ブライダル(冠婚葬祭)

感染症拡大による利用顧客数の減少、顧客の消費マインド変化への柔軟な対応、新規参入による競争激化といった課題が山積する中で、差別化によるサービス品質向上や経営の効率化が求められ、日々激変する ブライダル(冠婚葬祭)業界において、デジタルを活用した 多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

ブライダル業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 周辺サービスを含めた質の高い企画力・提案力向上による競争力確保や単価向上が急務

  • 比較サイトなど他者比較に負けないブランド力の確立

  • 周辺サービスを含めた顧客ライフタイムバリューの向上

ClipLineが解決する
業界課題

  • 顧客の多様なニーズを受け止め、提案力に活かす販売強化

    • ・少人数挙式、フォトウェディング、1.5次会、LGBTなど、多様化するニーズに幅広く対応ができる式場は、顧客へ選ばれるための大きな条件の一つとなりますが、事業運営においては、どんな店舗でもバラつきなく対応可能な体制の構築がネックとなりがちです。
    • ・ClipLineなら、ケースに応じた対応方法を本部から全店へ配信することで、スタッフはいつでもどこでも繰り返し動画を確認できるので業務・スキルの定着度が高まり、また、他店のベストプラクティスなどを共有し合うことで磨きをかけ、スタッフの提案力・販売力も向上させます。
  • ブランドを維持して
    もう一度利用したいと思わせるサービス品質の維持

    • ・感染症拡大が止まず、当分続く顧客獲得競争に打ち勝つためには、ご利用者様に飲食店など別サービスでも再度ご利用いただけるのは勿論のこと、招待顧客が訪れた際にも自分も利用したいと思わせるような顧客満足度を高めるホスピタリティ、サービス品質の維持がカギとなります。
    • ・ClipLineなら、顧客満足度を高める接客・取り組みを本部から具体的に動画で落とし込み、スタッフには実践動画を投稿してもらうことで遠隔でも現場モニタリングができ、サービス品質向上による顧客満足度向上を実現することができます。
  • アニバーサリーサービスや宿泊・関連商品販売と組み合わせる事業戦略を現場で体現

    • ・挙式でのご利用に留まらず、定期的なライフイベント等で接点を持ち、ご利用者様の生涯を通じてのパートナーとなるべく事業設計を行うことは重要な事業戦略であり、これを各現場にも丁寧に落とし込みを行うことで、他事業との相乗効果が生み出され、組織の強度は高まります。
    • ・ClipLineなら、各事業のオペレーションも動画で可視化して発信し、入社時期や経験に関わらずスタッフの実行率を最大化。トップや本部から事業に対する思いも乗せて発信することで、一人一人のスタッフへ理念・指針を浸透させ、企業一体として目指す世界観を実現することができます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を動画で早期習得させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(接客、バックヤード業務、機器やシステムの操作など)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減します。また、スタッフが練習した様子の動画を、お手本動画とも比較して定着度・習熟度を確認したり、マネージャーからフィードバックを行うことができ、スタッフの安心や業務品質の向上へ繋げます。

具体的な利用例#2

ケースに合わせた接客対応・単価を上げるセールス手法なども全スタッフへ共有

「お客様からのクレームにどう対応すればよいか」といったケースに応じた細やかな対応や、単価を上げるためのクロスセル手法など、オリエンテーションだけでは落とし込みきれない内容を、動画で伝えやすく可視化して全スタッフへ配信することで、スタッフのホスピタリティや接客・提案スキルを向上させ、顧客満足の向上・売上の向上に繋げます。

具体的な利用例#3

各店の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各店で生まれた独自の販売手法や成功事例など、実は、店舗には個性という暗黙知が多く存在しています。こうした売上向上・顧客満足に繋がるノウハウを持った店舗のベストプラクティスを、全店へ展開することで、店舗スタッフのモチベーションアップにもなり、業務品質を底上げすることができます。

具体的な利用例#4

ミドルマネージャーからの重点施策の展開・落とし込み

新オペレーション・新施策などを展開する際に、従来のアナログ手法で本社からの落とし込みを行うと、店舗ごとに理解度や実行率にバラつきが生じてしまいがちです。何故これを展開しているのか、どのようにすれば売上向上に繋がるのかといった、本社からの具体的な落とし込みを、動画で一斉に行うことで、本社の繰り返し伝達の手間も省きながら、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#5

研修内容を動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が冠婚葬祭業の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。 役職レベルや拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。

具体的な利用例#6

社長・ミドルマネージャーからのメッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。