建設工事・建材住設

従業員の高齢化の進行、若手への技能継承、提案力の向上など課題が山積する中で、従来の工法・オペレーションからの変革や付加価値向上・新たな競争戦略を求められる建設工事・建材住設業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

建設工事・建材住設業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 人材不足と技術力の低下

  • 採算性重視の確保のための生産性向上への投資

  • リニューアル工事・保守点検・差別化に繋がる高付加価値商材など成長性・利益率の高い分野への進出・強化

ClipLineが解決する
業界課題

  • 技術継承と多能工化

    • ・業界内の人材の高齢化が進み、技術と経験が豊富なベテラン技術者が大量かつ一気に抜けることにより、施工現場での技術力の弱体化が懸念されています。今後は、技術・ノウハウを伝授していくことが各社に求められます。また、リフォームなど一部領域では分業ではなく複数職能を一人で手掛ける多能工化が求められます。
    • ・ClipLineなら、現場の技術力維持に欠かせない技能継承の仕組みの構築を実現。熟練スタッフの暗黙知を全ての従業員に形式知化し、研修工数の削減やスキルレベルを標準化。身につけてほしい職能や従業員の習熟度に合わせたカリキュラム設定を行うことができ、効率的な人材育成が可能です。
  • 生産性向上への投資と、若者・女性などが魅力のある労働環境の構築

    • ・採算性の高い案件を増やし利益を確保するためには、利益率の高い案件の見極め・受注活動のみならず、オペレーション全体の生産性向上が必須です。省力化・短工期化に向けた工法開発や現場への展開に加え、現場スタッフへの育成支援・評価など 人材マネジメント領域においても各社の取り組みが大きな影響を生みます。
    • ・ClipLineなら、技術革新による新たな工法・オペレーションの落とし込みの効率化など、従来大きく人的コストや工数がかかっていた業務を改善していくことで、現場への意図の伝達やフィードバックのレベルが上がり、従業員満足度が向上。業務の効率化も実現し慢性的な人手不足や構造的課題の解決の一助になります。
  • 長期的な関係性構築や差別化に繋がる技術・新商品のアピール強化

    • ・競争が激化する建設工事業界のなかで、保守点検やリフォーム・リニューアル工事などアフターメンテナンス領域の成長が大きくなっています。また、建材住設業界でも新技術を生かした住み心地の良い製品開発など付加価値の高い新商品の開発がさかんです。本部の戦略や新たな技術を収益に転換するには、施工後の関係性を見越したコミュニケーションや、新商品をアピールする機会でのお客様に伝わるコミュニケーション・営業強化まで支援する必要があります。
    • ・ClipLineなら、重要な顧客接点を担う販売・営業・サービススタッフの品質向上を実現。顧客満足度を高める上で有効だった、なかなか言語化が難しいペストプラクティスの共有やロールプレイングの実施などで、スキルの標準化、底上げを実現しで組織機動力を向上させます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

新人・若手社員へのスムーズな技能継承

現場の生産性を落とさずに従業員の人手不足を防ぐには、キャリアの薄い従業員への教育コストを抑えつつ、効率的・効果的な業務の浸透を実現する必要があります。従業員ごとのカリキュラムを設定し、習熟度を測りながら効率的に学習を行うことで、早期の習熟を促します。

具体的な利用例#2

熟練スタッフの暗黙知の共有

建設・工事現場では特に課題となる、現場の技能継承や暗黙知を動画を使って共有、形式知化していくことで、熟練した技術やノウハウをキャリアの薄い従業員でもインプットが可能。業務品質の底上げを実現します。

具体的な利用例#3

プロジェクトで生まれたベストプラクティスを共有

プロジェクトの中で生まれた新たな技術の活用や顧客満足度を高めた事例などのベストプラクティスを展開することができ、組織全体の底上げ、モチベーションアップを図ることができます。

具体的な利用例#4

新たな工法・オペレーションをスムーズに展開・浸透

新たな工法やオペレーションを展開する際に、従来のアナログ手法で現場ごとに落とし込みを行うと、人や拠点ごとに理解度や正確性にバラつきが生じてしまいがちです。変更点やどのような点に注意すべきかといった具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、繰り返し伝達の手間も省きながら、生産性のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

本部からの指示やトップからのメッセージの発信

競争が激しく、変化が求められる業界において、自社の提供価値や有りたい姿などをきちんと現場まで落とし込むことは非常に重要です。動画でのメッセージにより、本部・経営層の思いを発信することで、現場の納得度やモチベーション向上に貢献します。