ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

社内研修における動画活用とは?メリット・デメリットや制作方法などわかりやすく解説

動画 教育・研修

2021.09.28

Pocket

店舗を持つ企業では、社内研修に動画を活用するところも増えています。社内研修のための動画は、どのように制作すればいいのでしょうか。   この記事では、店舗における社内研修に動画を活用したいと考えている企業の担当者に向けて、動画活用のメリット・デメリットや具体的な制作方法などを解説します。注意点も解説するので、ぜひ参考にしてください。  

店舗を持つ企業における社内研修の内容

店舗を持つ企業が社内研修を実施する場合、さまざまな内容を含める必要があります。基本的なビジネスマナーや立ち振る舞いはもちろん、仕事の流れや接客方法についても研修でしっかり指導することが大切です。クレームを受けた場面に備え、クレームへの対応方法もくわしく示すとより実践的な研修になります。  

そもそも「動画研修」とは何か?

動画研修とは、指導したい内容を動画でまとめて従業員に示す研修方法です。動画なら細かい動作も示せるため、具体的でわかりやすい研修ができます。動画研修とオンライン研修の違いについては、以下で解説します。  

動画研修とオンライン研修との違い

オンライン研修とは、インターネットを通じて研修を行う方法です。動画研修とは違い、リアルタイムで講師と受講者がやり取りしながら研修を進めます。動画研修とオンライン研修はいずれも場所を問わず実施できます。ただし、動画研修は従業員が好きな時間に受けられるのに対し、オンライン研修は時間を調整して実施する必要があります。  

動画を活用した社内研修が注目されている背景

動画を活用した社内研修に注目が集まっているのは、新型コロナウイルス感染対策としてテレワークを導入した企業が増えたためです。動画研修なら離れた場所にいてもスムーズに研修を実施できます。   2020年度のeラーニング市場規模は前年度比で22.4%増加しました。2021年度は前年度比で 8.5%増加すると予想されています。

  ※参考: eラーニング市場に関する調査を実施(2021年) | ニュース・トピックス | 市場調査とマーケティングの矢野経済研究所  

社内研修に動画を活用するメリット

社内研修に動画を活用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、具体的なメリットについて解説します。  

理解を深めやすい

社内研修に動画を活用すると、研修の内容について従業員が理解を深めやすくなります。映像による説明はテキストの説明よりも記憶に残りやすいため、学習効果も高められます。集合研修とは異なり、聞き逃した部分があっても自由に巻き戻して閲覧可能です。研修で着実に従業員を教育するために、動画は高い効果を期待できます。  

コスト削減が期待できる

動画は一度制作すると、何度でも繰り返して利用できます。集合研修を実施するためには、会場や講師を手配する手間がかかります。しかし、動画研修ならそのような手間は一切かかりません。何度も同じ研修を実施する予定なら、動画研修に切り替えたほうがコストの節約につながります。コスト削減を目的として動画研修を取り入れている企業も多いです。  

業務効率化にもつながる

動画研修なら毎回まったく同じ研修を実施できるため、内容にムラが生じる可能性はありません。場所や時間も限定されず、従業員は自分の都合にあわせて研修を受けられます。研修を企画・運営している担当者の負担も大幅に軽減でき、業務効率化も実現しやすくなります。余裕ができるため、研修内容の改善に労力を割くことも可能です。  

社内研修を動画で行うデメリット

社内研修に動画を使用する場合、デメリットといえる部分もあります。ここでは、具体的なデメリットについて解説します。  

制作に手間やコストがかかる

研修用の動画を制作するには、手間やコストがかかります。カメラや編集ソフトを用意すれば自社で動画を制作できますが、担当者の負担が大きくなります。外注すると手間が少なくなるものの、自社で対応するよりコストは高めです。動画研修に切り替えた後の状況も考慮し、長い目で見て費用対効果を判断する必要があります。  

研修動画を浸透させるための環境を整える必要がある

動画で研修を実施するためには、環境整備にも力を入れる必要があります。まずはすべての従業員が動画を見られるよう、インターネット回線や端末を用意しなければなりません。また、それまでとまったく異なる研修方法を取り入れるうえでは、従業員に少しずつ慣れてもらう必要があります。企業風土に馴染むまでには時間もかかるでしょう。  

受講者の理解度や受講状況を把握しにくい

動画研修では、従業員がそれぞれ個別に研修を受けます。講師とやり取りするわけではないため、受講状況や理解度が把握しにくくなることもあるでしょう。動画研修の効果をしっかり発揮するために、仕組みづくりにも力を入れることが大切です。従業員が着実に研修内容を理解し、身につけられるように工夫する必要があります。  

社内研修用の動画を撮る方法

社内研修用の動画を撮るには、どのようにすればいいのでしょうか。具体的な方法について解説します。  

社内で動画を制作する

研修用の動画を社内で制作するなら、カメラや編集ソフトなど必要な道具をひととおりそろえましょう。そのうえで、研修の内容を撮影、録音します。必要な映像をすべて撮り終えたらパソコンに取り込み、編集ソフトを使用して加工していきます。見やすくわかりやすい動画を制作するためには、編集作業が特に重要です。  

研修サービスの企業に依頼する

自社で動画を制作する余裕がない場合は、研修サービスを提供している企業に依頼するのもひとつの方法です。研修を専門に扱っているため、研修として効果的な内容の動画を配信してもらえます。希望に沿った内容の動画を選べば、社内でゼロから動画を作るよりも効率的に研修を実施できるでしょう。  

動画制作会社に依頼に依頼する

なるべく手間や時間をかけずにオリジナルの動画を制作するためには、動画制作会社に依頼するのがおすすめです。動画制作のプロに依頼すれば、本格的な動画を制作できます。動画でのマニュアル作成に特化している企業もあるため、研修としてふさわしいオリジナルの動画をスムーズに制作することが可能です。  

社内研修用の動画を制作する際の注意ポイント

社内研修用の動画を制作する際は、気をつけるべきポイントもあります。ここでは、具体的な注意点を解説します。  

構成案や台本を作成する

社内研修用の動画を制作する場合、いきなり動画を撮影し始めるのではなく、最初に構成案や台本をしっかり練ることが大切です。構成案や台本を作成しておくと、必要な内容を過不足なく盛り込めます。構成案や台本は動画のクオリティを左右するだけでなく、スムーズに動画制作の作業を進めるためにも重要な役割を果たします。  

複数のアングルで撮るようにする

動画を撮るときは、1つの方向からだけでなく複数の方向から撮影しましょう。さまざまなアングルから撮影しておくと、編集作業の際も表現の幅が広がります。内容によっては正面からではわかりにくい場合もあるため、説明する内容にあわせて伝わりやすいアングルから映像を撮影するよう工夫してください。  

ナレーションを用意する

研修用の動画は映像を撮影して編集するだけでなく、ナレーションもつけましょう。ナレーションがついていると、映像で何を伝えたいのかわかりやすくなります。映像の内容を補足するナレーションをつけ、短時間の動画で必要なことをしっかり伝えてください。受講者の理解度も高まるため、基本的に研修用の動画ではナレーションが必須です。  

見る人に伝わりやすく編集する

研修用の動画は、見る人に配慮して編集することが大切です。内容が伝わりにくいと、動画研修の効果も低くなります。たとえば、適切なタイミングで映像を切り替えたり、テロップを入れたりするのがおすすめです。そのような編集が施されていると、見ている人は集中力を保ちやすくなり研修に対する理解度も高まります。  

動画での社員研修を成功させるためのコツ

動画を使用して社員研修を成功させるには、さまざまなコツがあります。ここでは、具体的なコツについて解説します。  

各コンテンツは短めに設定する

研修用の動画は、なるべく短めにすると見やすくなります。特に、スマートフォンで動画を見る受講者にも配慮し、1~2 分前後に動画をまとめましょう。研修用の動画の長さは、この程度が主流になってきています。図解を取り入れると、短時間でもわかりやすい内容になります。コンテンツを細分化し、動画を短くまとめましょう。  

自分事として捉えられる仕組みを組み込む

単に動画を見ているだけでは、自分に関係がある内容として捉えにくいケースもあります。動画研修を成功させるためには、動画の内容を自分事として受講者に捉えてもらうことが大切です。そのためには、動画を視聴させるだけでなく、ディスカッションやロールプレイも交えて研修を実施する仕組みを構築すると効果的です。  

テキストと併用できるようにする

研修を実施する際は、単に動画を見てもらうだけでなくテキストも用意しましょう。テキストで内容をまとめておけば、研修の内容をひと目で確認しやすくなります。動画を見てわからなかった部分や忘れてしまった部分があっても、テキストがあるとスムーズに確認できます。動画とテキストを併用し、研修の効果を高めましょう。  

研修後の理解度を確認できる準備を整える

研修を成功させるには、理解度を確認する仕組みが必要です。チェックリストを作成し、受講者が確認できるようにしましょう。また、効果測定ツールを活用するのも効果的です。目的を達成できたかどうか客観的に判断できます。ただ研修を実施して終わりにするのではなく、理解度や効果を図る仕組みも取り入れましょう。  

まとめ

社内研修を動画で実施すればさまざまなメリットがあります。特に、オリジナルの動画を制作して配信すると効果的です。注意点やコツにも気をつけながら、自社にとって最適な動画を制作しましょう。

  ClipLineは、一方的に動画を配信するのではなく、現場の状況を踏まえた内容の動画を配信できます。動画制作を丸ごと任せられるうえに、コンサルティングも依頼可能です。大手企業での導入実績も多数あるため、社内研修のためにぜひ活用してください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら