調剤薬局

人材の確保や離職率の抑制、危機管理体制の整備、サービスレベルの向上など課題が山積する中で、高い品質での確実な業務を常に求められる調剤薬局業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

調剤薬局業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 薬剤師などの人材確保・従業員が働きやすい環境づくり

  • 店舗数の飽和と生き残りをかけたビジネスモデル刷新

  • 業界再編、M&Aに伴うPMIの最大化としてのオペレーション標準化・落とし込みの重要性

ClipLineが解決する
業界課題

  • 薬剤師の確保と従業員満足度の向上

    • ・地域のお客様に調剤サービスと提供し地域に愛される店舗・スタッフになるために、薬剤師の確保とオンボーディング・働く環境の整備は非常に重要です。調剤師が不足している現在、企業の対応の改善は急務になります。研修やOJTが必須である他、特に全国に分散する店舗での取り組みは本部からは見えづらく、従業員満足度を高める取り組みの難易度は高くなります。
    • ・ClipLineなら、店舗ごとの研修やOJTを動画で効率化し、教育コストを削減するほか、日々の確認・報告業務をデジタル化し、業務効率を改善することができ、従業員満足度を向上。慢性的な人手不足や構造的課題の解決の一助になります。
  • 24時間開業するかかりつけ薬局、在宅調剤サービスなど生き残りをかける新オペレーションの徹底

    • ・高齢化が進む日本において、地域包括ケアシステムなど医療介護のニーズは事業機会にあふれています。調剤薬局においてもかかりつけ薬局・24時間開業・在宅調剤サービスなど多様な取り組みが求められます。
    • ・ClipLineなら、新オペレーションや新たな提供サービスの落とし込みを各拠点でスムーズに行い、標準化に向かうプロセスを整備することができます。顧客の反応など、現場からのフィードバックも受けることができ、サービス・業務品質を磨き上げながら新たな仕組みと提供価値を構築することが可能です。
  • 重点施策、標準オペレーションの落とし込み

    • ・M&Aが活発な同業界において、PMIをスムーズに遂行し、財務効果を早期に創出することは非常に重要な経営戦略です。中でも全国にまたがるオペレーションの統一や、スタッフの考え方、方向感を早期に揃える取り組みは優先順位が高いものとなります。
    • ・ClipLineなら、本部から新しい標準オペレーションや重点施策を徹底的に落とし込むと同時に、現場でしっかりと再現されているかをモニタリングすることが可能になります。これにより、現場と本部の意思統一が早期に実施され、競争優位性の体現・実行の確度を高めます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

専門知識・基礎オペレーションの確実な落とし込み

一つのミスが大きな問題に繋がりかけない調剤の現場では、業務の中で抑えておくべきポイントや知識を確実に全スタッフに落とし込み、徹底させていく必要があります。動画でのインプットだけでなく各自の実践を促し、確実な習得に導きます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた顧客対応・ベストプラクティスを全スタッフへ共有

お客様の状態・ケースに応じた細やかな対応や、コミュニケーションのコツなど、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの業務品質を向上させます。

具体的な利用例#3

お客様サービスの現場からの形式知化

ただ薬を提供する以上のサービス提供価値が求められるなかで、どういったサービスがお客様から喜ばれるのか、現場からのフィードバックを通じて本部が吸い上げ、全体に共有していくことで、現場のナレッジを形式知化していくことができます。

具体的な利用例#4

新オペレーション・手順をスムーズに展開・浸透

新たなオペレーションを展開する際に、従来のアナログ手法で本部からの落とし込みを行うと、人や拠点ごとに理解度や正確性にバラつきが生じてしまいがちです。変更点やどのような点に注意すべきかといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、繰り返し伝達の手間も省きながら、生産性のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

事故防止や医療情報の管理体制・意識の浸透

1件の事故が事業運営や病院・お客様からの信頼に大きな影響を及ぼすなかで、全ての従業員が危機管理や情報管理への意識を高く持つことが求められます。動画を用いてバラつきなく展開を行うことで、重要性を訴え、実のあるインプットを行うことができます。