レジャー

消費者の娯楽の選択肢は増える一方で、近年では映画館・劇場・スポーツ施設・テーマパーク・遊技場・カラオケなどのロケーション型のサービス業同士の競争のみならずスマホやインターネットが潜在的な競合に。そのため、ロケーション型サービス業においては、以前より顧客の本能を刺激する際立ったサービスを提供し、場所としての付加価値を創出する必要性に迫られています。こうした中で、差別化によるサービス品質向上や柔軟な変化のための組織機動力の向上、経営の効率化が求められるレジャー業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

レジャー業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • ロイヤルカスタマーの獲得と代替手段からの余暇時間の奪取

  • 競合に負けずに専門性の高いニーズに対応できるオペレーションの徹底

  • 複合ニーズへの対応力を強化し、施設滞在時間を伸ばす

ClipLineが解決する
業界課題

  • コンセプトに沿ったサービス強化と地域密着戦略の推進によるロイヤルカスタマーの創出

    • ・供給過多の構造のレジャー施設業界において、優位性の高いブランドを作ることが成功には必須です。コスパ重視や高付加価値などコンセプトに沿った優位性を構築し、それに沿ったサービスレベルの設定と顧客価値提供が求められます。
    • ・ClipLineなら、コンセプトや戦略の背景をメッセージ動画にして腹落ちを高め、実践的な顧客対応等の手法も動画で可視化して共有し、さらにその出来栄えを現場からあげてもらことで、落とし込みと確認のPDCA体制を強固なものにします。
  • 専門性の高いニーズを満たすオペレーションを従業員に早期に落とし込み、顧客満足度を高める

    • ・異業種含め様々な企業が娯楽市場に参入してきているなかで、消費者の可処分時間を得て生き残るためには専門特化が一つのカギとなります。このような事業のブラッシュアップには、従業員へオペレーションの落とし込みを盤石に行える体制構築が重要です。
    • ・ClipLineなら、新たなオペレーション展開や変更の際に、分かりやすい動画を各現場へ一括で共有し、マネージャーは遠隔でも定着・実行度を確認できるため、素早く高品質に落とし込みが可能となり、顧客満足度向上へ繋げます。
  • 顧客滞在時間・客単価・高回転立稼働など重点KPIの改善や追加施策の成功率向上

    • ・同一地域の競合や新規出店する業態など、地域のなかでの競争はアップデートが続きます。これに対応するべく、現場店舗でのオペレーションに加え、本部からの新施策・新オペレーション・新商品などの適切な現場への落とし込みや、各店舗毎の重点KPI達成に向けた改善を、素早く柔軟に行える組織機動力が必要です。
    • ・ClipLineなら、オペレーションなどのアップデート情報を現場へ落とし込めるだけでなく、各拠点から接客・販売の優良事例をあげてもらうことで品質を高め合ったり、日報を現場から動画であげてもらい各マネージャーがコメントを返すなど、遠隔でも双方向コミュニケーションが取れ、改善の質とスピードを向上させます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

施設運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(接客対応、機器操作、手続き業務など)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。店舗ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、施設のマネジメントの負荷軽減を実現します。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「会員登録いただくための案内のコツ」「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」「ホスピタリティが感じられる接客対応」といったケースに応じた細やかな対応や接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。 理念や自社のスタイルを浸透させ、新入社員でも接客の質を落とさないようにすることで、顧客に選ばれるような施設運営が可能となります。

具体的な利用例#3

新オペレーションをスムーズに展開・浸透

新たなオペレーションを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、人や現場ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのような点に注意すべきかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社や指導者からの繰り返し伝達の手間も省きながら、現場の実行率を向上させバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

各拠点の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各拠点で生まれた独自の接客手法や成功事例など、実は、拠点には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った拠点のベストプラクティスを、全拠点へ展開することで、スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。社内コンテストも、各拠点から動画や写真をアップしてもらうことで遠隔で行うことができます。

具体的な利用例#5

社長・ミドルマネージャーからの経営メッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや、事業に対する思い・熱・意図を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。また、社内報も動画でやり取りすることで、遠隔でも顔が見えるコミュニケーションが可能に。

具体的な利用例#6

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。