法人営業・販売

人材不足や営業スタイルの変化、規制への柔軟な対応といった課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上やシステムツールの有効活用、経営の効率化が求められ、日々激変する法人サービス業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

法人営業・販売業界のオペレーション・
拠点運営上の課題

  • ベテラン社員、中堅社員の営業力・販売力のバラつきが大きい

  • 新人戦力化までのリードタイムが長い

  • 新商品・新ソリューションの商品知識・販売ノウハウ構築に時間がかかる

ClipLineが解決する
業界課題

  • 暗黙知の共有による
    販売力アップ

    • ・中堅スタッフの営業販売力格差は事業の業績に大きな影響を与えます。各拠点の業績安定化や事業全体のスケールを考えたとき、各拠点に散らばったり、オンライン商談を展開する中で、中堅スタッフのレベルを把握して改善活動を進めるのには多くの手間がかかります。
    • ・ClipLineなら、お手本動画による標準化、現場からの動画投稿でスタッフ間の格差をデジタル上で把握できるほか、優秀なスタッフの暗黙知・ベストプラクティスを共有したり、コンテストが開催できたりと、全拠点を巻き込んで販売力を引き上げることができます。
  • 疑似現場体験・ロープレなど打席を増やすことによる
    経験スピード向上

    • ・新人が戦力化しない圧倒的な課題は、場数を踏んでいないことに原因があります。重要なお客様・引き合いの強いお客様はベテラン社員に多くまわされ新人は後回しにされがちではないでしょうか。また、トレーナーであるベテラン社員の力量によっても新人の戦力化の成否は大きく変わってきます。
    • ・ClipLineなら、デジタル上で課題を出して提案させる疑似ロープレを展開し、他の社員との差や、なかなか会うことのできない社員の販売方法を学び、場数を高速にこなしてのナレッジシェアも可能となります。
  • 本部と現場の距離を縮めて
    新商品・ソリューション展開を高速化

    • ・新商品や新ソリューションを営業/販売スタッフを通して適切に顧客に提案するスピード感は組織力・マネジメントが問われる大きなシーンです。組織の慣性に負けず、新しい取り組みを組織に落とし込み・小さな成功を積み重ね、収益の柱にできるか否かは本部の支援が一つの肝となります。
    • ・ClipLineなら、重要ポイントなど本部からの落とし込みを全国の社員に動画で一括で行うことで、素早く漏れなく展開し、また、変化の背景など臨場感のあるメッセージもあわせて届けることで、社員の腹落ち度を高めます。その後の実行度やオペレーション品質なども遠隔でも動画でチェックできるため、落とし込みの徹底と改善を習慣的に定着させ、組織の強度を高めます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

マナー・商品知識など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(顧客対応マナー、自社商品知識、システムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育担当者の工数を削減します。また、社員が練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スキル向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

単価アップにつなげるコンサルティングセールスのトレーニング

「お客様の購入動機が明確ではない時のヒアリング」「プラスアルファで商品提案をする際のアプローチ」「お客様の不安材料をなくす応酬話法」等お客様のご要望に応じたケースごとのアプローチや、クロスセルのご提案、アフターフォローなどを、動画で伝えやすく可視化することで、営業スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#3

各拠点の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各拠点で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、営業員には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上に繋がるノウハウを持った営業員のベストプラクティスを、全拠点へ展開することで、社員のモチベーションアップにもなり、営業スキルを底上げすることができます。

具体的な利用例#4

毎月の重点販売商品の落とし込み

店舗側の理解度や温度感によって、重点販売商品の目標達成率は拠点ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、展開トークのお手本など売上向上に繋げるコツといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、全拠点の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

社長・ミドルマネージャーからのメッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。