ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

ストアオペレーションとは|仕事内容や業務効率化の方法など合わせて解説

店舗運営

2021.09.28

Pocket

店舗運営では、よりお店の利益を上げるために、業務の効率化を考えるシーンが多いでしょう。本記事では、店舗運営を任されているご担当者様向けに、ストアオペレーションとは何かを解説していきます。合わせて、多店舗運営をお考えの際に必要なチェーンストアオペレーションや業務効率化にオススメの方法も紹介します。ぜひ参考にしてください。  

ストアオペレーションとは

ストアオペレーションとは、日本語に訳すと「お店の業務」という意味を持ちます。販売士3級試験の中には、ストアオぺレーションという項目があり、同義で使われてもいます。日々の業務を効率化させることは、店舗運営をしている方の仕事です。また、いかに経費を削減していくのかを考え実行するのもストアオペレーションの一部です。  

ストアオペレーションの主な業務内容

ストアオペレーションの主な業務内容としては、売上管理、在庫管理、仕入れ管理、人材・スタッフ管理、販促活動、店づくり、開店・閉店業務、接客業務など多岐に渡ります。それぞれ効果的に行う方法を模索していくことが必要です。  

ストアオペレーションに求められるスキル

ストアオペレーションに求められるスキルは、店頭に求められるスキルです。そのスキルには多くの種類があり、コスト管理スキル、経営計画スキル、スタッフ育成スキル、コミュニケーションスキル、クレーム対応スキル、接客対応スキル、販促・マーケティングスキル、などがあります。  

多店舗展開のための経営手法「チェーンオペレーション」とは

多店舗展開のための方法論(チェーンストア理論)を実現するための具体的な経営手法はチェーンストアオペレーションと呼ばれています。考えなしに経営をするのではなく、優れたチェーンオペレーションを行うことが、多店舗経営の成功につながります。  

チェーンオペレーションの特徴

チェーンオペレーションの特徴を説明します。まず本店を軸に、チェーン店を出店し、本部と各店舗で役割を分担させます。本店では経営管理をして、チェーン店では提供をします。現場でのデータをすくい上げて、本店ではまた経営管理をしていくという明確な違いがあります。  

チェーンオペレーションによって展開した多店舗のことを「チェーンストア」と呼ぶ

チェーンオペレーションによって展開した多店舗のことを「チェーンストア」と呼びます。特徴ごとに3つに分類をされており、それぞれ「レギュラーチェーン」「フランチャイズチェーン」「ボランタリーチェーン」にわかれています。それぞれの特徴を以下で述べていきます。  

レギュラーチェーン

レギュラーチェーンは専門店やスーパー、飲食店などに多く、直営店を各地に出店して、店舗経営を本部でして管理する典型的なチェーン店舗です。本部で集中して管理をするために、大量入荷などが可能なので、1つの商品あたりの価格を抑えられるようにもなります。  

フランチャイズチェーン

フランチャイズチェーンは飲食業やコンビニなどに多いです。有名な商品やサービスをもつ企業が、加盟店を募り、権利を与えて、レギュラーチェーン同様に、加盟店を本部が管理します。本部企業としての大きなメリットは、加盟店側が出資をするために、大きな資本を出す必要がない点です。  

ボランタリーチェーン

ボランタリーチェーンは食料品やアパレル点などに多いです。フランチャイズチェーンと非常に似ていますが、経営としては管理をするけれども、店舗ごとの独自性は維持をする、という違いがあります。そのため、コンビニエンスストアなどと違い、チェーン店ごとにブランドを持てるメリットがあります。  

チェーンオペレーション、チェーンストアのメリット

チェーンオペレーションとチェーンストアのメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。まず、本部と店舗の役割を分担することで、経営の効率化を図ることが可能になります。人材教育も本部でマニュアル化をするために、安定したサービスが提供できます。その他にも運営コスト、仕入れコストの削減、POSデータ活用が可能になる、と言ったメリットがあります。  

チェーン(ストア)オペレーションで重要な3つの原則【3S】

チェーン(ストア)オペレーションには重要な3つの原則があります。多店舗経営を成功に導くためには重要な要素と言われています。以下で3つの原則について解説をします。  

標準化(Standardization)

チェーンオペレーションによって、どの店舗も同じ結果を出せるようにすることを「標準化」と言います。仕入れから販売までの流れを作り、店舗ごとの管理差をなくしてブランド価値の画一化を図ることが重要です。  

単純化(Simplification)

作業を簡潔にし、誰でも一度で無理なく作業内容を理解できるようにすることが重要です。ブランド価値の画一化、教育コストの最適化には、複雑な作業ではなく、1つ1つの作業をシンプルにする必要があります。  

専門化(Specialization)

働く誰もが商品知識をつけて、顧客の目的に沿った提案をできるような専門家である必要があります。専門というと小難しいイメージを持ちますが、誰しもが理解できる内容を徹底して共有するという意味です。全員が詳しくなることで、店舗サービスの品質向上につながります。  

