ClipLineブログ~サービスマネジメントのデジタル化 
デジタルSECIモデルを目指して~

アパレル店舗の研修内容は?実施すべき理由や注意点もわかりやすく解説

教育・研修

2021.09.28

Pocket

アパレル店舗を切り盛りする人員を育てるためには、研修が重要です。ここでは、アパレル店舗向けの研修を考えている企業の担当者に向けて、研修の内容から研修を実施する方法、注意点までを詳しく解説します。業務を効率化し売上を向上させるべく、ぜひ、参考にしてください。  

アパレルの店舗で研修が必要な理由

研修により、業務に必要な知識や意気込みを伝えられます。新しい業界や役職に馴染んでもらうために、研修を実施しましょう。  

基本的な知識を得るため

アパレル業界に限りませんが、基本的なビジネススキルやビジネスマナー、企業理念などは最初に学ばねばなりません。多くの企業では、各部署に配属される前に「新人研修」を実施し、新人のレベルを統一します。   アパレル業界の新人研修では、企業理念やブランドのテーマやコンセプト、コーディネートやディスプレイに関する知識とノウハウ、接客などの基本スキル、業界特有の知識などを扱います。  

モチベーションを高めるため

企業が充実した研修プログラムを用意したとしても、参加する側の意識が低ければ、せっかくの研修が無駄になります。プロとしてアパレル業界で働くために、企業の一員としての目標を共有し、目的意識をもたせましょう。自己成長を促し、モチベーションを高めることも研修の大切な役割です。  

個々のスキルアップのため

アパレル業界でキャリアを積むうちに、特定の知識やスキルを身に着けたいと考える人もいます。職種が変わったり、昇進したりすると、これまでの経験では乗り越えにくい壁にぶつかるかもしれません。専門性の高い研修や役職に応じた研修を用意して、個々のスタッフの成長を促しましょう。個々のスキルアップは、企業の成長につながります。  

アパレルの店舗に必要な研修の種類と内容

アパレルの店舗ならではの研修について、研修ごとに具体的な内容を紹介します。  

新人研修

新人研修は、アパレル企業に入社して真っ先に受ける研修です。アパレルとしての内容以外に、社会人としての基本的なマナーや、身だしなみの基準なども盛り込みましょう。以下では、自社ブランドの基礎知識と接客マナー、接客以外の仕事にかかわる内容について詳しく解説します。  

自社ブランドの基礎知識

商品やブランドの基礎知識、企業理念や方針について説明します。ブランドコンセプトやターゲット層により、接客の方法を変えるよう指導しましょう。   店舗の場所が変われば、同じブランドでもターゲット層が変わります。たとえば、百貨店では年配の人がよく利用しますが、郊外の大型ショッピングモールは家族連れの利用が増えます。ケースごとの接客の違いを、研修では重点的に伝えてください。  

接客マナー

接客マナーでは、いかにお客に気持ちよく買い物をしてもらえるかを重視しましょう。挨拶、笑顔、立ち居振る舞い、身だしなみがポイントです。店舗には、お客とスタッフが混在しています。明らかにスタッフであるとわかるような対応が求められます。  

接客以外の仕事

アパレルでは接客以外に裏方の仕事が多いものです。在庫管理や検品、レジの管理、開店前の準備などについて教えましょう。裏方の仕事を通じて、商品やブランドの知識が深まります。接客と並行して裏方仕事を覚えさせると、お客からの印象を損ねる可能性があるため気をつけてください。   覚えてほしいことは膨大でも、一気に教えてしまうと混乱させる可能性があります。新人の状態を確認しつつ、少しずつ指導してください。  

販売員研修

販売員研修では、お客への適切な声かけや、コーディネートの提案について指導しましょう。以下で、それぞれの研修内容を解説します。  

適切な声かけ

来店したお客には、様子を見計らって声をかけるよう指導してください。お客にすぐに声をかけると、緊張感から落ち着いて商品を見てもらえなかったり、気分を損ねてしまったりする可能性があります。お客が何を必要としているか、視線や動作から察して声をかけるよう伝えましょう。  

コーディネートの提案

コーディネートを提案する際は、お客に「何かお探しですか」と声をかけるところから始め、お客の服装から好みを推測して提案します。購入を検討しやすいように、パンツとスカートなどアイテムを変える、色を変えるなどして、2~3パターンの提案をさせましょう。  

