クリーニング

消費者ニーズやライフスタイルの多様化、洗濯技術の進化、異業種からの参入といった課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上や経営の効率化が求められ、日々激変するクリーニング業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

クリーニング業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • オフィスカジュアル・コロナによる在宅勤務などクリーニング必須衣類の使用頻度減少

  • 家事代行サービスやコンビニなど異業種からの参入の増加

  • 消費者の節約志向・洗濯機の技術革新などクリーニング需要の低減

ClipLineが解決する
業界課題

  • 季節のキャンペーンのバラつき改善や追加サービス徹底による付加価値向上

    • ・従来からの季節のキャンペーンに加え、衣類の長期保管やコンビニ引き渡し、家庭で洗濯できない高価衣類の取り扱いなど、高付加価値サービスの開発の必要性が高くなっています。一方、アルバイト/パートスタッフが中心の店頭に置いて、すべての顧客接点で適切に新商品・サービスを提案することは容易ではありません。
    • ・ClipLineなら、新たなオペレーションやキャンペーンの落とし込みもポイントを動画で可視化して、加えて、なぜ行うかの背景や込められた思いも動画メッセージで伝えることで腹落ちを促進させます。現場から動画をあげてもらうことで実行度合も確認でき、バラつき無く全店へ伝達することが可能となります。これにより店舗に落とし込まれるまでのタイムラグがなくなり、スピーディーな事業展開を行えます。
  • 店舗や工場のアルバイト/パートスタッフの即戦力化・業務品質

    • ・クリーニング店舗のスタッフは、アルバイト/パートの方が多い一方、衣類の仕分け・多くの取扱商品・配送手配などの店舗業務、あるいは折り畳みなどクリーニング工程における大量の作業などスタッフが覚える業務が多くある一方、店舗や各エリアのクリーニング所は分散しておりマネジメント難易度が高くあります。
    • ・ClipLineなら、指導内容を分かりやすく動画にすることで、教育担当者が繰り返し教えなければならない、教え手によって伝え方が異なってしまい業務品質が担保できない、といった事態を防ぐことができ、また、遠隔でも動画や写真で出来栄えを確認できるため、教育担当者やマネージャーの工数をかけずに、新人スタッフを即戦力化することができます。
  • M&Aや店舗数・新業態に向けたミドルマネジメントなど間接人件費の縮小

    • ・事業継承に苦しむ個人店の買収、宅配クリーニング、法人向けリネンサプライなど周辺業態の拡大が続くクリーニング業界において、統合後のPMIや業務品質の水準を高めるマネジメントに人件費・工数がかかりがちです。
    • ・ClipLineなら、統合後のオペレーションの落とし込みや各店舗の品質管理も動画で遠隔で行えるため、本部やマネージャーの負荷を軽減し、本来は不要な手間やコストをしっかり削減して、財務体質を強固に。また、現場と本部の意思統一が早期に実施され、競争優位性の体現・実行の確度を高めます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(接客対応、機器操作、業務手順など)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。店舗ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、マネジメントの負荷軽減を実現します。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、「アプリ会員登録を促すご案内方法」といった顧客接点に繋がるオペレーションなど、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフのホスピタリティや接客スキルを向上させ、顧客満足の向上・売上の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

新オペレーションやキャンペーンをスムーズに展開・浸透

新たなオペレーション・キャンペーンを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、人や現場ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのような点に注意すべきかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社や指導者からの繰り返し伝達の手間も省きながら、現場の実行率を向上させバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

各店の業務ノウハウや営業優良事例などベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の作業法や法人受注営業の優良事例など、実は、社内には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした顧客満足・売上向上に繋がるノウハウを持った店舗・社員のベストプラクティスを、全社へ展開することで、モチベーションアップにも繋がり、品質・スキルを底上げすることができます。

具体的な利用例#5

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

拠点が離れている、勤務時間が合わない等の理由でなかなか集合研修がしづらい点がクリーニング業界の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。