ディスカウントストア・百均

ECや隣接業界との競争激化、顧客の志向変化、市場の成熟化とインバウンド需要への対応といった課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上やシステムツールの有効活用、経営の効率化が求められるディスカウントストア・百均業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

ディスカウントストア・百均業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • ドラッグストア、GMS、ECとの価格競争に向けてローコストオペレーションの徹底

  • 競争力の高いPB商品の販売比率向上による客単価向上の推進

  • 人材マネジメントの効率化による営業利益率向上

ClipLineが解決する
業界課題

  • オペレーションの標準化、バラつきの抑制による合理的店舗運営の推進

    • ・多様な商材や未経験者のアルバイトなど業務のばらつきが起きやすく本部から見えやすいのが店舗業務です。また決済手段の多様化・レジ袋の有料化・新しいPOSレジの導入などオペレーションの進化は進むばかりです。
    • ・ClipLineなら、接客対応や作業などのポイント・注意点の動画を本部から共有し、接客ロープレや業務の様子などを現場からも動画であげてもらうことで、マネージャー・SVはリモートでも効率的にオペレーション・業務品質の向上を行えます。
  • 店舗スタッフ・売り場力の改善による客単価向上・利益向上

    • ・特に100円ショップでは、PB商品など単価や利益率が高いものがあります。各売り場の見せ方次第で、販売比率や販売数を伸ばすオペレーションが可能です。
    • ・ClipLineなら、売り場のお手本動画を本部から共有し、各現場からも工夫を凝らした売り場の様子を動画であげてもらうことで、リモートでも効率的にクオリティチェックが可能となります。また、優秀な販売スタッフや店舗のベストプラクティスを共有したりコンテストを開催するなどして競争意識を醸成して、全店を巻き込んだ販売力の引き上げを実現します。
  • 人材マネジメント関連の間接人件費を徹底削減

    • ・原価を抑えるPB商品の販売比率を高めるほか、コスト削減のためには販管費削減が必須です。様々な店舗における新人OJTや正社員向けの研修、各店舗をマネジメントするSV・トレーナーの人件費は高くつきます。また、人手不足のなかで従業員満足度を高める施策は必須であり、離職に伴う採用費・再教育費用が占めるコスト割合は高くつきます。
    • ・ClipLineなら、繰り返し教育や臨店、集合研修などでかかっていた指導担当者の不要な手間・工数を動画活用により削減して、スタッフ一人一人の役割に応じた教育コンテンツを届けることで充実した教育・研修を行うことができ、また、マネージャーからのメッセージ配信や店舗スタッフ同士での動画へのコメントなどのコミュニケーションにより、スタッフの安心感醸成やモチベーションアップを図り、従業員満足度を高めます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店内業務、機器操作などの教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客対応、自社商品知識、システムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育担当者の工数を削減します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スキル向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」「混雑時のレジでの動き方はどうすればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

リモートで売場のモニタリング・指示徹底

一方向的な本部からの落とし込みだけでは、店舗ごとに売り場にバラつきが出てしまいがちです。店舗から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「この商品はもっと目立つ位置に配置して欲しい」「この売り場コーナーが素晴らしいので他コーナーでも真似して欲しい」といったレビューを本部やミドルマネージャーが返すことで、リモートでも業務品質の向上を行うことが可能となります。

具体的な利用例#4

毎月の重点販売商品やキャンペーン施策などの落とし込み

店舗側の理解度や温度感によって、重点販売商品やキャンペーンの目標達成率は店舗ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、このタイミングでキャンペーンを行うのか、売り場での展開トークのお手本などといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

各店の接客ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、スタッフや店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。他にも、各店で売上向上や顧客満足に繋がったノウハウなどのベストプラクティスを、全店へ展開することで、スタッフのモチベーションアップにもなり、接客・販売スキルを底上げすることができます。