ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

店舗マネジメントとは?求められるスキルや成功のポイントを丁寧に解説

店舗運営

2021.08.25

Pocket

店舗マネジメントは、店舗の運営をスムーズに進めるために重要な役割を果たします。店舗の業績も、店舗マネジメントに大きく左右される可能性が高いです。この記事では、店舗マネジメントに必要なスキルとともに成功のポイントを解説します。店舗マネジメントをスムーズに行うために、ぜひ参考にしてください。  

店舗マネジメントとは?

店舗マネジメントとは、店舗を運営するために必要な業務を表しています。経営について管理するだけでなく、スタッフの採用や教育も含んでいます。そのため、店舗マネジメントは、店長の業務内容とほとんど同じです。店舗の運営に関わるさまざまな内容を統括する必要があります。  

店舗マネジメントの役割

店舗マネジメントの役割は2種類に大別できます。まず、スタッフの管理です。スタッフを育成して店舗の業務を効率的に進められるようにします。店舗では複数のスタッフが協力して業務を進めるため、スタッフの管理は重要です。スタッフのモチベーション管理も、店舗マネジメントに含まれています。   また、マーケティングも店舗マネジメントの役割のひとつです。売上をアップさせるため、マーケティングツールを活用して効果的な戦略を考えることが重要になります。  

店舗マネジメントの仕事内容

店舗マネジメントには具体的にどのような仕事内容が含まれているのでしょうか。ここでは、具体的な仕事内容について解説します。  

人材管理

人材管理には、スタッフを管理するためのさまざまな業務が含まれています。スタッフのシフト調整や勤怠管理も店舗マネジメントの仕事のひとつです。   また、正社員・アルバイト・パートなどの各スタッフを採用したり、人材を適切に配置したりします。各スタッフへの指導や教育に加え、評価制度の整備にも対応しなければなりません。  

レイアウト

レイアウトとは、店舗で扱っている商品の陳列方法のことです。顧客が商品を手に取りやすくし、購入につながるように工夫します。   また、レイアウトはスタッフの動線も考慮して決めなければなりません。店内をスムーズに移動して接客できるよう、業務効率に配慮しながらレイアウトを考えましょう。  

販促活動

店内の商品を売れやすくする販促活動も、店舗マネジメントの仕事です。たとえば、POPを作成して店内に掲示するだけでなく、キャンペーンの内容を自ら企画して開催する場合もあります。ダイレクトメールやチラシの作成も販促活動のひとつです。  

売上管理

店舗全体の売上を正確に管理して分析します。日ごとの売上とともに、商品別や属性別の売上もチェックするとより効果的です。   単に売上の状況を確認するだけでなく、売上目標も設定しましょう。毎日の売上目標に加え、週間・月間・年間の売上目標も設定すると計画的に店舗を運営するために役立ちます。  

在庫管理

店舗の在庫を確認し、適切な量になるように調整します。状況を正しく把握できていないと、商品が不足したり余ったりする可能性があります。   また、在庫の品質を管理することも大切です。古くなって販売できない商品がある場合、廃棄しなければなりません。廃棄する商品を減らすためにも、日頃から在庫管理に力を入れましょう。  

仕入れ管理

商品の仕入れには、見積もり・発注・検品などの作業が必要です。仕入れ管理においては、それぞれの作業を適切に進めるための管理を行います。仕入れた商品の状態や数量だけでなく、仕入れの時期や価格が適切であるかについてもよく確認しましょう。仕入れ管理は在庫管理とも密接に関わっており、両方を適切に進めることが重要です。  

店舗マネジメントに必要なスキル

店舗マネジメントを行うためには、さまざまなスキルが必要です。ここでは、具体的にどのようなスキルが必要なのか解説します。  

マネジメントのスキル

店舗マネジメントにおいて特に重要なのはマネジメントのスキルです。スタッフを適切に管理して育成するために必要不可欠となります。スタッフとスムーズにコミュニケーションを取り、適切に指導できるようにしましょう。   マネジメントのスキルは実務経験を通して身につけたり、セミナーを通して基礎を学んだりする方法があります。  

