ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

店舗のスタッフ教育に動画を活用するメリットとは|導入方法や注意点など合わせて解説

動画 教育・研修

2021.08.25

Pocket

店舗スタッフに対する教育をスムーズに進めるには、動画を活用すると効果的です。この記事では、店舗スタッフの教育のために動画を活用したいと考えている企業の担当者に向けて、動画による研修のメリットや注意点について解説します。具体的な導入方法や導入のために必要な準備についても解説するため、ぜひ参考にしてください。  

店舗のスタッフ教育は企業にとって重要な要素の1つ

店舗で働く社員やアルバイトなどに対する研修は、企業としての活動を展開するうえで重要な要素のひとつです。店舗の生産性を高めるためにも、店舗スタッフへの教育に力を入れる必要があります。  

店舗スタッフ教育を「動画」で行う企業が増加している

店舗スタッフに対する教育を効果的に進めるため、従来は対面による集合研修を実施する企業がほとんどでした。しかし、フランチャイズにより全国展開しているコンビニやドラッグストア、飲食店などでは、動画を活用して研修を実施しているケースが増えています。その理由のひとつとして、新型コロナウィルスの感染防止のためにテレワークを導入する企業の増加があげられます。  

店舗スタッフ教育に動画を使用するメリット

店舗スタッフに対して動画による教育を行うと、どのようなメリットがあるのでしょうか。具体的に解説します。  

効率よく研修を行うことができる

動画を活用すると、スムーズに店舗スタッフに対する教育を実施できます。時間や場所の制約がなく、それぞれのスタッフが自分の都合にあわせて研修を受けられます。
  教育を実施する側も、時間や場所の制約を受けなくなるため効率的です。店舗の生産性を低下させたり、スケジュールの調整に苦戦したりする恐れもなくなります。
  動画を作成すると同じものを使い回せるため、研修を開催する際の労力も少なくなるでしょう。講師の都合も調整しやすくなります。  

集合研修等と比べて、高い学習効果が期待できる

集合研修と比較すると動画は視覚的に理解しやすく、高い学習効果が期待できます。研修を受けるスタッフも意欲的に学習を進められるでしょう。特に、編集を工夫してアニメーション、BGM、効果音などを上手に取り入れると、最後まで飽きずに閲覧できる動画になります。
  動画なら、スタッフが自由に繰り返し閲覧することも可能です。難しい部分や苦手な部分についても、それぞれのスタッフが自分のペースで確認できます。集合研修以上にスタッフが知識やスキルを身につけられる可能性も高いです。
  また、動画による研修は、集合研修よりも参加する際の心理的なハードルが低くなるといわれています。テレビを見るような感覚で学習できるため、スタッフにとっての負担感が少ない点もメリットです。
  ただし、スタッフ同士での話しあいが必要になる場合は、対面による研修のほうが効果的な場合もあります。内容に応じて研修方法を検討しましょう。  

コスト削減につながる

動画による研修は、従来の研修に比べて低コストです。たとえば、講師や受講するスタッフが移動するための交通費、宿泊費、会場費などのコストを減らせます。講師への謝礼、教材費、資料の印刷費なども削減可能です。動画を制作するために初期費用がかかりますが、長期的にみると大幅なコストダウンになるでしょう。  

教育の質が維持できる

店舗スタッフに対する教育に動画を活用すれば、すべてのスタッフに対して同様の研修を実施できます。研修を受ける環境や教え方に差が出にくくなるため、教育の質の均一化が可能です。すべてのスタッフが一定の教育を受けられるようになると、実務のレベルも効率的にアップさせられます。  

教育用動画に適している内容

動画で実施しやすい教育としては、どのような内容が当てはまるのでしょうか。具体的な内容について解説します。  

新人教育用動画

新人スタッフに対する研修内容としては、ビジネス上の基本的なマナーや知識が中心です。たとえば、名刺交換やパソコンの初期設定の方法などについて指導します。どのスタッフにも同様の内容を伝える必要があるため、最初に動画を作成すれば何度も繰り返し使用できます。動画による研修を実施し、OJTの前に基本的なスキルを身につけさせるのも効果的です。  

各種マニュアル動画

業務のルールや進め方に関するマニュアルを動画としてまとめる方法もあります。たとえば、業務マニュアル、営業マニュアル、接客マニュアル、クレーム対応マニュアルなどを動画で作成すれば、それぞれの内容をスタッフが理解しやすくなります。具体的な場面を映像にすると、ロールプレイングの効果も期待できるでしょう。 また、機械の使い方、提供する料理の作り方、掃除の仕方、棚卸の仕方など、細かい業務内容のポイントを動画でまとめるのもおすすめです。  

自社サービスや製品の紹介、業界研究動画

自社のサービスや製品に対する理解を深めさせるため、それぞれについて詳細をまとめた動画を作るケースもあります。新しいサービスや製品を発売する場合も、動画で詳細をまとめて共有すれば正確かつスムーズに情報を伝えられます。業界研究に関する内容を動画で共有するのもひとつの方法です。  

トップメッセージ、会社理念や社員インタビューなどの動画

社長や経営陣などから社員へ向けたメッセージを動画にまとめるのもおすすめです。会社理念や社員インタビューなども動画で共有すれば、現場で働くスタッフのモチベーションを高めるために役立ちます。動画は短時間でたくさんの情報を伝えられるため、会社としての考え方や雰囲気を効果的に共有できます。  

コンプライアンス教育用の動画

コンプライアンスが重視されるようになっているため、店舗スタッフに対する教育にも力を入れる必要性が高まっています。動画による教育なら、社員全員の意識をそろえるために効果的です。すべてのスタッフに同一の内容を伝えられ、常に一定の基準に基づいて業務に取り組めるようになります。  

教育動画の作り方

店舗スタッフを教育するための動画を作る際は、さまざまなポイントを押さえる必要があります。具体的に解説します。  

目的・ターゲットなど明確にしテーマを決める

教育動画を作るときは、最初に目的やターゲットを決めましょう。そのうえで、動画に盛り込む業務内容やポイントを整理する必要があります。盛り込みたい内容が多くて動画が長くなりそうな場合は、複数にわけて作成しましょう。内容を精査し、特に必要な内容を絞り込むことも大切です。  

動画を配布する方法を決める

店舗スタッフ向けの教育動画は、閲覧方法にもこだわりましょう。会社やスタッフの状況を考慮し、閲覧しやすい方法で動画を配布する必要があります。動画を閲覧するための端末を会社が用意するのか、個人の端末を使用させるのかによっても、最適な配布方法は異なります。  

研修動画を作成する

決定したテーマに沿って動画を作成しましょう。まずは台本を作り、全体のストーリーを考えます。そのうえで登場人物を決定し、それぞれに出演を依頼する必要があります。動画を撮影する際は映像と音声の両方をはっきりととらえられるよう、機材にもこだわるべきです。   また、単に映像を撮影するだけでなく、適宜テロップを入れるとより内容が伝わりやすくなります。動画の更新方法や更新頻度についても決めておくと、よりスムーズに運用できるようになります。  

教育動画を作成する際の注意点

教育動画を作成するうえでは、気をつけたいこともあります。ここでは、具体的な注意点について解説します。  

1つ1つのコンテンツは出来るだけ短くする

教育動画は短めのコンテンツが主流になってきています。教育動画もスマートフォンで閲覧されるケースが増えているからです。具体的には、1~2分程度の教育動画を作成している企業が多いです。30秒程度で簡潔に内容をまとめている事例もあります。   スマートフォン以外で動画を視聴する場合でも、短めのコンテンツは効果的です。1本が短ければ隙間時間でも閲覧しやすいため、スムーズに研修を進められます。  

一方通行にならないような工夫が必要になる

単に動画を流すだけでは、スタッフの頭に内容が入らない可能性があります。動画を閲覧するスタッフが内容をしっかりとらえられるようにするには、動画を作る際に工夫を取り入れる必要があります。すでに触れたように、動画の長さを短めにするのもひとつの方法です。   また、動画ではリアルタイムでの質疑応答ができません。動画の視聴後にアンケートを実施し、業務に活かしやすい動画づくりの参考にすることも大切です。  

すぐに必要な動画を閲覧できるようにしておく(周知徹底する)

教育動画を有効活用するには、スタッフにとって必要なときにすぐ閲覧できるようにしなければなりません。そのためには閲覧しやすい方法で動画を配布するだけでなく、役立つ動画があるという事実を周知することが重要です。メールやチャットをはじめとし、掲示板や社内ポータルサイトなど、情報が伝わりやすい方法で周知しましょう。  

閲覧履歴の管理や、セキュリティ管理に注意する

教育動画はスタッフが好きなタイミングで閲覧可能です。しかし、着実にスタッフを教育するためには、閲覧履歴も管理する必要があります。どの程度学習が進んでいるか把握できるようにしましょう。   また、教育動画は自社のさまざまな情報を含んでいるため、セキュリティにも配慮が必要です。スタッフが安全に動画を閲覧できる環境を整備しましょう。  

継続する努力を怠らないようにする、動画を作成する目的を見失わないように注意する

教育動画は一度作成すれば使い回しが可能です。ただし、動画が完成した後も、改善点があれば更新や修正を行いましょう。   また、動画の作成そのものが目的とならないように気をつける必要があります。たとえば、必要以上にクオリティにこだわり、配布方法を吟味しなかった場合、内容が優れているにもかかわらずあまり閲覧されない可能性があるからです。  

まとめ

店舗スタッフに対して動画で研修を実施する企業が増えています。教育動画を作成するとさまざまなメリットがあるため、店舗スタッフへの教育は動画を使って効率化に行いましょう。

  ClipLineは、教育動画の作成をまとめて依頼できるサービスです。コンサルティングやサポートも充実しており、現場の状況に即した動画を作成できます。幅広い業界で導入されているため、店舗スタッフの教育を効率的に進めるためにぜひ利用してください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら