家電量販店

EC市場の拡大や市場の成熟化、消費者ニーズ・ライフスタイルの多様化といった課題が山積する中で、差別化による品質向上やシステムツールによる業務・経営の効率化が求められ、日々激変する家電量販店業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

家電量販店業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 商品のコモディティ化に伴い、PB商品やサービスによる差別化が必須

  • 価格交渉力のカギを握る事業規模拡大・M&Aを支える組織作り・PMI支援

  • ネット・ECモールなど購買チャネルの多様化に伴う店舗価値の見直し

ClipLineが解決する
業界課題

  • 人材マネジメント強化に伴うサービス力向上による差別化

    • ・ネットやECと異なり、家電量販店には実物に触れる、気になることを質問できるといった付加価値がある一方、広い売り場・大量の商品知識・専門サービスをスタッフに落とし込むことの難易度は高いです。
    • ・ClipLineなら、販売時の製品のポイント、専門知識などを動画で一括で共有することで、素早く漏れなく全店への落とし込みが可能に。また、店舗からの優良販売事例やスタッフの持つ専門知識を共有し合うことで、ナレッジの好循環を生み出します。
  • 買収・PMIなど組織統合・外部環境変化に伴う組織機動力の向上

    • ・家電量販店は外部環境の変化の影響を大きく受けます。インバウンド需要・オリンピックに伴う買い替え需要・消費税増税の駆け込み需要・技術革新を伴う新商品リリースなど店舗・スタッフの対応力は高まるばかりです。
    • ・ClipLineなら、環境変化によりオペレーションや販売製品などにアップデートが起きても、全店への動画共有で簡単に現場へ展開でき、現場での定着状況も確認できます。また、変化の背景など臨場感のあるメッセージもあわせて届けることで、社員の理解度・腹落ち度を高めて実行率を向上させ、機動的な組織体制を構築します。
  • 店舗ならではの付加価値向上

    • ・家電量販店もネット・ECモール・リユース店舗など代替品となる業態を構築・買収する中、事業・チャネルポートフォリオとして、店舗の意義が問い直されています。マルチチャネルの中で、店舗のメディア化・自社ECや自社グループ会社への誘導などグループシナジーを最大化させるカギも大型店舗に所属する人材です。
    • ・ClipLineなら、LTVを高める接客やサービス案内のコツ、VMDのお手本といった、来店者へのアプローチ手法を動画で展開して、スタッフに練習や店舗の様子などの出来栄えをアップしてもらうことで、本部やマネージャーは臨店せずに落とし込みから改善までをスピーディーに行い、店舗のレベル底上げをすることができます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(レジ対応、商品知識、店内のご案内など)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。店舗ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、店舗のマネジメントの負荷軽減を実現します。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応・売上向上に繋がるセールス手法などを全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、「お客様がきょろきょろしている時のアプローチ方法」「商品に詳しくないお客様への案内・提案」といった売上向上に繋がる応対方法を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客・販売スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#3

毎月の重点販売商品・キャンペーン施策の落とし込み

受け取り手の理解度や温度感によって、重点販売商品の目標達成率や施策の実行率は拠店舗ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、展開トークのお手本など売上向上に繋げるコツといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、店舗ごとの成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

売り場・VMDの指示とコンセプトの徹底

一方向的な本部からの落とし込みだけでは、店舗ごとに売り場にバラつきが出てしまいがちです。店舗から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「お客様の導線が狭くなっている」「この商品はもっと目立つ位置に配置して欲しい」といったレビューを本部やミドルマネージャーが返すことで、リモートでも業務品質の向上を行うことが可能となります。

具体的な利用例#5

各店の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。