マーケティングのスキル

店舗で扱っている商品を着実に販売するためには、マーケティングのスキルが必要です。商品企画や販促活動に力を入れ、売上アップを目指しましょう。   マーケティングでは、市場動向を考慮したうえで競合となる店舗についても調査し、比較を通して自分の店舗の強みを作ることが大切です。  

経営のスキル

店舗マネジメントは経営全般に関わるため、経営のスキルも求められます。経営管理やコスト管理など、店舗の運営を司るうえで必要なスキルを身につけましょう。   経営に関する業務は、適宜ツールを活用すると余計な手間やミスを防げます。より効率的な業務ができる環境を整備すると、スムーズに店舗マネジメントを進められます。  

クレーム・接客対応のスキル

店舗マネジメントを行う店長は、ほかのスタッフの手本として行動できなければなりません。接客について指導する際も、店長が自ら理想的な姿を示す必要があります。   また、クレームが入ったときは、店長が適切な対応をしないとその場を収められません。どのような顧客にも冷静な対応ができるようにしましょう。  

店舗マネジメントを成功させるためのポイント

店舗マネジメントを成功させるためには、さまざまなポイントがあります。ここでは、具体的なポイントについて解説します。  

マネジメントを最適化・仕組み化する

店舗マネジメントをスムーズに進めるためには、最適化が重要です。店舗マネジメントに取り組み始めたらPDCAサイクルを回し、改善点を探しましょう。どのような方法で改善すべきか考え、素早く行動に移すことが大切です。   また、店舗マネジメントとしての役割をきちんと果たすには、仕組み化にも力を入れましょう。それぞれの業務の特徴にあわせて仕組み化すれば、業務効率を大幅にアップさせられます。  

エリアマネージャーと円滑にコミュニケーションをとる

店舗の運営を適切に進めるためには、エリアマネージャーとしっかり連携すべきです。コミュニケーションの質を高め、不備があった場合にも素早く適切な対応を行えるようにしましょう。   エリアマネージャーとの関係に問題があると、店舗の運営にほころびが出る恐れもあるため注意が必要です。その様子をスタッフが感じ取れば、店長とスタッフの信頼関係にも悪影響をもたらす可能性があります。店舗マネジメントでは、どの場面でも円滑なコミュニケーションが大切です。  

情報収集のためにレポーティングラインの整備をする

店舗マネジメントにおいては、レポーティングラインの整備も重要です。レポーティングラインとは、情報共有や指揮命令の経路のことです。   レポーティングラインが整備されていれば、エリアマネージャーから受け取った内容や店長としての指針をスムーズにスタッフへ伝えられます。反対に、レポーティングラインがないと、重要な情報が伝わりにくくなり、店舗の運営にも支障をきたす恐れがあります。   たとえば、報告書を定期的に作成したり、社内で利用できるSNSを使ったりするのもひとつの方法です。  

店舗運営業務の効率化をはかる

店舗マネジメントの成功を目指すには、業務効率化にも力を入れましょう。たとえば、ペーパーレス化を意識すると資料をさまざまなデバイスで共有できるため、資料を印刷する手間がかからなくなります。情報共有のスピードもアップするでしょう。

  スマートデバイスも積極的に活用するのがおすすめです。スマートデバイスとしては、スマートフォン・タブレット・デジタルサイネージなどさまざまなものがあります。スマートフォンやタブレットはスタッフ同士の情報共有に役立てられます。デジタルサイネージを導入すれば、ポスターや広告などを画像や動画などで掲示可能です。

  また、会議やミーティングをWeb会議に切り替えると、より効率的に打ち合わせができます。会議やミーティングのためにスタッフがわざわざ同じ場所に集まる必要はありません。   業務を効率化する方法はほかにもたくさんあるため、自社の状況にあわせて取り入れましょう。  

まとめ

店舗マネジメントの仕事内容は多種多様です。また、店舗マネジメントを適切に進めるためには、さまざまなスキルが必要です。店舗マネジメントの成功を目指すうえでは、仕組み化や業務効率化も重要なポイントになります。

  ClipLineは、マネジメントに役立つ動画の制作を任せられるサービスです。コンサルティングやサポートが充実しており、さまざまな課題を解決するための動画を作成できます。幅広い業界で活用されており、大手企業による導入実績も豊富です。店舗マネジメントを強化するために、ぜひ活用してください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら