コンビニ

市場の成熟化、異業種との競争激化、人材不足などといった課題が山積する中で、システムツールによる業務効率化や差別化による品質向上が求められ、日々激変するコンビニ業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

コンビニ業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • フランチャイジー経営者やアルバイトから選ばれる経営支援・人材支援の構築による店舗網・スケールメリットの拡充

  • PB商品や品揃え拡充・新サービスによる競合差別化

  • 適切な商品・在庫マネジメントによる常時陳列と在庫ロスの削減

ClipLineが解決する
業界課題

  • 店舗オーナー確保とアルバイトの人材不足対策と満足度向上

    • ・コンビニエンスストアは全国の店舗ネットワークを武器に、仕入れ・マーケティング等でスケールメリットを活かすビジネスで、フランチャイズシステムの採用が特徴です。一方で、市場はオーバーストア気味かつ、従業員となるアルバイトスタッフは人材不足の状況で、店舗オーナー・スタッフ確保の支援は必須です。
    • ・ClipLineなら、教育のポイントなどを動画で共有して、勤務時間やエリアを問わないキャッチアップを可能にして負荷を減らし、また、本部・指導者や他店スタッフ間での定期的なコミュニケーションの一環として一人一人への個別メッセージ機能を活用することで、スタッフの満足度を高めることができます。これにより、店舗オーナーの教育・マネジメントの負荷も軽減されます。
  • 顧客のニーズに合致する商品のVMDの強化

    • ・限られた商品を値引きせず如何に回転率を高めるかが肝となる販売モデルのため、地場の顧客のニーズに合致する売り場・品出し・在庫拡充が重要です。また、廃棄ロスはフランチャイザーが持つため、在庫管理の重要性は高いです。
    • ・ClipLineなら、本部から商品や季節などに応じてVMDのお手本動画を共有するなど、回転率向上のための施策を各店ごとへ落とし込むことが可能となります。また、現場ごとに、反響の高い商品や陳列などを動画で本部や他店へ共有してもらい、拠点を越えてナレッジを共有し合うことで、本部と現場が一丸となった売上向上の好循環も生み出します。
  • フランチャイジー・現場に負担のない付加価値・人的サービスの落とし込み

    • ・淹れたてコーヒーや野菜、またフリマアプリの配送サービスなど全国のネットワークを活かし外食や異業種の顧客を獲得していることが客数増・客単価に寄与している一方、新しいサービスや商材を展開する上では、現場への教育トレーニング・腹落ちが重要になります。
    • ・ClipLineなら、新たなオペレーションにおける重要ポイントなど本部からの落とし込みを全国のスタッフに動画で一括で行うことで、素早く漏れなく展開し、また、ポイント解説といった臨場感のあるメッセージもあわせて届けることで、スタッフの腹落ち度・実行度を高めます。その後の実行度も遠隔でも動画でチェックできるため、本部にも現場にも負荷なく、多くのオペレーションをスムーズかつ高品質に展開していくことが可能となります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

接客、機器操作など新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客、レジやシステムの操作、品出し作業など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数削減やスタッフの安心感醸成を実現します。

具体的な利用例#2

新オペレーションをスムーズに展開・浸透

宅配BOXの設置や料金支払いなど、次々に新たなオペレーションが必要となり、シフトが異なる中で全てのスタッフに漏れなく展開する必要があります。本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、繰り返し伝達の手間も省きながら、実行率を向上させ提供品質のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#3

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」「混雑時のレジでの動き方はどうすればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足向上に繋げます。

具体的な利用例#4

各店の販売ノウハウや優良事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした顧客満足に繋がる接客やVMD等のノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#5

教育動画に外国語字幕を付けることも可能

動画作成は、英語、中国語、ベトナム語、ネパール語、 ミャンマー語、日本語の6か国語の字幕に対応しています。外国人スタッフの確認テストの正答率が 1 割以上 向上したなど教育効果への実績もあり、外国人スタッフの自律学習を促進します。