専門小売

商品のコモディティ化が早く、顧客の購買プロセスの多様化・複雑化に対して、サービスの差別化や付加価値の向上が求められ、日々激変する専門小売業界において、デジタルを活用した多店舗マネジメントの実現を、ClipLineがご支援します。

専門小売業界のオペレーション・
支店/拠点運営上の課題

  • コンビニ・ホームセンター等の一般流通企業・D2Cなど異業種の参入により顧客の選択肢が増えている

  • コト消費の増加や買回り品・高付加価値商品の提供に伴い、店舗体験・人財のサービスレベル向上を含めたブランド力強化が求められる

  • 多様な品ぞろえや買い替えを狙う新商品投入・シーズン商戦など販売ノウハウ・知識の横展開が必要

ClipLineが解決する
業界課題

  • サービスレベルや専門性の引き上げで顧客体験向上を追求

    • ・専門小売店として、顧客のライフスタイルやコーディネート、カウンセリングなど専門的な顧客対応が求められるなかで、販売員や店舗によるサービスレベルや商品知識のバラつきは顧客体験を左右する大きな課題となります。ブランド価値保持の観点からも安定的なサービスレベルの提供が不可欠です。
    • ・ClipLineなら、店舗間をまたいだノウハウの共有が容易にでき、現場からの動画投稿でスタッフのスキルを可視化、店舗の教育リソースや質に依存しないサービスレベルの引き上げができます。
  • 高付加価値商品・注力施策の落とし込みで、商機を逃さず売り上げ拡大

    • ・新商品のリリース時期やイベントなど繁忙期での売り上げは重要なポイント。現場の販売員へのインプットや「勝ち筋」となるノウハウの構築はできるかぎり時間をかけず、効率的に行っていく必要があります。
    • ・ClipLineなら、注力施策におけるポイントを動画で一括でインプットすることで、現場のスピーディーなキャッチアップが可能に。その後も拠点ごとのナレッジや成功事例を共有することでノウハウを蓄積し、商機における効果の最大化を促進します。
  • 専門人材の確保と教育プログラムの効率展開

    • ・多くのユーザーに愛され熱心なファンを持つブランドにこそ、あらゆる顧客ニーズに対応できる商品知識・接客レベルをもつ人材が求められます。逆に、ブランドを育て顧客をファン化していくためにも各スタッフが商品知識やサービス品質を高め、競合・異業種の参入に対して優位な組織を効率的につくることが必要です。
    • ・ClipLineなら、専門人材の育成に必要な教育プログラムを効率的に展開することが可能。ブランドを支える優秀なスタッフの暗黙知・ベストプラクティスを共有し、知識や品質の向上につなげることもできます。

ClipLineの運用による
課題解決

具体的な利用例#1

商品知識、接客対応などの教育・オリエンテーションのデジタル化

専門小売店として不可欠である豊富な商品知識や接客対応スキルをもれなく身に着けるため、くりかえし参照できる動画コンテンツを揃え、フォローアップの仕組みを構築。インプットできたかどうかの確認やフィードバックも行うことができ、効率的なスキル向上に役立ちます。

具体的な利用例#2

各拠点の販売ノウハウや成功事例のベストプラクティス・暗黙知を横展開

各拠点で生まれた独自の販売手法や成功事例など、点在する暗黙知は売上向上に繋がる大きなヒントです。こうしたベストプラクティスを全拠点へ展開することで、社員のモチベーションアップにもなり、営業スキルを底上げすることができます。

具体的な利用例#3

商戦期の重点戦略の落とし込み

年末年始や新年度などの繁忙期、新商品や重点商品の販売戦略や施策を、全拠点にきちんと落とし込めることが売り上げにつながります。施策の根拠やコツなど、本部からの具体的な落とし込みを動画で一括して行うことで、拠点ごとの実行率のバラつきを防ぎ、売上向上につなげます。

具体的な利用例#4

自社の価値や目指す姿を伝えるメッセージを動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。

具体的な利用例#5

研修内容も動画コンテンツ化し、集合せずに研修を実施

勤務時間が合わない、拠点が離れている等の理由でなかなか集合研修がしづらい点が小売業の特性として挙げられますが、研修内容を動画コンテンツ化し、また、ロールプレイング等についてはスタッフから動画を送ってもらい指導者がレビューを返すことで、遠隔地でも研修さながらの教育を実現することが可能となります。
役職や拠点別でコンテンツを出し分けることもできるため、柔軟な研修を実施することができます。