化粧品・日用品販売

消費者ニーズやライフスタイルの多様化や市場の成熟化・縮小、EC市場の拡大といった課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上や経営の効率化が求められ、日々激変する化粧品・日用品販売業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

化粧品・日用品業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • ブランドを維持・構築し続けるマーケティングミックスの向上

  • PBブランド開発含め、交渉力の高い小売/流通の攻略

  • 競合との差別化・リブランディングの実施

ClipLineが解決する
業界課題

  • 全国に広がる美容部員・販売員・現場も巻き込んだ戦略・実行のPDCAを効率化

    • ・最終消費者からのアクセスを保つ上で流通/小売での棚の確保や、お客様へのサンプルサービスを提供するフィールドスタッフの価値は、マーケティングミックス上、非常に重要です。化粧サービス、売り場提案、店頭POP作成など多様な能力が求められます。一方で、全国に散らばるスタッフのサービス品質の向上、ノウハウ共有、品質マネジメントは本部からの情報を一方的に配信しているだけではなかなか成果を上げることができないでしょう。
    • ・ClipLineなら、接客対応のポイントやVMDのお手本などの動画を本部から共有し、商品案内ロープレや売り場の様子などを現場からあげてもらうことで、効率的にサービス・業務品質の向上を行えます。また、拠点ごとの売上向上に寄与した事例・ノウハウを横展開して競争意識を醸成することで高め合う環境を創出します。
  • 自社チャネルの拡充による価値創出

    • ・EC化へ対抗するべく、ブランド自ら店舗を構えたり訪問販売や、インターネット・動画を通じたコンテンツ配信といったチャネル拡充による、自社ならではの価値創出の必要性が高まっています。また、消費者が幅広いチャネルで接点を持てるよう、全体最適を目指して部門間を横断する取り組みもカギとなります。
    • ・ClipLineなら、新たな打ち手・オペレーションを展開する上で重要となる、本部からの落とし込みを動画で一括で行うことでき、遠隔でも動画で出来栄えや実行度合を部門を越えて確認ができるため、不要な手間を軽減して漏れなくスピーディーな事業展開が可能になります。
  • 最終消費者・流通と接するフィールドスタッフからのナレッジ還流

    • ・競合ブランドなどとの競争などトレンドや変化に敏感な消費者の動向を捉えるために、フィールドスタッフのフィードバックほど有益なものはありません。フィードバックをもとに柔軟かつ迅速な改善サイクルを重ねてこそ、最も顧客に選ばれるサービスの提供が実現されます。
    • ・ClipLineなら、現場ごとに反響の高い商品や案内・接客手法、フィールドスタッフの専門知識などを動画で本部へ共有してもらったり、拠点を越えてナレッジを共有し合うことで、全社一丸となって事業を改善していく好循環を生み出します。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(接客、機器操作、商品知識、オペレーションなど)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。拠点ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、店舗のマネジメントの負荷軽減を実現します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応・単価を上げるセールス手法なども全スタッフへ共有

「商品に不備があった際のクレーム対応」といったケースに応じた細やかな対応や顧客体験向上のための接客手法、「お客様のお悩みヒアリングから提案への繋げ方」「購入を迷うお客様への背中押し」といったお客様のご要望に応じたケースごとのアプローチや単価を上げるためのクロスセルのご提案などを、動画で伝えやすく可視化することで、スタッフの接客・販売スキルを向上させ、顧客満足の向上・売上の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

ミドルマネージャーからの重点施策の展開・落とし込みやVMD徹底

新施策や新商品などを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、拠点ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのようにすれば売上向上に繋がるのかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社の繰り返し伝達の手間も省きながら、全拠点の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。
また、拠点から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「この商品はもっと目立つ配置・装飾をして欲しい」といったレビューを返すことで、リモートでもVMDを徹底して業務品質向上を行うことが可能となります。

具体的な利用例#4

各拠点の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各拠点で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、拠点ごとに個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った拠点のベストプラクティスを、全国的に展開することで、スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#5

教育・研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずにスタッフ研修や加盟店教育を実施

拠点が離れている、勤務時間が合わない等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が販売業界の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。
役職や部門別・拠点別などでコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。