ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

動画のマニュアルを作る方法とは?|メリットや作成の手順、作成における注意点も解説

動画 マニュアル

2021.08.25

Pocket

動画は文章に比べて、より多くの情報を瞬時に伝えられる非常に優れた手段です。業務マニュアルなども動画にすることで、必要な情報をより早く的確に理解できます。この記事では、動画マニュアルを作成したい人向けに、どのようにして店舗向けに動画マニュアルを作成するのか、作成にあたってのコツや注意点を解説します。ぜひ参考にしてください。  

動画マニュアルとは

動画マニュアルとは、業務の内容や製品の使い方、サービスの利用方法などをまとめた動画のことをいいます。映像や音声などにより視覚、聴覚に訴えることができます。そのため、理解や把握が早いのが特徴です。  

店舗向け動画マニュアルの種類

業務手順のマニュアル

動画マニュアルの種類に業務手順のマニュアルがあります。これは仕事の全体像や流れ、作業手順などを解説するための動画です。対象としては新人社員や、異動してきた社員向けに作成します。  

研修用のマニュアル

研修用のマニュアルは新人社員向けに作成します。具体的には、企業理念や社内ルール、ビジネスマナーなどを教えます。また、中堅以上の社員向けに新人教育のためのマニュアルなどがあります。  

商品説明用のマニュアル

商品説明用のマニュアルとは、商品やサービスの使い方などを説明する目的で作成される動画です。たとえば、従来の取扱説明書と同等の役割を果たします。文章だけの説明書と比べても理解しやすいのが特徴です。  

動画のマニュアルを使うメリット

動画のマニュアルを使うメリットを紹介します。作成を検討する際の参考にしてください。  

理解しやすい

動画マニュアルは理解しやすいということが最大のメリットといえるでしょう。具体的には、作業の様子や動きなども動画なら見たり聞いたりすることが可能です。そのため、実感を伴いながらよりイメージして学ぶことができます。また、動画は文章と比べても多くの情報を瞬時に表現できます。費用対効果の面でも優れているといえます。  

時間や場所に関係なく閲覧できる

動画マニュアルのメリットに、時間や場所に関係なく閲覧できるという点があります。ダウンロードするか、もしくはインターネット上で閲覧できる形にしておけば、自分の都合のよい場所や時間に見ることが可能です。また、わからないところは繰り返し見ることもできるので、学習に適したツールといえるでしょう。  

コスト削減につながる

動画マニュアルは用紙代やインク代など、印刷コストがかからないため、コスト削減につながるのもメリットです。もし新人の人数が増えても、追加の印刷コストや手間もかかりません。動画マニュアルはデジタルデータとして保管できます。印刷したマニュアルを保管するコストや場所も不要になります。  

動画マニュアルを使うデメリット

動画マニュアルを使うデメリットを紹介します。作成する前に把握しておきましょう。  

制作に労力やコストがかかる

動画マニュアルを使うデメリットとして、制作に労力やコストがかかるという点があげられます。動画の編集には知識やスキルが必要であり、制作時間がかかる場合もあります。また、外注する場合にはコストが発生します。この場合はあらかじめ予算を把握しておくことも必要です。  

再生環境が必要

動画マニュアルの場合、再生環境が必要になるというデメリットがあります。たとえば、動画マニュアルを視聴するには、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などの機器と、インターネット環境が必要です。また、動画の種類によってはプレーヤーやプラグインのインストールが必要な場合もあるので注意しましょう。  

データ容量が大きい

データ容量が大きいことも動画マニュアルのデメリットです。動画の尺が長くなると、データ容量も増えます。データ容量が大きいと、以下のようなことが起こりえるでしょう。 ・保存容量オーバーのため、作成した動画の保存ができない ・再生時に視聴できるまで時間がかかる ・ファイルが重いために再生できない このような問題も発生する可能性があります。  

動画マニュアルを作成する手順とポイント

動画マニュアルを作成する手順とポイントを解説します。作成する際の参考にしてください。  

1.構成を考える

動画マニュアルの構成を考えましょう。構成とは動画全体の流れをあらわす骨組みのことで、目次のようなものです。最初に伝えるべき内容と、そこに至るまでの流れを考えます。  

ポイント:ターゲットと目的を設定する

次に、誰のために作成するのか、何のために必要なマニュアルであるかを検討しましょう。そのうえで、実際にマニュアルを読むターゲットに合った内容やレベルを設定します。  

2.情報を収集する

動画マニュアルを作るための情報を収集しましょう。構成をもとに必要な内容を洗い出します。  

ポイント:具体的なイメージをもつ 

動画マニュアルを作成するにあたって、具体的なイメージを持ちながら情報を収集していきましょう。漠然と情報を探すだけでは、余計な時間や手間がかかってしまいます。ターゲットや目的を意識した逆算思考で作成することが大切です。  

3.台本を作成する

台本は構成と事前情報をもとに作成します。台本には、動画全体の流れが把握できる、効率よく撮影を進められる、取り直しを防ぐといったメリットがあります。  

ポイント:シーンごとに要点を記す

動画作成を行うポイントとしてシーンごとに要点を記すということがあります。たとえば、それぞれのシーンに入れるテロップやナレーション、再生時間などを記入します。台本は絵コンテでも構いません。  

4.撮影を行う

台本ができたら、撮影場所や必要な機材を用意しましょう。それらを確保したうえで撮影にのぞみます。  

ポイント:アングルにバリエーションをもたせる

アングルにバリエーションをもたせることも、動画マニュアル撮影時のポイントです。複数の異なるアングルから撮影を行いましょう。さまざまな角度から撮影することで、編集の際に選択肢が多くなります。  

ポイント:スマートフォンでの撮影は横向きにする

スマートフォンでの撮影は横向きにするという点もポイントになります。その理由は、横向きにして撮影することで、縦向きに撮影した場合に生じる余白を防止できるからです。そのため、編集がしやすいというメリットがあります。  

5.ナレーションを収録する

次にナレーションを収録します。ナレーションは動画全体の流れを先導する役割があります。その際、図表や資料の説明も行うと、より理解しやすくなるでしょう。  

ポイント:ナレーターと内容を共有する

動画マニュアルを作成する際は、ナレーターと内容を共有しておきましょう。台本は収録前にナレーター渡し、内容を把握しておいてもらいます。また、話すスピードなども事前に打ち合わせしておくと、撮影がスムーズに進みます。  

6.編集を行う

次は編集作業です。具体的には不要な映像のカットや、字幕、素材などの挿入を行います。  

ポイント:字幕は必ず入れる

動画マニュアルには字幕を必ず入れるようにしましょう。なぜなら、字幕があることにより、視聴者の理解が高まるからです。仮に、音声が聞き取りづらい環境にいたとしても、字幕があると理解しやすくなります。注意点として、字幕を入れる際は簡潔な表現にすることが大切です。  

動画マニュアル作成の注意点

動画マニュアル作成の注意点を紹介します。作成に失敗しないために把握しておきましょう。  

テーマ1つにつき動画1本にする

動画マニュアルはテーマ1つにつき、動画1本を心がけましょう。動画1つの中に複数のテーマや手順を入れないことが大切です。その理由は、情報があまりに多すぎると、見る人の理解が追いつかなくなるからです。マニュアル全体でテーマを1つに絞り、理解しやすくすることを心がけましょう。  

高解像度でなくてもよい

動画マニュアルは特に高解像度である必要がありません。高解像度の場合、ファイルサイズが大きくなるというデメリットがあります。また、保存容量の上限を超える可能性や、視聴できない、視聴しづらくなりあす。動画マニュアルでの解像度は720pあれば十分でしょう。  

チェックは複数人で行う

動画マニュアルが一通り完成したら、内容の確認です。チェック作業は複数人で行いましょう。編集の段階や編集後の最終チェックなどは複数人で実施するほうが、確認漏れなどのミスも少なくなります。編集に際に意見を聞き、不要な部分を洗い出しましょう。また、最終チェックでは全体的に見落としがないか確認することも大切です。  

撮影環境に気を配る

動画マニュアルを撮影する際は、撮影環境に気を配ってください。注意すべきポイントとしては以下があげられます。 ・照明は適切であるか ・音声はクリアであるか ・ノイズが入っていないか   照明が暗いと、画面が見づらくなります。また、音声が小さかったり、ノイズが入っていたりすると聞き取りづらいでしょう。  

動画マニュアル作成ツールを使う方法もある

動画マニュアルを作成する際は、1から全てを作り上げる必要はなく、動画マニュアルを作成する専門ツールを使う方法もあります。時間や手間をかけられないときは専門ツールを活用しましょう。   ClipLineは動画マニュアルの専門ツールです。作成や撮影のサポートもつくので、自社ですべての動画マニュアルをつくるハードルが高い場合におすすめです。  

まとめ

文章だけでの業務マニュアルと比べても、動画マニュアルは情報を多く取り込めるため、教育に適しています。動画マニュアルを作成する方法は本記事で紹介した内容を参考にしてください。また、専門ツールを使って作成すると自社で作成する時間を大幅に削減できます。

ClipLineは、動画制作をまるっと一括でお任せ可能です。幅広い業界、大手企業での導入も多数あります。現場からの吸い上げができ、しっかり教育が行われているかも確認できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら