農水産業

慢性的な人手不足、日々変化する技術や自動化への対応、熟練したスタッフによる技能継承の難しさなど課題が山積する中で、従来の手法からの変革や価値向上を求められる農水産業において、デジタルを活用した多拠点マネジメントの実現をClipLineがご支援します。

農水産業界のオペレーション・
店舗運営上の課題

  • 技術革新による高付加価値商品化や加工・流通への参入による利益向上

  • 機械化・自動化による生産性の向上

  • 労働人口減少と若者の担い手不足による人手不足

ClipLineが解決する
業界課題

  • 商品開発やバリューチェーンの拡張を実現する多能工化を支援

    • ・農水産業においては利益を確保するために、高付加価値商品の開発や加工流通分野への進出が推進されています。高付加価値商品をはじめ複数商品の生産するためのオペレーションの展開や加工流通のための作業ノウハウなど多能工化を推進することで限られた人数で効率的な生産を支援することができます。
    • ・ClipLineなら、ビジネス拡大に伴い必要なスキルや新領域の知識のインプット、スムーズな習得に貢献。人財の効果的・効率的な育成を通して組織力の向上を実現します。
  • 機械化・自動化の推進など技術革新による
    効率化推進の支援

    • ・農業では各種作業の機械化・自動化がすすみ、漁業では養殖の加速化など労働集約性の高かった農水産業においても、低い生産性を脱却する動きが多く見られます。一方、機会を扱う従業員は慣れが少なく、オペレーションの落とし込みが必須です。
    • ・ClipLineなら、機械化・自動化に伴う新たなオペレーション、機械の活用方法などをバラつきなくインプット。高齢の従業員や外国人への教育も効果的に実施ができ、業務効率化を加速することができます。
  • ノウハウ共有や従業員満足度向上に伴う人手不足解消への一手

    • ・農水産業の人手不足は著しく特に若者の担い手不足が大きな問題となり、農地放棄や行業活動の減少につながっています。若者を引き付ける施策は非常に重要性が高く、そのための一手として働きやすい環境の構築は優先順位が高くなることが予想されます。
    • ・ClipLineなら、情報共有やオペレーションの落とし込みの効率化など、従来大きく人的コストや工数がかかっていた業務を改善していくことで、現場への意図の伝達やフィードバックのレベルが上がり、従業員満足度が向上。慢性的な人手不足や構造的課題の解決の一助になります。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

新たなオペレーションのバラつきのない落とし込み

技術革新が日々起きるなか、業務効果の向上という成果を指すためには不可欠な現場従業員やマネージャーの素早いキャッチアップやオペレーションの定着を動画で実現。操作方法のインプットだけでなく実践した動画をマネージャーがフィードバックすることもできます。

具体的な利用例#2

リモートで現場や拠点の業務をモニタリング・指示の徹底

普段の業務がしっかり遂行されているか、本部からオペレーションの落とし込みを行った後もしっかり実行されているかを、現場から動画や写真で提出してもらい、マネージャーから指導・レビューを返すことで、リモートでも業務品質チェックを行うことが可能、マネージャーの負担を軽減します。

具体的な利用例#3

熟練スタッフの暗黙知の共有

第一次産業では特に課題となる現場の技能継承や暗黙知を動画を使って共有していくことで、熟練した技術やノウハウをキャリアの薄い従業員でもインプットが可能。業務品質の底上げを実現します。

具体的な利用例#4

新人教育・技能習得のデジタル化

新人や若い従業員への教育を動画でスムーズに行うことができます。特に言語化が難しいノウハウ、技術の共有・継承・習得を動画を用いて効率化。教育コストや研修コストをともに削減することができます。

具体的な利用例#5

法令に遵守したオペレーション・体制整備の浸透

コンプライアンスが重要視されるなか、HACCP対応や「食の安全」への理解などを動画を用いて従業員に浸透させ、オペレーションや体制整備を漏れなく行うことができます。