給食・食堂

人材不足、多拠点にわたる品質管理の維持、他業界参入による競争激化といった課題が山積する中で、業務・経営の効率化や差別化によるサービス品質向上が求められ、日々激変する給食・食堂業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

給食・食堂業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • 人材確保など人手不足対策

  • 分散型マネジメントの品質管理の難しさ

  • 施設特有の衛生デリバリーを理解・維持し契約継続に活かす

ClipLineが解決する
業界課題

  • 各施設特有の業務品質を維持し、契約継続に活かす

    • ・民間施設や公共施設に委託を受ける給食業界では、施設により求められるオペレーション要件が異なるため、契約施設に応じたオペレーションを構築する必要があります。また、施設利用者など一定の需要が見込めると思いがちですが、食事そのものの代替手段は多く、利用者満足度を勝ち取り自社の給食を選んでもらう必要性は高いです。施設との契約を維持しながら柔軟な契約に対応できるよう、コストを下げ利用者獲得を推進する必要があります。
    • ・ClipLineなら、利用者対応のポイントなどを落とし込んでスタッフのホスピタリティを高めたり、動画や写真で施設や厨房の状況をモニタリングして、施設を問わず遠隔でも業務品質を向上させることができ、利用者に選ばれる施設運営を効率的に行うことができます。
  • 動画と双方向性で難易度の高い分散型組織のマネジメントを支援

    • ・契約施設が分散していることもさることながら、施設ごとに異なるオペレーションを提供するため、物理的にもオペレーションの内容的にも、全拠点の業務品質を高めるマネジメントの難易度は高いと言えます。
    • ・ClipLineなら、オペレーションの内容を分かりやすく可視化した動画で落とし込み、現場から動画をあげてもらうことで実行度合も確認できるため、教え手によって実行タイミングや業務品質がバラついてしまう事態を防ぎます。また、これにより、繰り返し教育や施設訪問など、指導者や管轄担当者のマネジメントの負荷を軽減します。
  • 新人・リーダーなど各階層ごとの教材配信やメッセージ配信による満足度向上

    • ・調理やサービス提供など労働集約ビジネスで、各地毎に人材を採用する必要がある業界の特色上、従業員満足度を高め、離職率を下げることは、間接人件費や学習によるサービス品質の向上に直接影響します。
    • ・ClipLineなら、新人向けの教育動画を、スタッフはいつでもどこでも繰り返し見て、業務やオペレーションの内容を確認することができ、また、日報や月報を動画であげてマネージャーからもコメントをもらうなど体温のあるコミュニケーションをとることもできるので、指導担当者や先輩が多忙だったりシフトが合わなくても、就業時の不安を払拭することができます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

調理・機材操作など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(調理オペレーション、機材操作、接客など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数削減やスタッフの安心感醸成を実現します。

具体的な利用例#2

新オペレーションをスムーズに展開・浸透

受け持つ施設が変わった際や新たなオペレーションが必要となった際に、シフトが異なる中で全てのスタッフに漏れなく展開する必要があります。本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、繰り返し伝達の手間も省きながら、実行率を向上させ提供品質のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#3

リモートでの施設状態のモニタリング・指示徹底

日頃、本部から指示している、施設レイアウトや衛生状況などを、スタッフから写真や動画であげてもらい、「注意書きをもっと見やすい位置に貼る方が良い」「器材の置き方を整えるとgood」といったレビューを本部やミドルマネージャーが返すことで、効率的な業務品質の向上をリモートでも行うことが可能となります。

具体的な利用例#4

利用者満足を高める接客対応なども全スタッフへ共有

「良い印象を与える話し方」「利用者からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフのホスピタリティを向上させ、利用者満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#5

各施設の業務や調理、接客ノウハウなどベストプラクティス・暗黙知を横展開

各施設で生まれた効率的な業務や調理、利用者接客のコツなど、実は、施設には個性という暗黙知が多く存在しています。こうしたノウハウやベストプラクティスを、他施設へも展開することで、スタッフのモチベーションアップにもなり、品質を底上げすることができます。