店長・マネジメント研修

現代は、インターネットで気軽に服を買えます。店長・マネジメント研修では、ネットではなく、店舗で購入したくなるような店づくりについて学んでもらいます。研修の内容は、コミュニケーションスキルやリーダーシップ、スタッフをマネジメントして育成するスキルなどです。店舗ごとに、店長のレベルがバラつかないように指導しましょう。  

アパレルの店舗で研修を行う方法

アパレルの店舗で研修には、社内研修と、外部に依頼する研修の2とおりがあります。それぞれのメリット・デメリットを紹介します。  

自社で研修を行う

自社で研修を行う際は、研修内容を社内で決め、講師も社員が努めます。自社のリソースを費やすため、メリットとデメリットを把握したうえで有意義な研修を開催しましょう。  

自社で研修を行うメリット

自社で研修を行うと、社員が直接指導できます。社風のように、言葉で言い表しにくい内容の共有には自社の研修が有利です。外部講師とのすり合わせの手間もかかりません。また、講師を呼ばなくて済む分、経費を節約できます。  

自社で研修を行うデメリット

研修内容を検討したり、マニュアルを作成したりと、研修を開催するまでに多くのリソースが必要になります。また、社員は業務能力が素晴らしくとも、講師としては素人です。講師の質を担保できない可能性があります。  

外部に依頼し研修を行う

専門の業者に依頼し、研修を実施する方法を紹介します。業者によっては、アパレル店舗の要望を反映したオリジナルのカリキュラムを作成可能です。内容にマッチする講師も選定してもらえる場合があります。  

外部に依頼するメリット

外部に研修を依頼すると、業者に蓄積されたノウハウを利用できます。自社にはない新たな発想やスキルを取り入れられるかもしれません。プロの講師から、アパレル業界の最新情報も聞けます。加えて、会場や備品などを準備してくれる業者に任せると、リソースを大いに削減可能です。  

外部に依頼するデメリット

研修を依頼する業者は、適切に選定する必要があります。実績や導入事例、カリキュラムの内容などを確認して選びましょう。外部の業者に依頼すると、費用もかさみます。ただし、自社で実施する際のリソースを考えると、費用対効果は高いと考えられます。多少割高な費用を支払ったとしても、優秀な従業員は企業の財産になるはずです   講師とのスケジュールをあわせる手間も発生します。動画配信による研修ならば、時間に縛られないので検討してみてください。  

アパレルの店舗で研修する際の注意点

研修の効果を高めるには、目標設定が重要です。また、研修後にも情報を発信する仕組みをつくり、企業全体の意思統一をはかりましょう。  

現実的な目標を設定する

高すぎる目標を設定しても、モチベーションの低下や早期離職のリスクがあります。研修の参加者が無理なく受け入れられるように、現実的な目標を設定しましょう。目標を段階的に設定すると、スキルアップに向けてモチベーションを高められます。  

本部から情報を発信する

研修後も、本部の考えや理念を定期的に発信して共有をはかりましょう。特に、月ごとに販売を強化したい商品については、商品名のリストとともにプッシュしたい理由も共有し、販売力を高めてください。   「伝言ゲーム」のように情報を発信するのでは、途中で内容が変わったり、漏れが生じたりする可能性があります。ツールや動画配信などを利用し、スタッフ全体に正しく情報を伝えましょう。  

まとめ

アパレルの研修は、新人研修、販売員研修、店長・マネジメント研修に大別されます。有益な研修を行うためには、適切な目標の設定や、研修後の情報発信が重要です。また、実際の研修においては、動画配信を利用すると効率的です。

  ClipLineは、動画制作を一括で任せることができます。現場から吸い上げた意見をもとに動画を制作し、教育の成果も確認できます。   コンサルティングやサポートが充実しており、表層的な業務課題の解決にとどまらない踏み込んだアプローチや、プロジェクトベースでのサポートも可能です。幅広い業界や大手企業に、積極的に導入される動画制作サービスです。

  詳しくは、以下からお問い合わせください。

また、こちらのページでは、アパレル業界の課題に対しての具体的な活用イメージもご紹介しています。ぜひお読みください。

ClipLine紹介・導入企業の活用事例はこちら