保育サービス

人材の確保や離職率の抑制、児童の確保、サービスレベルの維持向上など課題が山積する中で、高い品質での確実な業務と新たな付加価値を求められる保育サービス業界において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

保育サービス業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • サービス品質を高く保ち、リピート率や評判を高め利用家庭・児童を確保

  • 拡大する需要を背景に新規参入が増加するなか、差別化や独自性の打ち出しの必要性が高まる

  • 労働集約ビジネスのため、保育士の満足度や人材確保の必要性

ClipLineが解決する
業界課題

  • OJTや集合研修のデジタル化による保育サービスの品質向上・バラツキ改善

    • ・保育サービスは児童への接遇、読み聞かせ、注意など振る舞い、クラス運営など身体や実技が伴います。座学研修やマニュアルのみならず実技トレーニングが必須ですが、各園での取り組み状況は本部から見えず品質がバラツキがちです。
    • ・ClipLineなら、言語化が難しい実技が伴う業務の定着の仕組みを動画で構築。リモートでの研修の後実践動画を撮って報告し定着度を測ったり、習熟度に応じてカリキュラム設定を行うことで、業務品質のバラつきを防ぐことができます。
  • 企業ごとの特徴となるアクティビティやサービスの落とし込み

    • ・様々な業界からの参入が増えると同時に、バイリンガル保育園、英才保育・小学校受験向けの保育園、自然体験やアウトドア体験をおこなう保育園など、園の特徴となる差別化となる体験・サービスの提供が必須となり、各スタッフの品質向上・落とし込みが必須になってきます。
    • ・ClipLineなら、新たなオペレーションやサービス内容の落とし込みを各拠点でスムーズに行い、標準化に向かうプロセスを整備することができます。園児や保護者の反応など、現場からのフィードバックも併せて行うことで、、サービス・業務品質を磨き上げながら新たな仕組みと提供価値を構築することが可能です。
  • 充実した労働環境構築による保育士の確保

    • ・高まる保育ニーズに対し保育士の確保は急務です。新たな保育士を確保することのみならず、一度引退した休眠保育士・潜在保育士に再度復帰することも1つの手法となります。そのためには園での教育オペレーションの効率化など今働く保育士の満足度を高め職場としての魅力を高める必要があります。
    • ・ClipLineなら、OJTや研修のデジタル化で教育コストを削減するほか、保育士の業務の中で大きな負荷になる日々の報告業務や他のスタッフへの引き継ぎ・園児についての情報共有をデジタル化することで大幅に業務効率を改善することができ、従業員満足度を向上。慢性的な人手不足や、労働時間が長くなりがちな保育士の構造的課題の解決の一助になります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

オペレーション・手順をスムーズに展開・浸透

新たなオペレーションを展開する際に、従来のアナログ手法で本部からの落とし込みを行うと、人や拠点ごとに理解度や正確性にバラつきが生じてしまいがちです。変更点やどのような点に注意すべきかといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、繰り返し伝達の手間も省きながら、品質のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#2

熟練スタッフの暗黙知の共有

児童との向き合い方など、熟練スタッフの技能継承や暗黙知を動画を使って共有、形式知化していくことで、キャリアの薄いスタッフでもインプットが可能。業務品質の底上げを実現します。

具体的な利用例#3

ケースに合わせた児童・保護者対応のベストプラクティスを全スタッフへ共有

児童の状態・ケースに応じた細やかな対応や、保護者とのコミュニケーションのコツなど、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの業務品質を向上させます。

具体的な利用例#4

組織内での情報共有

保育士の業務を大きく圧迫する児童と接している時間以外の報告や引き継ぎ業務を動画での報告に置き換えることで、業務時間の削減と効率化を実現します。

具体的な利用例#5

新人・休眠保育士の即戦力化

従業員ごとのカリキュラムを設定し、習熟度を測りながら効率的に学習を行うことで、早期の習熟を促進。キャリアの薄いスタッフや、一定期間現場を離れていたスタッフへの教育コストを抑えつつ、効率的・効果的な業務の浸透を実現します。