教育

市場の飽和、働き手の不足、業界の変化や顧客ニーズへの柔軟な対応といった課題が山積する中で、人材育成やサービス品質向上、経営の効率化が求められる教育業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

教育業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • 企業によりサービスの違いを出しづらくスイッチングコストが低いうえ、中長期的に減る生徒を奪い合う構造

  • 学生アルバイトの確保と即戦力化

  • プログラミング教育や大学入学共通テストなど新領域への対応が求められる

ClipLineが解決する
業界課題

  • 教師による講義品質や
    サービス力向上による生徒確保・競争力向上

    • ・学習体験という差別化しづらい商材は、講師の講義やモチベート技術によって生徒の継続率・学習効果が大きく変化します。講師の品質を高める仕組みづくりは学習塾業界において競争力に直結する一方で、講師は他講師の講義を体験する機会やベストプラクティスを学習する機会は多くないのが実情です。
    • ・ClipLineなら、講義や指導のコツ・ポイントなどを動画で共有し、いつでもどこでも繰り返し確認ができるようにして、講義品質を底上げします。また、人気が高い講師の指導ノウハウなどを動画で横展開して学び合う環境を創出し、組織の競争力を高めます。
  • 学生などアルバイトの
    働く環境整備と即戦力化

    • ・学習塾は学生アルバイトなどが多く、講義や家族とのコミュニケーションなど重要な役割を担います。人財の即戦力化と従業員満足度を高めて、長期間働いてもらう環境づくりは塾経営において重要です。シフトがばらつきがちで各個人の学習経験が異なる学生アルバイトを教育して即戦力にしていくにはCliplLineが最適です。
    • ・ClipLineなら、初めに覚えなければならない教材内容を、網羅的に動画コンテンツとして体系化して全拠点に落とし込み、スタッフからも実践の様子を動画で投稿してもらいチェックができるため、業務のバラつきを防いで業務の定着率を高めます。また、動画にはマネージャーほかスタッフ同士もいいねやコメントができるため、離れていてもスタッフのモチベーション・エンゲージメントを高めて離職率を抑えることができます。
  • 専門人財のネットワークと
    ベストプラクティスの共有

    • ・プログラミング教育や大学共通テストなど社会的な変化に伴う新サービス・新商材の提供は、ビジネスにおける大きなチャンスとなります。ただ一方で、新領域は専門人財が少なく、拠点ごとに相談する場も少なく、サービス品質のブラッシュアップをする場が多くありません。
    • ・ClipLineなら、拠点を超えてベストプラクティスを共有し合い、社内の有識者同士でのコミュニケーションを図ることができ、スタッフの不安を解消しながら、サービス品質のブラッシュアップを加速させます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

生徒対応・オペレーションなど新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(生徒の対応・オペレーション・機器やシステムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、指導者からフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた対応方法なども全スタッフへ共有

「点数が伸び悩む生徒への声掛け例集」「親御さんからのクレームへの対応方法」といった、ケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための応対など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの対応スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

各拠点の指導ノウハウや優良事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

独自の指導方法や優良事例など、各拠点には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした生徒の学力向上に繋がるノウハウを持った指導者のベストプラクティスを、全拠点へ展開することで、スタッフのモチベーションアップにもなり、スキルを底上げすることができます。

具体的な利用例#4

本部からの新オペレーションの展開・落とし込み

指導要領へ対応すべく新しい体制へ変化が生じた際に、従来のアナログ手法で本部からの落とし込みを行うと、拠点ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。どんな背景があって何故これを展開しているのか、どのようにすれば顧客体験向上に繋がるのかといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本部の繰り返し伝達の手間も省きながら、全拠点の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

研修内容を動画コンテンツ化し、ロープレなどの研修もリモートで実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が教育業の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職レベルや拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。