ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

店舗の新人教育を行うポイントと有効な手段とは?よくある失敗例や注意点とともに解説

教育・研修

2021.08.25

Pocket

新人教育を適切に行えば、さまざまな効果を期待できます。しかし、実際にはきちんと準備できず新人教育が失敗するケースもあります。   この記事では、店舗の新人スタッフの教育を任されている担当者に向けて、新人教育のポイントや有効な手段を解説します。ぜひ参考にしてください。  

新人教育の目的とは

新人教育はどのような目的があるのでしょう。ここでは、新人教育の具体的な目的を解説します。  

新人を即戦力化する

新人教育を行うと、早い段階で即戦力になってもらえる可能性が高まります。新人教育の大きな目的は、自社の利益を生み出せる人材をスムーズに育成することです。そのため、新人教育においては、ビジネスマナーや業務の進め方などを教えます。教えるべき内容が多いため、新人教育は計画的に進めなければなりません。  

社員のレベルの底上げを行う

新人教育を行うと、新人の成長を促せます。新人教育を担当する先輩社員は、新人に指導するなかで業務理解をさらに深めることが可能です。また、指導力も身につけられます。   適切に新人教育を進められれば、レベルの高い社員を効率的に育成できます。接客を伴う店舗においては、顧客満足度の向上にも直結するでしょう。  

適切な新人教育を行うメリット

新人教育を適切に進められれば、さまざまなメリットを得られます。ここでは、具体的なメリットについて解説します。  

即戦力の育成・生産性の向上

新人教育が成功すると、新人が早い段階で即戦力になります。即戦力となる社員が増えれば、部署や店舗全体の業務負担も軽減可能です。ベテランの社員に過度な負担がかかる心配がなくなり、社員全員が協力しながら業務を進められるようになります。   その結果、効率的に業務を進められるようになるため、全体の生産性も向上するでしょう。新人教育に力を入れれば、新人だけでなくすべての社員にとってメリットがあります。  

新人の早期離職の防止

適切な新人教育ができると、新人は仕事に対するやりがいを感じられます。自分自身が置かれている状況を正しく理解しやすくなるため、社会人としてどの程度成長できているかについても把握しやすくなるでしょう。   また、新人教育がスムーズに進めば、先輩社員と新人が良好な関係を築きやすくなります。仕事に対して前向きに取り組めるようになり、早期離職の防止にもつながります。  

上司や先輩社員のスキルアップ

新人教育を適切に進められれば、教える側のスキルアップも役立ちます。覚えたことを他人に教えると、記憶が定着しやすいといわれています。また、改めて自分自身の業務を説明するためには、深い業務理解が必要です。   新人教育は業務について再確認するきっかけになり、教える側の成長も促せます。新人教育に真剣に取り組むと、新人だけでなく上司や先輩社員の能力も高められます。  

よくある失敗事例と注意点

新人教育に取り組んでも、失敗してしまうケースがあります。ここでは、よくある失敗事例とともに注意点を解説します。  

新人がわからない言葉を使う

新人教育に取り組む際は、説明する際の言葉選びに注意しましょう。社内で当たり前のように使用されている言葉も、新人にとっては初めて耳にする言葉かもしれません。たとえば、「PDCA」や「アライアンス」といったよく使われるビジネス用語も、新人には意味が伝わらない可能性もあります。  

心理的安全性が低い

心理的安全性とは、部署やチームにおいて遠慮せずに発言や行動ができる雰囲気を意味しています。新人はほかの社員に比べて知識が少なく、業務上のスキルもそれほど高くありません。そのため、心理的安全性が低くなりがちです。   新人教育を成功させるためには新人が相談しやすい環境づくりを意識し、ポジティブな気持ちで業務に取り組めるようにする必要があります。  

仕事の目的や価値を伝えない

新人教育においては、単に作業内容を指示するだけでなく、仕事の目的や価値もしっかり伝える必要があります。目的や価値がわからないまま作業していると、新人は疑問や不信感をもつ恐れがあるからです。その状態が続くと、新人のモチベーションが低下したり、失敗の原因になったりします。早期離職も発生しやすくなるなど注意が必要です。  

失敗を部下のせいにする

新人は業務に慣れていないため、失敗する可能性もあります。新人がミスをした場合や、業務の進捗が遅い場合も、すべてを部下のせいにするのは避けましょう。失敗を責めるよりも、改善点を伝えて次の成功を目指す必要があります。単に業務内容を教えるだけでなく、どのように改善すれば成功するか伝えることも新人教育のうちです。  

企業・組織の意向のみを押しつける

ベテランの社員に比べると、新人の社員の企業に対する理解度は低い状態です。そのため、新人の意識が組織のビジョンと同じとは限りません。   無理に企業や組織の意向を押し付けると、仕事に対するやる気が低下する場合もあります。新人教育を進めるうえでは、それぞれの新人の目的や価値観を把握するとよいでしょう。  

適切な新人教育を行う5つのポイント

新人教育を適切に行うためには、さまざまなポイントを意識する必要があります。ここでは、5つのポイントを解説します。  

仕事をしやすい環境を作る

新人教育を適切に進めるには、心理的安全性を高める必要があります。たとえば、わかりやすいマニュアルを作成して新人に共有すると効果的です。わからないことがあっても、すぐに自分で確認できます。   また、いつでも相談して構わないと伝えると、新人は安心して業務に取り組めるようになるでしょう。交流会を開催すれば、良好な関係構築につながります。  

新人のスキル・目標を把握して仕事を任せる

新人教育では、新人のスキルや目標を把握し、それらにあわせた仕事を任せると効果的です。こうすることで新人はスムーズに仕事内容に慣れ、無理なく業務を覚えられます。   スキルや目標を正しく把握するためには、配属時に面談の機会を設けるとよいでしょう。新人とコミュニケーションをとりながら相互理解を深められます。  

仕事の目的と背景を伝える

教育時に仕事の目的や価値を伝えないと、新人の仕事に対するモチベーションが低下する恐れがあります。仕事を任せる際は、必ず目的や背景を含めて説明しましょう。スキルや目標にあわせて仕事を任せているという事実を強調すると、新人は意欲的に業務に取り組めるようになります。  

解決のヒントを与える

状況によっては、課題を解決するためのヒントを与えることも大切です。先に模範解答を示すのではなく、新人が自ら正しい方法を導き出せるようヒントを与えましょう。   最初から正しい方法を教えれば業務がスムーズに進みますが、新人の成長にはつながりません。主体的に考える習慣をもたせ、社員としての成長を促しましょう。  

定期的にフィードバックを行う

新人教育においては、適切なタイミングでフィードバックを行う必要があります。月に1回程度の頻度でフィードバックを実施しましょう。   ここで重要なのは、一方的に指導するのではなく、新人の意識も考慮してコミュニケーションをとることです。相互理解を深めるきっかけにしましょう。  

新人教育に有効な手段

新人教育の手段は複数あります。ここでは、新人教育のために特に有効な手段について、具体的に解説します。  

マニュアル

新人教育において、マニュアルは特に重宝されています。いつでも見返せるため、新人が知りたいことを自ら調べられます。マニュアルがあるだけでも新人の心理的安全性を高められます。   新人向けのマニュアルはテキストでまとめるだけでなく、画像や動画も交えるとより効果的です。特に、動画で作成すると、より具体的に業務内容やポイントを伝えられます。   出勤日時がバラバラな店舗では新人教育がしにくいですが、動画のマニュアルを用意すれば効果的な指導が可能です。  

OJT

OJTとは「On-the-Job Training」の略であり、先輩社員が新人に付き添って業務内容を指導する方法です。新人教育において、一般的によく導入されています。実務を通して指導できるため、新人を即戦力として育成しやすいです。現場の生産性も向上させやすく、低コストで実施できる点も魅力のひとつです。  

OFF-JT

OFF-JTとは「Off the job Training」の略であり、いわゆる集合研修を意味しています。職場を離れ、座学で業務に必要な知識やスキルを学ぶスタイルです。主に、業務内容の概要を理解したり、基本的なビジネスマナーを身につけたりするために実施されています。OFF-JTは新人に基本を学ばせるために重要な研修です。  

まとめ

新人教育は、企業全体に関わる重要なものです。新人教育を成功させるためには、さまざまなポイントに配慮しなければなりません。さまざまな手段があるため、自社の状況にあわせて最適な方法で実施しましょう。   ClipLineを活用すれば、動画による詳細なマニュアルを作成できます。表層的な業務課題の解決にとどまらない踏み込んだアプローチ、プロジェクトベースでのサポートも可能であるなど、コンサルティングやサポートも充実しています。自社の新人教育の現場にぜひお役立てください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら