ドラッグストア

規制緩和による競争激化、薬剤師を中心とした人材不足、
顧客のライフスタイル変化への柔軟な対応といった
課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上や
経営の効率化が求められ、日々激変する
ドラッグストア業界において、デジタルを活用した
多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

ドラッグストア業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 薬剤師などの人材確保・従業員が働きやすい環境づくり

  • 利益率の異なる様々な商材を取り扱うため、
    他業態との業界の垣根を超えた消費者から選ばれる必要性

  • 業界再編、M&Aに伴うPMIの最大化としての
    オペレーション標準化・落とし込みの重要性

ClipLineが解決する
業界課題

  • PB商品・売り場・接客など
    選ばれる消費者体験の徹底

    • ・薬事法改正以来、コンビニやスーパーなどの異業種小売、インターネット通販事業者による新規参入が増加し、価格、商品、サービスにおける競争がさらに激化しています。価格、品揃え、利便性・サービス等を基準に選択肢が幅広いため、ドラッグストア各社はPB商品開発や他社との提携など自社が選ばれる理由・店舗が選ばれる理由を構築する必要に迫られます。
    • ・ClipLineなら、本部の戦略を現場に落とし込むことができるため、PC商品や売り場が消費者から選ばれる品質になっているか現場をモニタリング・遠隔始動することができます。
  • 有資格者・店頭スタッフを
    確保し離職率を下げる

    • ・利益率の高い医薬品を提供する上で、調剤業務ができる薬剤師はドラッグストア業界において非常に重要な有資格者です。医療用医薬品・要指導医薬品はネット販売ができず、薬剤師による提供は店舗の魅力・意義に直結するため、薬剤師を確保し、継続して働いてもらう環境づくりは競争力に直結します。
    • ・ClipLineなら、他店のベストプラクティスの共有、自身の成果の社内アピール、本部からのメッセージ配信、本部や他スタッフへの相談などが気軽に行える環境を創出することで、本部と有資格者の一体感を醸成して孤独感をなくします。
      また、スムーズな入社オリエンテーション体制や属人的ではないオペレーション体制を構築することで、人間関係に起因する悩み事を減らすことができます。
  • 重点施策、標準オペレーションの落とし込み

    • ・M&Aが活発な同業界において、PMIをスムーズに遂行し、財務効果を早期に創出することは非常に重要な経営戦略です。中でも全国にまたがるオペレーションの統一や、スタッフの考え方、方向感を早期に揃える取り組みは優先順位が高いものとなります。
    • ・ClipLineなら、本部から新しい標準オペレーションや重点施策を徹底的に落とし込むと同時に、現場でしっかりと再現されているかをモニタリングすることが可能になります。これにより、現場と本部の意思統一が早期に実施され、競争優位性の体現・実行の確度を高めます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

接客・作業手順など
新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客、レジやシステムの操作、店内オペレーションなど)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減し、早期離職を抑えます。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較でき、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

新オペレーション・
新商品をスムーズに
展開・浸透

新しいオペレーションや商品を展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、店舗ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのようにすれば売上向上に繋がるのかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社の繰り返し伝達の手間も省きながら、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#3

ケースに合わせた
接客・販売手法なども
全スタッフへ共有

「この商品とこの商品は一緒に並べた方が良い」、「冷たい雰囲気のお客様にどう対応していくとよいか」といったケースに応じた細やかなアプローチや、客単価を上げるためのおすすめの仕方、顧客体験向上のための接客手法など、店長だけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの販売スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#4

売場のモニタリング・指示徹底

一方向的な本部からの落とし込みだけでは、店舗ごとに売り場にバラつきが出てしまいがちです。店舗から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「お客様の導線が狭くなっている」「この商品はもっと目立つ位置に配置して欲しい」といったレビューを本部やマネージャーから返すことで、リモートでも業務品質チェックを行うことが可能となり、マネージャーの負担を軽減します。

具体的な利用例#5

各店の販売ノウハウや
成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売・接客アプローチなど、実は、店舗には店員の個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるスキルを持ったスタッフ・店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、優秀なスタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。