教育負荷削減と遠隔マネジメント実現へ向けて実証実験を開始

株式会社壁の穴

株式会社壁の穴

事業内容:
飲食店(スパゲティの専門店、イタリア料理店、うどんの専門店)
店舗数:
28
課題
店舗状況の把握と新人教育の負荷削減
効果
遠隔での店舗マネジメント、新人教育の時短と効率化、モチベーションアップ

左:営業推進部 部長 橡木 雄一 様
右:スーパーバイザー 後藤 和史 様

全国に28店舗を展開する「壁の穴」では、半世紀以上にわたってこだわりのスパゲティを提供し続けています。店舗運営において、新人教育に時間を拘束されたり、遠隔での店舗状況や朝礼内容の把握が困難であるという課題があり、これを解消するためにClipLineの実証実験を開始しました。このたび、使用感や感じられた成果について、壁の穴のご担当者お二人にお話をうかがいました。

Q: ClipLine導入以前の従業員教育の課題を教えてください
橡木:店舗が結構多いので、なかなか全てのお店の接客状況を確認するのが難しい状況でした。ClipLineを導入してからは、どのように商品を提供しているのか、どのようにご案内をしているのかといった様子が動画で確認でき、各店の状況が一度に見られるという点では大変助けられております。

Q: お客様対応にも効果が現れたということですが?
後藤:今までは新人スタッフを大量に採用するときなどは、教育にかなり時間がかかっていて、店長や社員の時間を拘束していましたが、基本的な内容はまずClipLineで学習をしていただき、身につけてから現場で働くという流れを組み込めましたので、かなり時間短縮とスタッフ教育に役立っております。
レジの対応などでも、もしわからないことがあると直接聞きに来て、そこでちょっと指示を出したり、社員や責任者が出て行ってレジ対応っていうのがありましたが、最初に動画で見ておけばいろんなことが想定ができるので、お客様を待たせないという意味で、サービス向上にもつながってくるのかなと思います。

Q: 季節メニューの配信に活用されているそうですね
橡木:季節ごとに商品説明や料理が変わっていくので、料理会とかそういったところでも調理指導はしていますが、自分の気になったところを個別に動画で確認できるというのはとても便利なのかなと感じております。
コラボレーションしている小林幸司シェフのメッセージをClipLineで配信していますが、そういったレジェンドのような方からのコメントを直接聞いて学べるという点は、スタッフにとってはすごくモチベーションのアップになっているのが、現場で仕事を見ていても強く感じるところですね。

Q: 調理品質をレポート映像でチェックされているのですね
橡木:商品の仕上がり状態や、仕込みの食材のカットの仕方がどうなのかとか、「ここがしっかりできてるよね」「ここはもう少しカット変えた方がいいんじゃない」とか分かりやすく、より明確になるので、そういった意味でも大変便利に感じております。

Q: ClipLineを使ってみて感じたことを教えてください
後藤:最初に始めた時に「これうまくいくのかな」と思った部分もありましたが、受け入れてちゃんと自分で把握して、それをみんなに伝えると思った以上に効果が出てくることを実感しているので、まずチャレンジしていただきたいなと思います。

Q: 今後ClipLineでやってみたいことを教えてください
橡木:これからはちょっとイベント的な要素、例えば接客コンテストや笑顔コンテスト、料理コンテスト、そういったところに使っていければ、スタッフも楽しみながら、より一層ClipLineに親しみが湧いてくるのかなと思うので、今後いろいろチャレンジして、よりスタッフに触れてもらって、モチベーションのアップにつなげていければと考えております。


keyboard_arrow_upTOP

導入をご検討の方はこちら

料金・サービス

提供しておりますサービスの詳細・料金をご確認いただけます

料金・サービス

資料請求

詳細資料や事例動画を掲載している特別サイトをご案内しております

資料請求