ホテル・旅館

感染症拡大による利用顧客数の減少、働き手の不足、隣接業界等との競争激化といった課題が山積する中で、付加価値の創出やシステムツールの有効活用、 経営の効率化が求められ、日々激変するホテル・旅館業界において、 デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

ホテル・旅館業界のオペレーション・
施設運営上の課題

  • 人材不足による省力化・外国人労働力の即戦力化・定着など人財マネジメントの強化

  • 指名顧客・リピート顧客を増やすブランド浸透・顧客体験のブラッシュアップ

  • オリンピック後、コロナウイルスによる国内・インバウンド需要の減少への対応

ClipLineが解決する
業界課題

  • 外国人労働者を含むスタッフへのケアと即戦力化・定着率向上

    • ・宿泊業界の人材不足・離職率の高さは深刻で、清掃をはじめとした業務において多くの外国人労働者を活用する必要性が高まっており、人材の即戦力化と定着率向上は、経営上、欠かせない取り組みとなります。
    • ・ClipLineなら、業務におけるポイントなどを外国語対応が可能な動画で共有し、勤務時間やエリアを問わないキャッチアップ・スキルアップを可能にして即戦力化を促進し、また、本部・指導者と従業員間での定期的なコミュニケーションの一環として一人一人への個別メッセージ機能を活用することで、離れていても従業員のモチベーション・エンゲージメントを高めて離職率を抑えることができます。
  • 比較サイトなどに頼らない
    指名顧客を増やす

    • ・稼働率を高めるために旅行代理店や比較サイトに頼ってばかりでは、価格競争に巻き込まれ単価減少に陥りがちです。サービス品質向上・顧客体験向上などに取り組み、価格以外の側面で選ばれる競争力をつけることは生き残りのための重要な一要素となってきます。
    • ・ClipLineなら、従業員は接客対応や技術を、お手本動画を繰り返し見て練習して磨きをかけることができ、他店の優秀な従業員のスキルを共有し合うこともできるので、全店的なスケールで接客力・技術力強化を実現します。また、マネージャーは離れていても、各店の出来栄えを動画でチェックできるので、確かなサービス品質の底上げを効率的に行え、顧客満足度を向上させます。
  • ワーキングプレイスや定額居住など様々な用途で稼働率を高める

    • ・稼働を高めるためには、市場のニーズを取り込み、様々な用途で市場に訴求する必要があります。そのための本部から現場への働きかけ・展開は、競合他社に勝るためにも、スピードと質を並行して推進できることがベストです。
    • ・ClipLineなら、事業における新しい取り組みを全国に広がる従業員に伝え、本部が掲げる変革のスピードを高めることができるほか、重要ポイントなど本部からの落とし込みを動画で一括で行うことで、素早く漏れなく展開することができ、また、遠隔でも動画でオペレーション品質をチェックできるため、店舗への落とし込みの徹底を習慣的に定着させつつ、不要な手間を軽減して顧客のニーズに寄り添ったサービスのブラッシュアップが可能になります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

接客・清掃の手順など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客、清掃、機器やシステムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

教育動画に外国語字幕を付けることも可能

動画作成は、英語、中国語、ベトナム語、ネパール語、 ミャンマー語、日本語の6か国語の字幕に対応しています。外国人スタッフの確認テストの正答率が 1 割以上 向上したなど教育効果への実績もあり、外国人スタッフの自律学習を促進します。

具体的な利用例#3

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「予約時のスムーズなご案内方法」「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。 宿泊・レストラン・ブライダルなどトータルで、理念や自社のスタイルを浸透させ、新入社員でも接客の質を落とさないようにすることで、顧客に選ばれるような店舗運営が可能となります。

具体的な利用例#4

ミドルマネージャーからの重点施策の展開・落とし込み

施策などを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、店舗ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのようにすれば売上向上に繋がるのかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社の繰り返し伝達の手間も省きながら、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が宿泊業の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。

具体的な利用例#6

社長・ミドルマネージャーからの経営メッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや、事業に対する思い・熱・意図を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。