ストアオペレーション業務の課題

メリットがあり便利なストアオペレーションですが、問題・課題が一切ないものではありません。必ず課題は存在してしまいますが、一体どのような課題を抱えているのでしょうか。  

本部側と店舗側、それぞれ抱える課題がある

本部側の課題

本部側の課題として、店舗数が多すぎる企業では、店舗ごとの管理が難しいケースがあります。全てのお店が同じ売上で在庫数も変わらないわけではありませんので、店舗ごとにコンサルティングをしていく必要があります。あまりにも数が多ければ全てに手がつけられる、具体的な改善策も見つけられない、といった状況になり得るかもしれません。  

店舗側の課題

管理業務が決まっていても、全ての管理業務に手が回らないという課題があります。理由としては、日々の接客や事務作業に追われて時間が取れないためです。本部にデータを送る作業や、売上の確認、台帳記録など、本来の管理業務を徹底できなくなるというのが課題の1つです。  

課題解決するために、業務の効率化が必要になる

課題解決をするためには、業務の効率化がどうしても必要になります。業務効率化を図ることで、長く取られるものが短くなればその分他のものに手を回せます。また、マニュアル化されたものであれば誰でも業務を行え、リソース削減をし、本来の管理業務へリソースをさけます。効率化する方法を以下で解説します。  

ストアオペレーション業務を効率化する方法

ストアオペレーション業務を効率化する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。以下で解説していきます。  

Web会議を導入する

会議やミーティングは定期的に必要となりますが、Web会議を導入することで、移動や滞在にかかるコスト、時間を削減が可能です。インターネット環境さえあれば、どこでも会議ができるので、特別に大きな準備をする必要もありません。  

会議資料やマニュアル、広告媒体、発注用紙等をペーパーレス化する

会議資料やマニュアルなどをペーパーレス化すると、素早く全体に情報共有が可能です。また印刷をしないために、コスト削減にも繋がります。デジタルサイネージなどの紙を使わない広告を使うことで、店舗のビジュアルを損なわずに情報を伝えることができます。  

タブレットやスマートフォンを活用する

タブレットやスマートフォンには様々な活用方法があります。例えば、決済システムやPOSアプリと連携をし、作業を効率化できます。また、会議資料やマニュアルの共有をタブレットでできます。スマートウォッチや連携可能なデバイスは今後も増えていくので検討してみるとよいかもしれません。  

「店舗管理システム」を導入する

店舗運営としての作業量を減らすために人員確保をするのではなく、店舗管理システムの導入をすることで、効率化を図る方法があります。店舗管理システムでは売上管理や勤怠管理、在庫管理といった、店舗の経営には欠かせない機能があります。また報告書などのフォーマットがあり、時間短縮が可能です。  

「ECRS」を導入する

業務効率化を図る上で「ECRS(イクルス)の原則」というフレームワークが語られることがあります。ECRS(イクルス)は、Eliminate(排除)、Combine(結合と分離)、Rearrange(入替えと代替)、Simplify(簡素化)の頭文字を取っています。必要な業務を整理して不必要な業務を減らし、業務効率を高め、改めて業務を見返すというフレームワークです。   元々は製造業で業務プロセスを改善するために考案されたものですが、販売や営業、事務など様々な職種でも効果が期待できます。  

スタッフの教育や本部のオペレーションに動画を活用する

スタッフの教育や本部のオペレーションは動画を使う方法がおすすめです。直接人が指導をするのではなく、動画を使うことで効率よく情報共有が可能です。動画であれば何度も確認が可能なので、繰り返し学習することもできます。スタッフの教育への時間が短くなれば他の作業をする時間も増え、業務の効率化へとつながります。  

動画で効率よくする方法(動画活用事例)

直接店舗へいかなくとも、店舗状態のチェックや陳列状態、清掃状態なども写真や動画を用いて、チェックが可能です。また店舗のマニュアルも動画にすることで、スタッフが繰り返し学ぶことができます。研修時間を何度も取らなくとも自主学習にて教育が可能なので、時間が節約可能です。教育が進めば、店舗運営者の業務が減り、より管理効率化を図れます。  

まとめ

店舗運営者としてストアオペレーション、業務効率化は必ず求められることです。スムーズにいかずに問題、課題が出てしまうことはあるでしょう。その際にはフレームワークの導入やペーパーレス化などの原始的なものから、店舗管理システム、動画を用いた教育、効率化などITを活用したツールを検討してみるのもよいかもしれません。

  ClipLineは動画作成を一括でお任せ可能です。また、コンサルティングやサポートが充実しており、プロジェクトベースでのサポートもあります。現場からの吸い上げができ、教育が行われているかのチェックも可能です。すでに、幅広い業界や大手企業での導入が多数あり実績が豊富なため、ぜひチェックしてみてください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら