百貨店・GMS

市場の成熟化、異業種との競争激化、ECの台頭など、といった課題が山積する中で、接客力・販売力の向上による差別化やシステムツールによる業務効率化が求められ、日々激変する百貨店・GMS業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

百貨店・GMS業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • ショッピングセンター・専門店・通販など他チャネルへの顧客流出

  • 百貨店などは高所得者への高い接客力、GMSでのセルフ販売では売り場拡充が求められる

  • 海外進出・インバウンド・コト消費などポジティブトレンドを追う市場機会の追求

ClipLineが解決する
業界課題

  • 館・ブランドコンセプトの磨き込みや自社企画など選ばれる理由の追求

    • ・EC/D2Cチャネルが勢いを増す中、百貨店も各館・ブランドコンセプト磨き、お客様に足を運んでいただく理由を再考する必要があります。オンラインチャネルとの連動・店舗を横断した自社企画など他チャネルに負けない魅力づけをする運営が求められます。
    • ・ClipLineなら、新たな打ち手・オペレーションを展開する上で重要となる、本部からの落とし込みを動画で一括で行うことでき、遠隔でも動画で出来栄えや実行度合を、部門を越えて確認ができるため、不要な手間を軽減して漏れなくスピーディーに事業をブラッシュアップしていくことが可能になります。また、企画やブランドコンセプトの背景や思いなど臨場感のあるメッセージを本部や経営陣から届けることで、スタッフの理解度・腹落ち度を高め、組織機動力を向上させます。
  • 販売トレーニング・売り場づくりなど消費者に合致したコミュニケーション強化

    • ・百貨店は、長年築き上げてきた老舗のブランド力・高級感のある内装・陳列などの売場企画力に加え、人材の接客力も高い品質が求められます。一方、GMSでは回転率の高い商品を数多く扱うため、商品知識の幅やセルフ販売しやすい売り場づくりに注力する必要があります。
    • ・ClipLineなら、販売や接客のコツ・商品の特徴・VMDの注意点などを分かりやすく可視化した動画を全社員に一括で共有することで、学習・キャッチアップの機会を素早く漏れなく効率的に提供し、また、各店舗から優良販売事例やノウハウを共有し合うことで、ナレッジの好循環を生み出します。
  • インバウンドや高齢者など親和性の高い顧客への対応サービス強化

    • ・今後の消費者はモノではなくサービス(コト)にお金を使う傾向が表れていると言われているため、余暇を有効活用するための娯楽や旅行、健康維持のためのスポーツ関連の支出が拡大傾向にあり、参入各社も関連サービスを取り入れ始めています。店舗内にバッグ・靴の修理店や、フットケアサロンなど健康・美容関連を中心に強化することで差別化を推進し、自社囲い込みへ注力していく必要があります。
    • ・ClipLineなら、環境変化によりサービスやオペレーションにアップデートが起きても、全店への動画共有で簡単に現場へ展開でき、現場での定着状況も確認できます。また、各店での成功事例の共有や、フィードバック・コミュニケーションをし合うことで、自律的な店舗づくりを促進します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(接客対応、商品管理、機器操作など)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。店舗ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、店舗のマネジメントの負荷軽減を実現します。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応・売上向上に繋がるセールス手法などを全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、「お客様に自然に話しかけるアプローチ方法」「商品に詳しくないお客様への案内・提案」といった売上向上に繋がる応対方法を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客・販売スキルを向上させ、顧客満足・売上向上に繋げます。

具体的な利用例#3

毎月の重点販売商品・販促施策の落とし込み

店舗側の理解度や温度感によって、重点販売商品の目標達成率は店舗ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、売り場での展開トークのお手本など売上向上に繋げるコツといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

売り場・VMDの指示とコンセプトの徹底

一方向的な本部からの落とし込みだけでは、店舗ごとに売り場にバラつきが出てしまいがちです。店舗から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「お客様の導線が狭くなっている」「この商品はもっと目立つ位置に配置して欲しい」といったレビューを本部やミドルマネージャーが返すことで、リモートでも業務品質の向上を行うことが可能となります。

具体的な利用例#5

各店の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#6

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が小売業の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。