、スタッフがいつでも学習し、自律的に働くことができる環境構築は、従業員満足度向上の一手となります。
    • ・ClipLineなら、ケースごとの対応方法や業務手順など、必要な情報をいつでも参照でき、振り返ることのできる仕組みの構築が可能。高い技能が求められる替えの利きにくい業務に従事する従業員の業務効率、職場環境の改善を実現し、満足度向上を実現します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

熟練スタッフの暗黙知の共有

ベテランスタッフの暗黙知を動画を使って共有、形式知化していくことで、熟練した技術やノウハウをキャリアの薄い従業員でもインプットが可能。課題となりやすい現場の技能継承を実現し、業務品質の底上げを実現します。

具体的な利用例#2

新オペレーション・手順をスムーズに展開・浸透

新たなオペレーションを展開する際に、従来のアナログ手法で本部からの落とし込みを行うと、人や拠点ごとに理解度や正確性にバラつきが生じてしまいがちです。変更点やどのような点に注意すべきかといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、繰り返し伝達の手間も省きながら、生産性のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#3

専門知識・基礎オペレーションの確実な落とし込み

専門技能や基礎動作の徹底が必要となる業務の中で、抑えておくべきポイントや知識を確実に全スタッフに落とし込み、徹底させていく必要があります。動画でのインプットだけでなく各自の実践を促し、確実な習得に導きます。

具体的な利用例#4

事故防止や安全管理体制・意識の浸透

コンプライアンスが重視され、1件の事故が事業運営や顧客からの信頼に大きな影響を及ぼすなかで、全ての従業員が安全管理への意識を高く持つことが求められます。動画を用いてバラつきなく展開を行うことで、重要性を訴え、実のあるインプットを行うことができます。

具体的な利用例#5

本部からの指示やトップからのメッセージの発信

サービスレベルの向上や事業改革が求められる業界において、自社の提供価値や有りたい姿などをきちんと現場まで落とし込むことは非常に重要です。動画でのメッセージにより、本部・経営層の思いを発信することで、現場の納得度やモチベーション向上に貢献します。