ホームセンター

市場の成熟化、異業種との競争激化、ECの台頭など、といった課題が山積する中で、接客力・商品力の差別化による品質向上やシステムツールによる業務効率化が求められ、日々激変するホームセンター業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

ホームセンター業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 市場の頭打ちを見据え、DIY関連・PB商品による客単価向上・高利益率商品の展開

  • 品揃え・棚割り・店内サービス等、各店舗毎の地域密着化による業界再編・異業種の進出・ネット販売に負けない差別化の推進

  • セルフサーブ型の店舗から店舗の独自性を打ち出すための人材育成投資へ

ClipLineが解決する
業界課題

  • 高単価につながる商品開発と現場への落とし込みを実現

    • ・様々な商品を取り扱う中で、セルフサーブ中心のエリアや、販売員による積極的な相談が重要となるエリアなどオペレーションが分かれ、より顧客に選ばれる体験を構築する難易度は高くなります。特にDIYやPB商品などの高利益商品は、優れた売り場と販売員による接客が顧客体験を左右します。
    • ・ClipLineなら、本部からは接客対応のポイントやVMDのお手本動画などを共有し、現場からは商品案内ロープレや売り場の様子などを上げて取りもらうことで、効率的にエリアごとのサービス・業務品質の向上を行えます。また現場ごとに、反響の高い商品や案内・接客手法・スタッフの専門知識などを動画で本部へ共有してもらい、拠点を越えてナレッジを共有し合うことで、本部と現場が一丸となった売上向上の好循環も生み出します。
  • 業務品質の向上に加え、地域に適合したオペレーションで独自性のある選ばれる店舗へ

    • ・異業種やネット販売が伸長する中で、ブランド毎の標準的なオペレーション高度化もさることながら、人的リソースをかけて取り組むべきは、地域ニーズを把握して店舗へ展開する地域性や独自性です。地域の顧客に最適な品揃え・棚割・店内サービス等、広い店舗を活かした様々な企画やオペレーションで他業態との差別化が求められます。
    • ・ClipLineなら、店舗ごとに独自に実施している企画やオペレーションを、マネージャーが臨店せずとも動画で効率的にチェックできるため、スピーディーな改善が可能となり、また、優良事例についてはフィードバックや他店共有がなされることで、店舗スタッフのモチベーション向上や競争意識の醸成にも繋がり、自律的な店舗づくりを促進します。
  • 取扱商品が多く専門性が高いことに加え、地域に密着する店内業務を負担なく展開する人材育成・オペレーション展開の基盤が重要に

    • ・差別化戦略は顧客に伝わってこそ価値が体現されます。施策は、独自性のある商品を売り場に展開するのみにとどめず、店舗の付加価値を高めるべく、顧客に寄り添う人材への教育・オペレーション展開がより一層求められます。
    • ・ClipLineなら、教育における重要ポイントなど本部からの落とし込みを全国のスタッフに動画で一括で行うことで、素早く漏れなく展開し、また、ポイント解説といった臨場感のあるメッセージもあわせて届けることで、スタッフの腹落ち度・実行度を高めます。その後の実行度も遠隔でも動画でチェックできるため、落とし込みの徹底と改善を習慣的に定着させ、育成・オペレーション展開の基盤を盤石なものとします。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

商品知識、接客対応などの教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(顧客対応、自社商品知識、システムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育担当者の工数を削減します。また、社員が練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スキル向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

売り場・VMDの指示とコンセプトの徹底

一方向的な本部からの落とし込みだけでは、店舗ごとに売り場にバラつきが出てしまいがちです。店舗から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「この商品はもっと目立つ位置に配置して欲しい」「この売り場コーナーが素晴らしいので他コーナーでも真似して欲しい」といったレビューを本部やミドルマネージャーが返すことで、リモートでも業務品質の向上を行うことが可能となります。

具体的な利用例#3

ケースに合わせた接客対応・単価を上げる販売手法なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」「混雑時のレジでの動き方はどうすればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#4

毎月の重点販売商品やキャンペーン施策などの落とし込み

店舗側の理解度や温度感によって、重点販売商品やキャンペーンの目標達成率は店舗ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、何故このタイミングでキャンペーンを行うのか、売り場での展開トークのお手本などといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

各店の販売・接客ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、スタッフには個性という暗黙知が多く存在しています。他にも、各店で売上向上や顧客満足に繋がったノウハウなどのベストプラクティスを、全店へ展開することで、スタッフのモチベーションアップにもなり、販売接客スキルを底上げすることができます。