ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

店舗運営にコンサルティングは必要か|仕事内容、店舗運営に適した会社の選び方など解説

店舗運営

2021.10.30

Pocket

店舗運営を向上させるためにコンサルティング会社へ依頼すべきか悩んでいる担当者もいるでしょう。この記事では、そのような担当者に向けて、コンサルティングの内容や店舗運営に適しているコンサルティング会社の選び方などを解説します。   コンサルティングが必要な店舗の状態についても解説していますので、ぜひ参考にしてください。  

店舗運営のコンサルティングとは

店舗運営のコンサルティングとは、各店舗の状況を分析し、適切なアドバイスや指導を行うことです。経営者や担当者は、アドバイスや指導をもとにして店舗運営の改善に取り組みます。  
店舗運営のコンサルティングは、分野ごとに特化している場合も多いです。たとえば、開業支援コンサルティング、店舗経営コンサルティング、店舗改善コンサルティング、店舗集客コンサルティング、飲食店コンサルティングなどさまざまな分野にわかれています。  

どのような業種で活用されているか

店舗運営のコンサルティングは、業種を問わず活用されています。たとえば、飲食店や美容サロンなどでもよく活用されている状況です。ほかにも、ホテルや旅館に加え、小売り業でも店舗運営のコンサルティングへの依頼が行われています。   特に、小売り業やサービス業の店舗を対象としているコンサルティング会社が多いです。  

店舗運営をコンサルティングに依頼する目的

店舗運営のコンサルティングを依頼する目的は、企業によってさまざまです。たとえば、以下の目的があげられます。  

・専門的な知識を増やしたい

・経営状況を正しく把握したい

・客観的な立場から冷静なアドバイスを受けたい

・顧客の目線から評価してもらいたい

・接客や集客の改善のために必要な具体策を提案してほしい

・経営者や社員が日々の業務で忙しいが、店舗運営を改善したい  

コンサルティングの具体的な仕事内容については、以下で解説します。  

店舗運営に対するコンサルティングの仕事内容とは

店舗運営のコンサルティングでは、最初にそれぞれの店舗の現状を把握したうえで課題を明確にします。そのうえで、店舗運営を改善するための方法を提案し、売上アップにつなげるのが仕事です。  

具体的には、目標を設定したり、業務改善計画書を作成したりします。また、改善策を提案するだけでなく、実践もサポートするのが一般的です。電話やメールで相談を受けるだけでなく、月に数回程度の訪問により状況を確認しながらコンサルティングを進めます。  

さらに詳しい仕事内容の例は、以下で解説します。  

店舗運営、開業支援、開業後のサポートなどの仕事内容例

店舗の状況に応じたサポートをする場合、経営企画的な立場から幅広い仕事を行います。具体的な仕事内容の例をあげると、以下のとおりです。  

・商圏分析

・競合調査

・物件の選定

・資金調達

・店舗のコンセプト決定

・店舗設計・改装

・売上のシミュレーション

・開業計画作成

・商品の企画開発

・価格設定

・プロモーション

・マーケティング

・オペレーションマニュアルの作成

・採用・社員教育

・ホームページ制作

・開業や店舗運営に関する総合的な支援・個別支援

・業績やサービスの改善

・経費削減のための提案

・不採算店舗の活性化や再生

・フランチャイズ展開のための支援

・業態を変更する際のアドバイス  

店舗での仕事内容の例

店舗で直接コンサルティングを行う場合、SV(スーパーバイザー)としての立場からさまざま仕事を行います。具体的な仕事内容を例示すると、以下のとおりです。  

・店内レイアウト変更

・動線の見直し

・POPの見直し

・POSレイアウトの見直し

・レシピの作成

・業務の単純化・平準化・標準化などの提案

・作業オペレーションの改善

・集客ツールの稼働状況の分析・改善

・店舗で働く社員の意識改革(モチベーションアップ)

・各種マニュアル(衛生マニュアルや接客マニュアルなど)作成のサポート

・接客研修の実施  

店舗運営に対するコンサルティング会社の選び方

店舗運営のコンサルティングを依頼する場合、さまざまなポイントがあります。ここでは、コンサルティング会社の選び方を解説します。  

実績や考え方など、自社にとって最適な会社を選ぶ

たくさんのコンサルティング会社が存在しており、実績や考え方もそれぞれ異なります。コンサルティング会社に対して自社が求める実績や考え方を明確にしたうえで、それに合致するコンサルティング会社を選びましょう。自社のイメージに近い成功事例があるかどうかも重要です。  
また、自社の経営理念やコンセプトを理解し、それらを実現するために全力でサポートしてくれるコンサルティング会社を選ぶ必要があります。実際に相談してみて、担当者との相性や感覚があうかどうかもチェックしましょう。  

実践的なアドバイスをしてくれる会社を選ぶ

単なる正論や理想論を語るだけでなく、実践的なアドバイスをしてくれるコンサルティング会社を選びましょう。画一的な提案しかできないコンサルティング会社に依頼しても、求めるような効果を実現できない可能性が高いです。  
実践的な知識やノウハウがあるかどうか確認し、高い実績を誇るコンサルティング会社を見極める必要があります。具体的な提案ができるかどうかも重要なポイントです。仕事の進め方もコンサルティング会社によって違うため、あらかじめ確認しておきましょう。  

料金体制が明確な会社を選ぶ

コンサルティングを依頼する際にかかる料金は、コンサルティング会社によってそれぞれ違います。必ず事前に料金体制を確認し、納得できるところを選びましょう。料金体制が明確でないとさまざまな相談をするうちに高額になる恐れがあるため、要注意です。料金を明確に示しているコンサルティング会社のほうが安心して依頼できます。  

店舗運営をコンサルティングしてもらうべき店舗の状態とは

店舗運営のコンサルティングを依頼すべきなのは、どのような店舗でしょうか。ここでは、コンサルティングが必要な店舗の状態を具体的に解説します。  

多店舗展開を考えている状態のとき

多店舗を展開するには、新しい店舗を効率的に運営するための仕組みが必要です。店舗が増えると管理するのが難しくなり、社員の教育にも課題が生じやすくなります。単独で運営していたときとは異なるルールやマニュアルなども整備しなければなりません。そのような作業を進めるうえでは、プロの目線からアドバイスをもらうとスムーズです。  

売上が低下してきて、改善策を探している状態のとき

売上の低下に悩んでいるときも、店舗運営のコンサルティングが必要です。客単価が落ちていたり集客できていなかったりする場合、経営者の理想と顧客のニーズに大きな差が生じている可能性があります。   コンサルティングを依頼すれば、状況を客観的に分析したうえで効果的な改善策を提案してもらえます。顧客のニーズにあうメニューやサービスも提案してもらえるため、着実に売上アップを目指せるでしょう。  

コンサルティングを依頼する場合の注意点

コンサルティング会社に依頼する際は、気をつけるべきこともあります。ここでは、具体的な注意点を解説します。  

コンサルティング内容とコンサルティング料が見合っているか注意

コンサルティングにかかる料金は、条件、内容、会社の規模によっても大きく変化する可能性があります。コンサルティングの内容と料金を照らしあわせ、費用対効果を確認したうえで依頼するかどうか決定しましょう。   なお、なかには無償でコンサルティングを行っているところもあります。しかし、コンサルティング会社を通してほかのサービスに依頼する際にマージンを取られるケースが多いため、注意が必要です。  

自社にとって店舗運営を効率化するために何が必要かをよく検討する

自社が必要としていないコンサルティングを受けても、求めている効果は出せません。自社に適したコンサルティングを受けるためには、あらかじめ自社の課題を洗い出しておくことが大切です。課題を解決できる具体的な改善策を提案してくれるコンサルティング会社を選びましょう。  
コンサルティング会社はたくさんあり、それぞれ得意分野が異なります。自社にあうコンサルティング会社を選ぶためにも、それぞれの守備範囲を把握しておきましょう。  

まとめ

店舗運営のコンサルティングを依頼すれば、客観的な立場から適切なアドバイスをもらえます。店舗運営に課題を感じている場合は、自社にあうコンサルティング会社を選んで依頼しましょう。  

ただし、店舗運営を改善するにはコンサルティングを受けるだけでなく、その前に自社でマニュアルを強化することも大切です。ClipLineは、動画によるマニュアル制作をまとめて依頼できるサービスです。幅広い業界や大手企業での導入事例も多いので、店舗運営の改善のためにぜひ相談してください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら