店舗業務 (エリアマネージャー/SV/
店長・店舗運営・スタッフ)

「価値ある仕事」を増やし強い店舗を創り、
店舗価値と顧客満足度向上へ

店舗業務の中では、顧客対応はもちろん、キャンペーンや新商品のインプットや、
店長であればシフトや売上の管理など、多くの業務が存在します。

現場スタッフのノウハウ任せになってしまう業務が多いなかで、
人手不足やスタッフの流動性も高く、サービスの質を保ちながら店舗を運営していくことは非常に難しく、
マネジメント業務は店長や複数店舗を担当するSV・エリアマネージャーに属人化されてしまいがちです。

ClipLineは、そうした日々の業務の課題を、情報のストックと双方向のコミュニケーションを含めた業務フローの効率化で、
顧客と従業員の満足向上につながる「価値のある仕事」の時間を創り出します。

ClipLineだからできること

下記のような業務をClipLineで一元的に行うことができます。

全ての情報が集約されているから、
現場スタッフもいつでも参照が可能

シフトが不規則だったり、新オペレーションが始まったり、イレギュラーな場面に遭遇することもある現場スタッフにとって、必要な情報がきちんとまとまって、いつでも参照できるプラットフォームは安心して働くために必要不可欠です。
ClipLineはアルバイトなどの現場スタッフにもIDが付与でき、基礎業務のお手本教材の蓄積・日々展開される業務指示や新しい施策・他店舗のベストプラクティスを1つのツールで視聴できます。
カテゴリーや役割毎のコンテンツの出しわけなど、参照しやすい状態でまとまっているため、日々の業務のなかで活用が可能、スタッフが自学自習できることで教え手・教え方による品質のバラつきも防ぐことができます。

本部からの指示の浸透・徹底

重点的な販売戦略や新たなオペレーションなど、本部から展開された情報を現場まで正しく伝えていくことは、実行率や効果の最大化のために不可欠ですが、マネージャーや店長が各スタッフに再伝達する際に落とし込みにばらつきが生まれ、実行率や成果にも差異が生まれがちです。

Cliplineは、本部から発信される重点施策などの情報を、スタッフが直接受け取ることで、理解度や納得度を高め、業務に活かすことが可能です。

todo機能による
業務マニュアル・
ルールの理解促進

ブランドや店舗ごとでの業務マニュアルは存在しているものの、最終的な顧客対応はスタッフの個性による属人性が生まれるなかで、最低限必要なスキルや振る舞い、ルールなどをきちんとインプットし、活かした上で業務を行うことは非常に重要です。

ClipLineのtodo機能を活用することでスタッフが自らに必要なインプットのタスクを認識できる他、閲覧するだけでなく実践している動画を撮影し報告することで、業務における必要なスキルを確かに身につける事ができます。

店舗OJTのデジタル化と
ミドルの負担削減

新人OJTや初期研修は重要ですが、現場教育を担う店長やリーダーは、定常業務や本部からのオペレーションなど忙しい中で、習熟度評価や現場でのフォローが追いきれなかったり、短い期間でサービスレベルを標準化するのは大きな負担です。

ClipLineは、座学研修は動画に置き換えや学習進捗の可視化することができるほか、実地・実技研修は、お手本投稿と受講者からの動画報告を通してデジタル化することができます。また、本部から行われる研修のみならず、店長・ミドルマネージャーへの研修や現場での教育/OJTの負担削減が可能です。

現場の暗黙知の共有

各店舗で生まれた独自の販売手法や成功事例など、スタッフの個性という暗黙知が多く存在しています。
売上向上に繋がるノウハウを持ったスタッフのベストプラクティスを、店舗内、エリア間で共有することは、売上の向上やスタッフのモチベーションUPに不可欠です。

ClipLineを使うことで、そういった言語化しづらい暗黙知を動画で可視化し共有することができ、エリア・店舗内のスキルの底上げが実現できます。

SV・エリアマネージャーとの
連携強化/負担軽減

本部への報告や店舗への戦略、指示の実行やサポート、マネジメントを担うSVやエリアマネージャー。
店舗の課題解決のために本部とともに重要な役割を果たすポジションですが、担当範囲が多岐に渡り工数がかかる業務を抱えてしまいがち。

ClipLineを活用することで本部への報告業務、本部からのインプットを円滑に行い、連携を強化し業務を効率化。
SV・エリアマネージャーが本来取り組むべき業務に注力する環境を整えることで、組織としての実行力を強化します。

ClipLineの具体的な活用例

具体的な利用例#1

接客・業務手順などアルバイト教育・オリエンテーションのデジタル化

アルバイトスタッフに、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの 内容(社内ルール、ツールの操作、調理・接客のオペレーションなど)を動画コンテンツ化し、フォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育工数やスタッフのインプット工数を削減します。

具体的な利用例#2

重点販売商品・キャンペーンの理解浸透

何故これが重点販売商品なのか、どのように販売すれば売上向上に繋がるのかといった、本部からの具体的な落とし込みを、動画で視覚的に行うことで店舗スタッフの理解が推進され、サービスレベル向上が実現します。

具体的な利用例#3

SVの担当エリア内で、ノウハウや成功事例の ベストプラクティス・暗黙知を横展開

各拠点で来店率や売上向上に繋がったノウハウなどのベストプラクティスを、担当エリア内の店長会などで展開することで、社員のモチベーションアップにもなり、営業スキルを底上げすることができます。

具体的な利用例#4

スタッフごとにIDを付与し、各々の時間でトレーニングが可能

勤務時間が不定期なアルバイトスタッフや多忙な社員スタッフでも、空き時間に設定されたtodoに取り組み、トレーニングを行うことができます。
教育効率だけでなく、従業員満足度の向上を実現します。