自動車販売・カー用品

他業種との競争激化、販売形態の多様化やシェアリングエコノミーの台頭による店舗意義の希薄化、顧客の消費マインド変化への柔軟な対応といった課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上や経営の効率化が求められ、日々激変する自動車販売業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

自動車販売業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • カーシェアリングやネット販売など、新たな代替機能・ビジネスモデルの普及による競争激化

  • 若年層の車離れや環境意識の高まりなど、消費者マインドの多様化

  • 優秀な営業員の確保が難しく、販売スキルの底上げによる経営効率化が求められている

ClipLineが解決する
業界課題

  • 販売員の商談レベルの
    バラつき改善と顧客体験向上

    • ・商品単価が比較的高額で顧客が合理的に判断を下す自動車販売においては、顧客の的確なニーズ把握とソリューション提案が販売の肝となります。一方で、それを高いレベルで実施できている優秀な営業員は少なく、限られた販売員が売上の大半を担う2:8の構造になりがちです。また、多店舗ビジネス業態では店舗間でのナレッジ共有といった対応策を講じることがなかなか難しいのが実情です。
    • ・ClipLineなら、商談ノウハウの可視化や、店舗をまたいだケース共有により学び合う環境を創出し、また、実際にやってみる機会を提供することで、中間層・下位層のスキルレベルを引き上げることができます。
  • 新しいビジネスモデルの
    徹底的な落とし込み

    • ・「販売」から「共有」へと変化する自動車業界において、川上・川下問わず従来の業界垣根を超えた変革が進むことが予測されます。一方で消費者との接点が近い自動車販売・カーメンテナンス領域のプレイヤーはリスクだけでなく新たな市場機会に向けた組織的な対応が求められているといえるでしょう。
    • ・ClipLineなら、自社事業における新規事業や新しい取り組みを、全国に広がるスタッフに伝え、本部が掲げる変革のスピードを高めることができるほか、各地で生まれた好事例を集め、全国的な規模で、ナレッジ展開・コミュニケーションの好循環を生み出し、店舗への落とし込みの徹底を習慣的に定着させます。
  • 収益源となるアフターマーケットサービス需要の獲得による経営の安定化

    • ・消費者マインドが多様化し従来の販売ニーズが低下する中で、車検・点検・メンテナンスといった収益性の高いアフターマーケットサービスの需要をいかに獲得するかが重要となってきます。
    • ・ClipLineなら、こうしたサービスを展開する上で、重要となる本部からの落とし込みを動画で一括で行うことで、素早く漏れなく展開することができ、また、遠隔でも動画でオペレーションの品質をチェックできるため、不要な手間を軽減して顧客のニーズに寄り添ったサービスのブラッシュアップが可能になります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客、機器やシステムの操作、商品知識など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」「購入いただいたお客様からの電話にはどう対応すればよいか」といった、ケースに応じた細やかな対応や、顧客体験向上のための接客など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフの接客スキルを向上させ、顧客満足の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

単価・粗利アップにつなげるコンサルティングセールスのトレーニング

「お客様の購入動機が明確ではない時のヒアリング」「プラスアルファで商品提案をする際のアプローチ」「お客様の不安材料をなくす応酬話法」等、お客様のご要望に応じたケースごとのアプローチや、クロスセルのご提案、顧客体験向上のための接客手法などを、動画で伝えやすく可視化することで、スタッフの販売スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#4

各店の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#5

社長・ミドルマネージャーからのメッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。

具体的な利用例#6

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が小売業の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。
役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。