アパレル

ECに対抗した付加価値の創出、顧客ライフスタイル変化への対応、ミドルマネージャーの負荷の増大といった課題が山積し、日々激変するアパレル業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

アパレル業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 存在感を増すインターネット通販を見越した
    店舗ならでは付加価値と利益の創出

  • コロナウイルスに伴う経済活動の変化に耐えうる店舗コストの削減

  • 家具・生活雑貨など取扱商品の増加や
    ライフスタイルの細分化に伴う販売難易度の向上

ClipLineが解決する
業界課題

  • ライフスタイル・コーディネート提案など販売員個性やナレッジを循環させ、ECに負けない店舗価値と売上のバラつき改善を推進

    • ・競合の増加、お客様の志向や選択肢の広がり、EC販売チャネルの増加に伴って、お客様に気付きを促し最適なご提案をする販売の難易度は高まっています。加えて、流行性があり時間が経つに連れて価格が下がらざるを得ないアパレル商品においては、一定期間で売り切る能力が求められます。
    • ・ClipLineなら、本部・商品企画部・バイヤーの思いやベテラン販売員のお手本を展開するだけではなく、他店の優秀な販売員のスキルを共有することで、販売ナレッジを蓄積し、販売力強化に取り組むことができます。
  • 高い正社員比率を武器に、
    マルチ店長制度を推進して
    コスト構造変革し、
    店舗利益率を高める

    • ・店舗のコストのうち、ミドルマネージャーや店長の人件費が占めるコストは比較的多いのが実情です。家賃や販売に必要なシフトの調整などもさることながら、店舗に配布されるミドルマネージャーのコストを少なくすることはコスト競争上、大きなポイントになります。
    • ・ClipLineなら、店舗運営に必要なポイントや本部からの重点施策などを学習教材として落とし込めるため、新人のキャッチアップを素早くすると同時に、店長は動画を使って各店舗に指示・メッセージを出せたり、店舗の様子を動画でモニタリングができ、複数店舗のマネジメントを効率的に実現できます。
  • ECと連動したOMOや
    メディアとしての店舗・
    売り場を確立し、トータルで見た店舗の役割・顧客体験を最適化

    • ・EC化率の増加により、店舗や販売員の役割が大きく変化しています。ネットを見ているだけでは得られない気付きを提供したり、あるいは、ネットと連動した店舗づくりや販売コミュニケーションを構築することで、最適なお客様体験を提供できるチャンスでもあります。
    • ・ClipLineなら、本部主導で行うネット施策の店舗への落とし込みや、各スタッフの接客などの成功事例を共有して、新しい顧客体験の創出へシフトするスピードを高めることができます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

店舗運営業務を早期習得
させ新人を即戦力化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならない研修やOJTの内容(レジ対応、商品管理、店内のご案内、裾上げなど)をカリキュラムごと動画コンテンツ化。店舗ごとにバラつきが生じがちなスキルの底上げ・標準化と同時に、店舗のマネジメントの負荷軽減を実現します。

具体的な利用例#2

売り場・VMDの指示と
コンセプトの徹底

一方向的な本部からの落とし込みだけでは、店舗ごとに売り場にバラつきが出てしまいがちです。店舗から売り場の状況を動画や写真で提出してもらい、「お客様の導線が狭くなっている」「この商品はもっと目立つ位置に配置して欲しい」といったレビューを本部やミドルマネージャーが返すことで、リモートでも業務品質の向上を行うことが可能となります。

具体的な利用例#3

毎月の重点販売商品の
落とし込み

店舗側の理解度や温度感によって、重点販売商品の目標達成率は店舗ごとにバラつきが出てしまいがちです。何故これが重点販売商品なのか、売り場での展開トークのお手本など売上向上に繋げるコツといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで、全店の実行率を向上させ成果のバラつきを防ぎます。

具体的な利用例#4

社長・ミドルマネージャー
からのメッセージや
社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。

具体的な利用例#5

単価・粗利アップに
つなげるコンサルティング
セールスのトレーニング

「お客様がきょろきょろしている時のアプローチ方法」「商品を触っている時のアプローチ方法」等のケースに応じた細やかなアプローチや、客単価を上げるためのコーディネート、顧客体験向上のための接客手法などを、動画で伝えやすく可視化することで、スタッフの販売スキルを向上させ、売上向上に繋げます。

具体的な利用例#6

実店舗にとどまらない
接客のクオリティ向上

昨今では、店舗スタッフは、店内の通常接客だけにとどまらず、SNSやライブコマース等を活用した魅力的な情報発信やオンライン接客まで求められるようになってきました。こうした各種ツールを使いこなすためのコツや優良スタッフのお手本実例などを動画で分かりやすく可視化展開することで、店舗スタッフの接客スキル向上を加速し売上向上に繋げます。