ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

アルバイトを即戦力にするのはあなた!人材教育の秘訣とは?

教育・研修

2022.06.01

Pocket

アルバイトなしでは現場が回らないのが飲食店をはじめとしたサービス業。新人アルバイトが早く即戦力となるように教育することは、店舗経営を効率よく行うために必要不可欠となっています。しかし、現実にはアルバイトの教育が思うようにいかないことが多々あります。では、実際にどのように人材教育を行うのが有効なのでしょうか。

マニュアルだけでは新人アルバイトの不安は解消できない

新人アルバイト教育において最も意識したいのは、本人に「不安」を感じさせないことです。新人アルバイトには、業務経験者や業務未経験者のほか、社会経験自体がない人もいます。それぞれ経験値の異なる人たちが業務に従事するわけですが、どの立場であってもはじめての職場なので、しっかり仕事をこなせるか不安を感じているものです。

入店したばかりのときは、業務内容はもちろん、扱う商品・サービス、現場のルールなど、業務に関するさまざまなことをたくさん覚えないといけません。以前に同じような仕事を経験した人でも、職場が変わればその店舗のルールや業務内容を覚え直すことになります。新人アルバイトであれば誰しも、「できるだけ早く業務をこなせるようにならない」と一生懸命覚えようとするとともに、その覚える量と業務に追われることでプレッシャーを感じやすくなります。多くの企業では、仕事内容や手順をまとめたマニュアルを覚えさせる教育が行われていますが、マニュアルだけを覚えても、全ての業務が正しくできるようになるわけではありません。

またどれだけマニュアルがしっかり作られていても、仕事中にイレギュラーな事態は発生します。例えば、トラブル発生時の対応方法などは、初めのうちはわからないことが大半です。新人アルバイトにとって、仕事中に発生した疑問はその場で解決したいものですが、「マニュアルを見て対応するように」といった指導では、ベテラン従業員のような適切な対処方法は身に付きません。マニュアル頼りの教育方法だと不安は解消されず、それがストレスにつながり、結局は辞めてしまうという結果になりかねません。そのため、マニュアルだけに頼らない新人の教育方法を考える必要があります。

教える人によってブレない教育方法で混乱を防ぐ

新人アルバイトを教育する際に見落としがちなのが、指導内容をブレないように注意することです。教えたことを1回で覚えることができる新人アルバイトはどれくらい居るでしょうか? 非常に少ないと考えられます。また、同じことを何度も、ブレることなく教えることは簡単なことではありませんので、指導内容がブレないように指導者の指導内容への認識をチェックする環境を整えることも重要です。

またシフト制で勤務をこなすサービス業では常に同じ人が新人アルバイトを指導するのは皆無といえるでしょう。指導者によって指導内容が変わってきてしまうことも、これもまた新人アルバイトが不安を感じるポイントになります。マニュアルでは伝えきれない細かい作業範囲や接客対応など、教える人によって指導内容が異なることがないように職場内の意識統一、教育方法を見直すことが必要となります。指導内容が人によって違ったり、日によって違ったりという混乱を防ぐのも、また新人アルバイトを即戦力にする方法のひとつです。

小まめに褒め、改善点を指摘してあげる

さらに、新人アルバイトがやっていることに対して、きちんとフィードバックをしてあげるのも重要です。周りから細かいことで褒められると、きちんと気にかけてくれている、自分のことを見てくれているという気持ちになり、それがモチベーションアップにつながります。盛り付けのセンスや接客時の言葉遣いなど、小さいことでいいので褒めるところを探しましょう。

また、改善点が見つかれば、「この程度であればいちいち指摘するまでもないだろう」と思わずに、積極的に伝えましょう。新人アルバイトは、自分のやっていることは正しいのか?という疑問を抱えているものです。改善点をアドバイスしてもらうことで、自分のやり方がどこまで正しく、どこからは改善の余地があるのかわかります。褒めることも、改善点を指摘することも、コミュニケーションを取るという意味においては同じです。いち早く職場環境になじんでもらうためにも、入社直後から積極的にコミュニケーションをとってあげると良いでしょう。

入店初期の不安を取り除くための環境づくりが鍵

今や、アルバイトは若者や主婦だけでなく、外国人やシニア層など多岐にわたっています。年齢、国籍、性別や過去の経験に関係なく、新人アルバイトは皆不安を感じていることを忘れてはいけません。さまざまな人に安心して働いてもらうためには、マニュアルを覚えさせるだけにならない教育方法、ブレのない指導方法、そして小まめにフィードバックをしてほったらかしの状態が生まれない環境が重要です。時間と労力をかけて教育したアルバイトの早期離職を防ぎ、新人アルバイトがなるべく早く即戦力になるように前述の指導方法、環境作りをぜひ試してみてください。

ここまでアルバイト教育のためのポイントについてご紹介してきました。

ClipLineは、短尺動画を活用し、教育研修のデジタル化を実現する仕組みを提供するサービスです。習熟度に合わせたカリキュラム設定でe-ラーニングを実現でき、双方向のコミュニケーションでオペレーションの落とし込みを確実に行い、質の高い研修と組織マネジメントが実現できます。さまざまな業種・業界の企業での導入実績も多数あるため、教育研修のためにぜひ活用をご検討ください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら