経営者の方へ

マネジメント構造の改革で
持続的な成長を実現する組織をつくる

不確実性が高い時代、新たな価値創造を実現するために、
より強い組織への変革が求められています。

持続的にイノベーションを起こす組織を構築するためには、
柔軟かつ機動力のあるマネジメント構造の構築が必要不可欠です。

ClipLineは、多拠点ビジネスにおける現場から本部まで一貫した
マネジメント構造の最適化を推進し、企業の持続的な成長に貢献します。

ClipLineだからできること

下記のような業務をClipLineで一元的に行うことができます。

人員コストの削減/組織の最適化

多くの企業が既存事業の経営効率化と、新しいビジネスを創造するイノベーションに取り組んでいます。
特に多拠点ビジネスやサービス業の場合、効率的な経営のためには、事業運営に必要な人員数の見直し、各ポジションの役割・スキルを明確にしたうえで、デジタル技術を活用してスパンオブコントロールを広げることで事業効率性を高めることができます。

ClipLineは、動画を活用してマネジメントそのものをデジタル化することで、業務品質・顧客体験を損ねず、事業運営に必須な人員・コストを削減することで、固定費削減・事業構造の変革を促します。

オペレーション上のボトルネック特定と解決

業績改善に最も重要な顧客接点である現場の課題を正確に把握し、何がボトルネックになり、何から解決したらよいのか、その解決に向けたPDCAを回していくことは非常に重要です。

ClipLineなら、単なるツールの提供だけでなく、現場の業務フローや課題を可視化しながら、お客様の持つ顧客満足度データや売上データなどを分析し、業務改善に最も効果のある項目のご提案など、課題解決の枠組みからご支援しています。

従業員への発信の強化

さまざまな変化に対応しながら成長を続けていくために、企業としての指針や目指すべき姿を全社で共有し、組織力を高めて行くことが必要です。
しかし代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。

動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや、事業に対する思い・熱・意図を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。

事業戦略の実行力向上

重点的な販売戦略や新たな商品、キャンペーンなど、本部から展開する情報を、その狙いや意義、想いとともに、実際に顧客と接する現場まで正しく伝えていくことは、実行率や効果の最大化のために不可欠ですが、マネージャーからの「伝言ゲーム」になってしまうことで理解のばらつきが生まれ、効果が落ちてしまいます。

Cliplineは、今注力すべき重点施策や事業戦略が、全国・すべてのスタッフで正しく再現され、好事例を全店舗展開し、バラつきを抑制して業績改善につながるようにボトルネック改善の支援をします。

部門間連携・情報共有の仕組みを構築

企業の持続的な成長には、成長過程で生まれる多くの組織課題に迅速に取り組み、解決していくサイクルを回していくことが必要です。
特に多店舗事業においては、本部と現場の距離を縮め、組織や部署をまたいだ情報共有とともに、課題を可視化する仕組みを構築しなければなりません。

ClipLineなら、報告や共有、情報のストックのプラットフォームとしてだけでなく、双方向のコミュニケーションも実現。ボトルネックの解消と成長の仕組みづくりに貢献します。

人手不足対策に向けた
従業員満足度の向上
/離職率の低下

人材不足が叫ばれ、デジタル化が進む現代で、人間が個性を最大限発揮できる仕事に人員を配置し、「ヒトの価値の最大化」を目指すことは非常に重要です。
また、一度採用した人材を離職させず、継続して働いてもらう仕組みを持つ会社が強いことは言うまでもありません。

従業員満足度が低いと、離職率が高まり、新人の追加採用や再教育の手間とコストが増え間接人件費が大きくなり、業績を悪化させる大きなボトルネックになります。CLipLineは、充実した動画教材やコミュニケーション機能で、従業員満足度を高め、定着率を高めます。

ClipLineの具体的な活用例

具体的な利用例#1

社長・ミドルマネージャーからのメッセージや社内報の動画化

代表や本部からテキストでメッセージを伝えているだけでは現場の一人一人に考えや思いを伝えることは非常に難しいです。動画で定期的に配信をすることで、企業の考えや思い・熱を伝えることができ、理念浸透やブランドロイヤリティ、現場士気の向上を図れます。

具体的な利用例#2

業務コミュニケーションのデジタル化による人員コストの最適化

部門間の連携や本部から現場までのコミュニケーションについて、 ClipLineをプラットフォームとして活用することで、マネジメント工数の削減が実現でき、最適な人員配置を図ることができます。

具体的な利用例#3

新人教育・オリエンテーションのデジタル化

新入社員に、毎回同じ事を漏れなく、ズレなく伝えなければならないオリエンテーションの内容(社内ルール、ツールの操作、調理接客のオペレーションなど)を動画コンテンツ化し、入社時のフォロー体制をデジタルと人で整えていくことで、教育者の工数を削減し、早期離職を抑えます。

具体的な利用例#4

階層別OJT教育による業務範囲の拡大

役職や勤務形態ごとに、身に着けて欲しい業務内容・スキル・マインドが異なる中で、同一のコンテンツによる学習では、受け取り方や定着度にバラつきが生じてしまいます。階層ごとにコンテンツを出し分ける機能を使うことで効率的に教育を行い、業務範囲を拡大させます。