ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

飲食店に必要な研修とは?効果的な内容、効率的に行う方法、注意点について解説

教育・研修 外食業界

2021.09.28

Pocket

飲食店は、接客担当者のスキル次第で店舗に対する評価も大きく変化します。接客担当者のスキルを高めるには、研修が必要不可欠です。この記事は店舗を運営している企業のマネジメント担当者に向けて、飲食店の接客担当者に対して行う研修について解説します。効果的な内容や方法について解説するので、ぜひ参考にしてください。  

飲食店で研修を行う目的

飲食店での研修には複数の目的があります。ここでは、具体的にどのような目的があるか解説します。  

新入社員に安心感を与える

飲食店で働く新入社員向けに研修を実施すれば、安心感を与えられます。新入社員は、仕事に対してさまざまな不安を抱えています。研修で正しい接客方法を身につけられると、安心して働きやすくなるでしょう。不安を抱えたまま働いていれば離職する社員も発生しやすいですが、しっかり研修を実施すると早期離職の防止になります。  

お客様の満足度を高める

研修により社員の態度やサービスが洗練されると、接客の質を高めることが可能です。接客に対するお客様からの評価もアップするため、顧客満足度の上昇も期待できます。お客様に満足してもらえば、店舗にまた足を運んでくれる可能性も高くなるでしょう。飲食店での研修は、リピーターの獲得にもつながります。  

飲食店で必要なスキル

飲食店の接客担当者には、どのようなスキルが必要なのでしょうか。ここでは、必要なスキルについて具体的に解説します。  

コミュニケーション力

飲食店の接客の質を高めるには、お客様と円滑なコミュニケーションをとれるようにする必要があります。コミュニケーションがうまくいかないと、適切な対応ができない恐れがあるため気をつけましょう。誤った対応をすればクレームに発展するリスクもあります。接客担当者のコミュニケーション力を高め、スムーズにやり取りできるようにしてください。  

チームワーク

お客様に適切な対応をするには、従業員同士のチームワークも重要です。飲食店には接客、調理、会計などさまざまな業務があります。それぞれの担当者が協力しあってこそ、お客様に喜ばれるサービスを提供できます。チームワークがいい飲食店ほど繁盛する傾向があるため、各従業員が自分は何をすべきか理解して仕事に取り組めるようにしましょう。  

広い視野・気配り

お客様に居心地のいい空間を提供するには、常にお客様の状況を把握して先回りした行動ができる必要があります。そのためには、接客担当者が広い視野をもち、きめ細やかな気配りができなければなりません。そのような対応ができれば顧客満足度も向上するため、「この飲食店にまた来たい」と思ってもらえます。  

飲食店で行うべき研修内容とは

飲食店ではさまざまな研修を実施する必要があります。ここでは、飲食店でどのような研修を実施すべきか解説します。  

企業理念・ビジョンを伝える

研修では、企業理念やビジョンなど自社に関する基本的な事項をしっかり伝えてください。就業規則や福利厚生などのルールも周知し、従業員がそれぞれを正しく理解したうえで働けるようにすることが大切です。また、競合となる企業や自社の顧客の特徴などについても説明しておきましょう。   これらは、自社で働くうえで基本となる情報です。そのため、新卒採用と中途採用のいずれであっても、研修で必ず伝えておく必要があります。  

ビジネスマナーを教える

飲食店の研修においては、ビジネスマナーもきちんと指導すべきです。正しいビジネスマナーを身につけていないとお客様が不快に思う恐れがあります。社会人として最低限必要なマナーとして、敬語の使い方から丁寧に指導しましょう。具体的な場面を想定して接客対応や電話対応などの基本についても教育すると効果的です。   ビジネスマナーの研修は自社で担当者を決めて実施するだけでなく、専門の企業や講師に依頼して実施する方法もあります。  

接客方法を教える

飲食店の研修では、具体的な接客方法についても教えましょう。たとえば、挨拶や電話対応についてもさまざまなバリエーションがあるため、どの場面でも適切な言葉遣いで正しい対応ができる必要があります。また、傾聴力を養い、お客様のニーズを正しく把握できるようにしてください。   満席時の対応についても教えておくと、お客様の機嫌を損ねずスムーズに誘導しやすくなります。基本的なことですが、身だしなみについてもきちんと指導してください。  

店長に部下指導方法を教える

飲食店の店舗をスムーズに運営するためには、接客担当者だけでなく店長に対する研修も必要です。店長研修では部下の指導方法を教えましょう。たとえば、指示を出すときの伝え方や部下の叱り方などを指導します。接客担当者が円滑に業務を進めるには、店長に指導力がなければなりません。   また、店長は店舗の経営を管理する立場でもあるため、マネジメントスキルを向上させる研修も取り入れる必要があります。  

飲食店で行う研修の種類

飲食店ではさまざまな種類の研修が実施されています。ここでは、具体的な研修の種類について解説します。  

Off-JT

Off-JTとは「Off The Job Training」を略した表現であり、座学で行う研修方法です。Off-JTを実施すれば、従業員にとって必要な知識やスキルを体系的に伝えられます。従業員が予備知識をもっていない場合でも、Off-JTなら基本的なことからしっかり指導できます。   まず、基本的な知識やスキルを身に着けるために、実務を始める前にOff-JTで研修を実施することが一般的です。  

OJT

OJTとは「On The Job Training」の頭文字をとった言葉であり、実際に業務をこなしながら指導する研修方法です。従業員は実践的に必要な知識やスキルを学べるため、業務に慣れやすくなります。   ただし、教える側は普段の業務をこなしながら指導しなければならず、負担もかかります。また、知識やスキルを体系的に把握するのが難しい点も課題です。よって、Off-JTと組みあわせながら指導したほうがスムーズでしょう。  

eラーニング

eラーニングとは、インターネットを活用して実施する研修方法です。インターネット環境とパソコンやスマートフォンなどの端末があれば、どこでも研修を受けられます。すべての従業員に対して同じ研修の機会を提供できます。また、受講状況や理解度も確認しやすいです。   eラーニング をOff-JTの代わりに実施すれば、よりスムーズに集合研修を実施できます。また、研修後にeラーニングを実施し、フォローアップとして活用するのもひとつの方法です。  

研修を行う際の注意点

飲食店で研修を実施する際は注意点もあります。ここでは、具体的な注意点について解説します。  

マニュアルを用意する

新入社員の世代は、マニュアルどおりに動くのが得意です。そのため、研修ではマニュアルを用意しておくと、仕事に必要な知識やスキルをスムーズに習得しやすくなります。最近では、テキストや画像だけではなく、動画でマニュアルを用意する企業も増えました。動画ならよりくわしく内容が伝わるため、マニュアルとして特に効果的です。  

研修計画を共有する

研修を実施する際は、研修の内容だけでなく計画についても共有しましょう。研修の期間や目的とともに、新入社員に対して求めている能力や技量についても示してください。このようにすれば、新入社員のモチベーションも高まりやすく、研修後も安心して働けます。店舗のほかの従業員にも共有しておくと、よりスムーズに指導できます。  

飲食店の研修を効率化する方法

飲食店の研修を効率化するには、さまざまなポイントがあります。ここでは、研修を効率化する方法を解説します。  

eラーニングを導入する

店舗を複数展開していたり、大規模な店舗を運営していたりする場合は、eラーニングの導入が効果的です。eラーニングを導入すれば、従業員が集まるためにスケジュールを調整しなくても、いつでもどこでも研修を受けられます。   eラーニングのカリキュラムを提供しているサービスを利用するのもひとつの方法ですが、専門業者に依頼すれば独自の教材も作成可能です。  

チェックシートを作る

業務内容を着実に覚えてもらうためには、チェックシートを作っておくのがおすすめです。接客レベルや店舗運営についても、気をつけるべきポイントをチェックシートとしてまとめましょう。   チェックシートがあると、従業員が習得済のスキルを可視化できます。習得できていないスキルも明確になるため、スキルを身につけるために努力しやすくなります。従業員の負担にならない範囲で、スムーズに確認できるようにまとめてください。  

まとめ

飲食店に対するお客様からの評価を高めるには、接客担当者の対応が重要です。また、接客の質を高めるには、研修に力を入れる必要があります。

  飲食店の研修は動画を活用するとより効率的です。ClipLineは、動画で自社の状況に即したマニュアルを作成できるサービスです。動画の作成を一括で任せられるだけでなく、コンサルティングやサポートも充実しています。さまざまな業界で幅広く活用されているため、ぜひ導入を検討してください。

また、こちらのページでは、外食業界の課題に対しての具体的な活用イメージもご紹介しています。ぜひお読みください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら