ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

社員教育に動画を用いたときの効果とは | 具体例や製作のポイントまで丁寧に解説

動画 教育・研修

2021.10.30

Pocket

社員教育のために動画を用いるケースが増えています。この記事では、店舗の運営や営業推進を任されている担当者に向けて、動画を使用する社員教育の効果や具体例を解説します。社員教育のための動画を制作する際のポイントも解説するため、ぜひ参考にしてください。  

社員教育に動画を用いる効果

従来では社員教育というとOJTや集合研修を行う企業が多数でしたが、昨今では業務効率化やIT機器の普及に伴い、動画を使った教育方法を用いる企業も出てきました。ここでは、具体的に動画を用いた社員教育はどのような効果があるか解説します。  

学習効果の向上

動画による社員教育は、学習効果を向上させる効果があります。口頭や文章のマニュアルのみで学ぶよりも、視覚的に理解できるうえに自分のペースで何度も学習できるからです。  

視覚的に理解できる

動画は映像、音声、文字などを組み合わせて情報を伝えられるため、文章のみ、音声のみよりも内容を理解しやすいです。映像を使うことで実際の状況を再現することができたり、必要な部分で適宜解説を加えることができるためです。   動画による社員教育は理解を深めやすく、短時間で着実に社員のスキルを高められます。  

自分のペースで繰り返し学べる

動画で社員教育を始めると、社員は何度でも動画を繰り返し視聴できるようになります。研修内容によっては、一度で完璧に理解できない可能性もあるでしょう。動画を何度も確認できれば、それぞれの社員が自分の理解度に応じて復習できます。  

集合研修を開催して講師が指導する場合、社員はその場では内容をよく理解できたと感じています。しかし、後から振り返ると内容を忘れているケースも珍しくありません。動画による社員教育なら過去に学習した内容を何度でも見返せるため、必要なスキルを着実に身につけられます。  

教育レベルの均一化

動画を使って大勢を対象にした教育を行えば、すべての社員が同様の研修を受けられるようになります。世界各国へ展開している企業の場合、それぞれの言語で字幕をつけるとすべての社員に対して同様の研修を実施することが可能です。  

集合研修を行う場合、担当する講師や研修を行う場所によって内容にムラが生じる可能性があります。また、研修の質にも差が出やすいため、参加できる研修によって社員が不公平を感じる恐れもありますが、動画ならこうした心配も不要です。  

業務への支障の低減

動画による研修は、複数人の時間を拘束する必要がなく、他の業務の合間に閲覧できるため、業務が忙しい人でも受講しやすいです。集合研修を実施するとなると、開催に応じて業務のスケジュールを調整する必要があります。  

また、各地域で働いている社員を1箇所に集めて研修を行うには、遠方の社員がわざわざ移動する必要があります。研修のためだけに長距離を移動するのは非効率です。動画による研修なら、どこからでも研修を受けられます。  

コストの削減

集合研修を実施するためには、さまざまなコストがかかります。研修を統括する担当者や講師の人件費をはじめとし、会場費、交通費、宿泊費などたくさんの費用が発生します。  
しかし、動画で研修を実施すれば、それらの費用をかける必要はありません。動画を作るための初期費用はかかるものの、完成した後は繰り返し使用できます。同じ内容の集合研修を何度も実施するなら、動画を作成して社員に見てもらったほうが低コストで済みます。  

社員教育に用いる動画の種類

社員教育のための動画には複数の種類があります。ここでは、具体的な動画の種類について解説します。  

セミナー形式

セミナー形式は、講義の様子を撮影するタイプの動画です。定期的に実施する研修は、セミナー形式の動画が向いています。たとえば、新入社員や中途入社の社員に対して必ず実施している研修は、動画にまとめるのがおすすめです。講師が説明するため集合研修に似ており、社員もスムーズに内容を理解できます。  

マニュアル形式

マニュアル形式は、実際の業務に必要なノウハウをまとめた動画です。業務の手順や商品の特徴などの基本的な情報だけでなく、店舗の運営や接客に関する具体的な知識やスキルを伝えます。動画なら、クレーム対応の具体的なポイントも表現しやすくなります。  

特に、接客やクレーム対応については、単に文章で説明するだけではうまく伝わらない場合も多いです。動画なら一般的な手法を解説するだけでなく、実際の言動も表現できます。紙のテキストで学習するよりも、高い理解度を期待できるでしょう。  

ドキュメンタリー形式

ドキュメンタリー形式は、社内の実際の様子を撮影して編集した動画です。たとえば、社員にインタビューしたり、社員が働いている姿を映したりします。   リアルなストーリーを見せられるため、飽きずに視聴されやすいというメリットがあります。普段はあまり関わりのない社員の人柄もわかるので、ロイヤリティの向上にもつながるでしょう。  

社員教育に動画を効果的に用いた事例

社員教育のために動画を使用している企業が増えています。ここでは、具体的な事例を紹介します。  

「一人店舗」のリモート教育と売上向上を実現した事例

取り扱っている商品の一部について、顧客にとってのメリットを伝えるのが難しい課題を持つ企業の事例です。各店舗を1人で運営するスタイルで営業しているため、効率的に社員教育を実施する方法を必要としている状況でした。  

そこで動画を活用し、商品の特徴や魅力をわかりやすくまとめる方法を導入を開始します。具体的な販売のノウハウもまとめた結果、各店舗の売上アップにつながる結果を得られました。動画の活用により、効果的な社員教育を実現できた事例です。  

新卒研修をスマホで完結し、人材育成をフルリモート化した事例

もともとは対面での新卒研修を実施していましたが、スケジュール調整が難しい点や高いコストがかかる点が課題になっていました。   そこで新卒研修の内容を動画にまとめ、スマホから学習できるように調整します。また、新型コロナウイルスの流行により休業している社員に対しても、動画による研修も開始します。その結果、それぞれの社員が自宅にいながら効果的な研修を受けられる状況に改善されました。  

コロナ禍で刻々と変わる現場オペレーションをハンドリングした事例

各店舗の店長に情報が集中し、スムーズに社員に情報が伝わらない状況でした。店舗によって情報共有にバラつきが生じており、業務が非効率になっていました。新型コロナウイルスの影響により、集合研修も中止に至っています。   動画での情報共有や社員研修を実施した結果、それぞれの社員が自分の都合にあわせて内容を確認できるようになりました。情報共有もスムーズになり、生産性の向上にもつながっています。  

社員教育に用いる動画を作成する方法

社員教育のための動画を作成するには、どうすればいいのでしょうか。ここでは、具体的な方法を解説します。  

自社で製作する

社員教育のための動画は、自社でも制作できます。カメラを用意し、自分たちで動画を撮影しましょう。また、パソコンと編集ソフトを使って編集すれば、必要な部分だけを切り取ったり字幕を入れたりできます。  
すべてを自社で対応するため、低コストで社員教育のための動画製作も可能です。一度作った動画は何度も使用できるので、経済的でしょう。ただし、自社に動画制作のノウハウがない場合、満足のいくクオリティに仕上げられない恐れもあります。  

制作会社に依頼する

動画の制作会社に依頼すると、プロにより高クオリティな動画を作成してもらえます。自社のニーズを伝えれば、必要な内容を適切にまとめてもらえるでしょう。単に情報を詰め込むだけでなく社員に伝わりやすい表現ができるため、社員教育の効果も高められます。  

もちろん、制作会社に依頼すればその分の費用もかかります。ただし、自社で動画を制作するとなると、通常業務の効率が落ちたり残業が増えたりするでしょう。その点も考慮した場合、制作会社に依頼したほうが全体的な費用が安く済む可能性があります。  

効果的な社員教育の動画を作成するためのポイント

社員教育の動画の効果を高めるには、さまざまなポイントがあります。ここでは、具体的なポイントについて解説します。  

目的を明確化する

社員教育の動画を作成する際は、あらかじめ目的を明らかにしておきましょう。盛り込むべき内容は、目的によって大きく変化するためです。制作する動画の目的とともに対象者を意識し、必要な情報だけを盛り込むようにしてください。  
なお、動画ではたくさんの情報を伝えられますが、詰め込みすぎもよくありません。重要な部分がわかりにくくなり、動画の効果が落ちる恐れがあります。重要な部分を絞り込んで動画にまとめることがポイントです。  

行動変容につながる内容を設計する

社員教育のための動画は、社員の行動変容につながる内容になるよう工夫しましょう。社員が動画を見た後に、実際に行動を起こせるようにすることが大切です。たとえば、曖昧な理想を伝えるのではなく、数値を示して具体的な目標を示す必要があります。   また、集合研修と組みあわせたり、研修後のフォローに力を入れたりするのもひとつの方法です。動画で学んだ内容を振り返り、社員が自分の頭で考える機会を作りましょう。  

プロに相談する

社員にとって必要な情報を動画にまとめるためには、動画制作のプロに相談すると効果的です。ベテランの社員が動画を作る場合、豊富な知識や経験があるために基本的な部分を省略してしまうケースも少なくありません。ベテランの社員にとっては当たり前のことでも、新人にとっては始めて聞く内容の可能性があります。   プロに依頼すれば、客観的な立場からアドバイスをもらえます。ノウハウを効果的に伝える表現方法も熟知しているため、質の高い動画の制作が可能です。  

まとめ

社員教育に動画を使用すれば、さまざまな効果を得られます。コストの削減や社員の負担軽減につながるだけでなく、効率的かつ効果的に研修を実施できるようになるでしょう。すでに多くの企業が動画による研修を始めています。  

ClipLineは、動画制作を一括で依頼できるサービスです。社内の状況を確認したうえで、踏み込んだアプローチにつながる動画を制作できます。コンサルティングやサポートが充実しているうえに、幅広い業界での導入実績があります。自社の社員教育のための効果的な動画を作るために、ぜひ相談してください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら